『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

「マキシム・ド・パリ」に和のランチ、“ジャポネ”

2009年 9月 29日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で初めてのグランメゾンといえば銀座「マキシム・ド・パリ」。クラシックな内装と料理はいつの世も変わらず憧れの存在だ。

この老舗フレンチに、9月から新しいランチコースが誕生した。その名も“ジャポネ”。「今、パリでは和食材や和食器が人気」というが、「マキシム・ド・パリ」のフィルターを通すと、和の文化はどう映るのだろう。 運ばれてきたのは、まるで植木鉢のような形の黒く美しいフォルムの鉢。しっとりと手になじむ有田焼きだ。

いちばん上には2種類のパンとスープがのっている。このパンは、「マキシム・ド・パリ」が運営する「ドミニク・サブロン」のもので、トマトとほうれん草を練り込んだもの。ほうれん草の方は、ショップにも売られていない、“ここだけのパン”である。これを食べられるだけでもかなり特別感がある。 さて、器がテーブルに置かれ、よく見てみると、なんと下の部分はお皿の積み重ね。そう、「マキシム・ド・パリ」ならではの“お重”のイメージなのである。さらに、こうなったらもちろん、食べるのに使うのはお箸。先端に漆を使い、こちらも口にしっとりと当たる。どちらもさすがの上質感だ。

Ranking

  • 1
    世界最大の現代美術展「ドクメンタ(13)」レポート
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 4
    今日からスタート 「スパ&ウエルネスウィーク」で美と癒しのサロンへ
  • 5
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 6
    今週末見るべき映画「Dearダニー 君へのうた」
  • 7
    フライターグの次世代型リュック「F48 HAZZARD」
  • 8
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】
  • 9
    ますます充実、「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」
  • 10
    ブルーノート東京30周年記念  2018年10月8日(月・祝) “ワンマン・オーケストラ”天才ジェイコブ・コリアー 本邦初のスペシャル・ステージ!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加