世界に一つ、ジャガー・ルクルトの薔薇ウォッチ披露

2007年 10月 16日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

スイスの高級ウォッチメーカー、ジャガー・ルクルトから、世界に一つのハイジュエリーウォッチ「ローズ」が披露された。まるで生花のようにリアルな曲線をもつ薔薇の花びらに、計3,000個以上のダイヤモンドやピンクサファイア、ルビーをセッティング。茎の部分にはガーネットの一種であるツァボライトを1,370個ちりばめるという、気の遠くなるような職人技が施されている。まるで芸術作品のようなこの時計は、リシュモン・グループのアーティスティック・ディレクター、ジャンペーロ・ボディーノの指揮の下、時計職人とジェムセッターが情熱をかけて完成させた。

▲「ローズ」(ピンクサファイア計42.30ct、ルビー計1.20ct、ダイヤモンド計1.50ct、ツァボライト計30.00ct)価格500,000ユーロ(約8,000万円)

▲デッサンの一部 顕微鏡で手元を見ながら石を嵌め込むという、ミクロ単位のキメ細かさと、集中力が要求されるジェムセッターの仕事は、スイスのジュウ渓谷にある、マニュファクチュールで行われている。ちなみに「ローズ」は、石のセッティングに600時間もの時間が費やされた。これまでジャガー・ルクルトは独自の“スノー・セッティング”や“ロック・セッティング”など、いずれも緻密さとセンスが要されるパヴェセッティングの技術により、ジュエリーウォッチの分野で差別化を図ってきた。今回のハイジュエリーは、そうした熟練技術の究極ともいえる大作となった。

▲アトリエの様子時計のムーブメントには、手巻きキャリバー846を搭載。繊細な薔薇の美しさを損なわない小型のムーブメントが選ばれている。ジャガー・ルクルトはかつて1929年に時計史上最小の機械式ムーブメント、キャリバー101を誕生させたが、これも時計の繊細な美しさを高めるために開発された、機械技術と芸術的感性の融合といえる。また今回、「ローズ」のほかに、花弁が開く仕掛けの「チューリップ」も登場した。

▲「チューリップ」(イエローサファイア計52ct、ダイヤモンド計0.35ct、ツァボライト計32.50ct)価格550,000ユーロ(約8,800万円)お問い合わせ:ジャガー・ルクルト tel.03-3288-6370取材/東ミチヨ

Related article

  • エレガントな革新ウォッチ、セイコーのソーラー電波クロノグラフ
    エレガントな革新ウォッチ、セイコーのソーラー電波クロノグラフ
  • 限定誕生、「イッセイ ミヤケ パルファム」から2つのスプリングフレグランス
    限定誕生、「イッセイ ミヤケ パルファム」から2つのスプリングフレグランス
  • スティーブン・マイゼルが撮影「ボッテガ・ヴェネタ」09秋の広告
    スティーブン・マイゼルが撮影「ボッテガ・ヴェネタ」09秋の広告
  • ニーシングの日本上陸30周年を記念する、限定リング登場
    ニーシングの日本上陸30周年を記念する、限定リング登場
  • デザインでこだわりを見せる、一足先をいくシンプルシャツ
    デザインでこだわりを見せる、一足先をいくシンプルシャツ
  • フォトギャラリー:「イッセイ ミヤケ×エットーレ・ソットサス」
    フォトギャラリー:「イッセイ ミヤケ×エットーレ・ソットサス」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 2
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 3
    写真というメディアの可能性を考える展覧会
  • 4
    『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
  • 5
    今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
  • 6
    アクシスギャラリーで中山英之「小さくて大きな家」展
  • 7
    Interview:孤高の鬼才 デザイナー・秋元一彦氏が語る『ROSA RUGA』の気高き世界
  • 8
    ミラノサローネ2010、挑戦を忘れなかったモローゾ
  • 9
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」
  • 10
    マイナス5℃の極寒世界、銀座に「アイスバー東京」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加