「メゾン・エ・オブジェ 2011」レポート

2011年 3月 7日 17:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月はヨーロッパでインテリアの見本市が立て続けに開かれる。フランス・パリでは「メゾン・エ・オブジェ」が有名だ。日本人が憧れるフレンチスタイルと、最新のモダンデザインの両方がそろうのが最大の魅力だ。

 展示会名「メゾン・エ・オブジェ」とは、フランス語で“家とさまざまなもの”というような意味。アートやフレグランス、テキスタイル、ミュージアムグッズなど分野ごとに8つのホールで行われる。フランクフルトの「アンビエンテ」「テンデンス」やミラノの「マシェフ」と並ぶ、家具、生活雑貨、テキスタイルの見本市だ。

Related article

  • ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
    ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
  • 60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(2)
    60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(2)
  • 美しくておいしいキッチンのつくりかたとは?
    美しくておいしいキッチンのつくりかたとは?
  • 家具のトレンドは年明けのドイツから「ケルン国際家具見本市」
    家具のトレンドは年明けのドイツから「ケルン国際家具見本市」
  • 吉岡徳仁監修、カルティエ特別展「Story of・・・」レポート
    吉岡徳仁監修、カルティエ特別展「Story of・・・」レポート
  • 世界最高効率の超コンパクトEV「T.27 City Car」
    世界最高効率の超コンパクトEV「T.27 City Car」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 2
    立ち去った女 【今週末見るべき映画】
  • 3
    ダイソンの新製品は、蛇口と一体型の「ハンドドライヤー」です
  • 4
    アレッシィ、注目のインテリア製品
  • 5
    今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」
  • 6
    はるか遠い未来の植物との暮らし、伊勢丹新宿店に
  • 7
    パリの街角vol.8『ユリスとジョン with シンスケ』
  • 8
    香港にビジネス向け新ホテル、 east(イースト)
  • 9
    Napapijri(ナパピリ)、今季フォーカスアイテム発表
  • 10
    究極のガヤルドはイタリアンレーシングの伝統カラー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加