ミナ ペルホネンとマルニ木工|時を経て変化を生む椅子

2015年 2月 10日 08:05 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆川 明氏がデザイナーをつとめるブランド、ミナ ペルホネン。そのファブリックを張ったマルニ木工の椅子が、「HIROSHIMAアームチェア」。2013年に新宿の伊勢丹で初めて発売されたときは、開店と同時に行列ができたほど熱い注目を浴びた。

HIROSHIMAアームチェア 153,000円(税抜)/ウォルナット材×ファブリック: dop -tambourine- インディゴ


そして作秋、ミナ ペルホネンの生地を張ることができるコレクションがマルニ木工より発売された。そこには、さらなる深みを持つ物語が含まれている。


dop(ドップ)と名づけられたファブリックは、椅子やソファの張地にできる生地。これは裏と表の両面を異なる色の糸で織り、使いこむことにより表の糸が擦り切れ、年月とともに裏の色が浮かびあがってくるようデザインされている。

Related article

  • フォトギャラリー:ニコライ・バーグマンの世界
    フォトギャラリー:ニコライ・バーグマンの世界
  • 無印良品が考えるリノベーション、ユーザー参加型企画が進行
    無印良品が考えるリノベーション、ユーザー参加型企画が進行
  • イタリア・ミノッティ、改装オープンで見せる「超くつろぎ系」家具
    イタリア・ミノッティ、改装オープンで見せる「超くつろぎ系」家具
  • アマダナの新ブランド「barouche」が発売開始
    アマダナの新ブランド「barouche」が発売開始
  • 床から家具まで。シャビーシックなインテリアに
    床から家具まで。シャビーシックなインテリアに
  • 「カリモクニュースタンダード」 IN ミラノ速報
    「カリモクニュースタンダード」 IN ミラノ速報

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「あまくない砂糖の話」
  • 2
    F1マシンのデザイン展「F1 疾走するデザイン」
  • 3
    日本のファッションの30年間の一断面を提示「Future Beauty 日本ファッションの未来性」
  • 4
    フランクフルトモーターショー発、VWの超軽量ハイブリッド車
  • 5
    今週末見るべき映画「セッションズ」
  • 6
    「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」展
  • 7
    今週末見るべき映画「消えた声が、その名を呼ぶ」
  • 8
    アルネ・ヤコブセンの名作「AJランプ」に5つの新色
  • 9
    BMW 1シリーズにクーペモデルが登場
  • 10
    SIHH2010レポート:「ランゲ1」自動巻モデル、ロジェ・デュブイ注目作

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加