ミナ ペルホネンとマルニ木工|時を経て変化を生む椅子

2015年 2月 10日 08:05 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆川 明氏がデザイナーをつとめるブランド、ミナ ペルホネン。そのファブリックを張ったマルニ木工の椅子が、「HIROSHIMAアームチェア」。2013年に新宿の伊勢丹で初めて発売されたときは、開店と同時に行列ができたほど熱い注目を浴びた。

HIROSHIMAアームチェア 153,000円(税抜)/ウォルナット材×ファブリック: dop -tambourine- インディゴ


そして作秋、ミナ ペルホネンの生地を張ることができるコレクションがマルニ木工より発売された。そこには、さらなる深みを持つ物語が含まれている。


dop(ドップ)と名づけられたファブリックは、椅子やソファの張地にできる生地。これは裏と表の両面を異なる色の糸で織り、使いこむことにより表の糸が擦り切れ、年月とともに裏の色が浮かびあがってくるようデザインされている。

Related article

  • アルミの新しい表情をインテリアに、イタリア・イカミ新作
    アルミの新しい表情をインテリアに、イタリア・イカミ新作
  • DESIGNTIDE TOKYO 2009、メイン会場レポート(2)
    DESIGNTIDE TOKYO 2009、メイン会場レポート(2)
  • 華道の本質を広める。池坊美佳のポジティブな姿勢とは
    華道の本質を広める。池坊美佳のポジティブな姿勢とは
  • ドイツ・ケルン国際家具見本市が示した、新しい暮らしのトレンドとは?
    ドイツ・ケルン国際家具見本市が示した、新しい暮らしのトレンドとは?
  • リーン・ロゼのフラッグシップショップが六本木にオープン
    リーン・ロゼのフラッグシップショップが六本木にオープン
  • 31日までダイソン「大掃除キット」プレゼントキャンペーン
    31日までダイソン「大掃除キット」プレゼントキャンペーン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「プジョー3008」、デザイナーが語る新型クロスオーバーの魅力
  • 2
    自分だけの香りを創る「カスタムメイド フレグランス」
  • 3
    特撮にみる職人の技術と匠の技。『館長 庵野秀明  特撮博物館  ミニチュアで見る昭和平成の技』
  • 4
    Wホテル台北 開業1周年はバレンタインデー、ホットでセレブなステイを約束するキャンペーン
  • 5
    ホンダ、伝説のスポーツカー「NSX」の新型プロトモデルを発表
  • 6
    ルイ・ヴィトンのショートフィルムコンテストで日本人が審査員賞を受賞
  • 7
    スペインとイヌイット文化の融合から生まれた天然石ジュエリー
  • 8
    NYの老舗オイスターバー、年に一度のブッフェイベントを開催
  • 9
    さらりとした貫禄。VWトゥアレグV6|試乗レポート
  • 10
    アートと水槽の融合—アートアクアリウム展が東京・日本橋で開催

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加