ミナ ペルホネンとマルニ木工|時を経て変化を生む椅子

2015年 2月 10日 08:05 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆川 明氏がデザイナーをつとめるブランド、ミナ ペルホネン。そのファブリックを張ったマルニ木工の椅子が、「HIROSHIMAアームチェア」。2013年に新宿の伊勢丹で初めて発売されたときは、開店と同時に行列ができたほど熱い注目を浴びた。

HIROSHIMAアームチェア 153,000円(税抜)/ウォルナット材×ファブリック: dop -tambourine- インディゴ


そして作秋、ミナ ペルホネンの生地を張ることができるコレクションがマルニ木工より発売された。そこには、さらなる深みを持つ物語が含まれている。


dop(ドップ)と名づけられたファブリックは、椅子やソファの張地にできる生地。これは裏と表の両面を異なる色の糸で織り、使いこむことにより表の糸が擦り切れ、年月とともに裏の色が浮かびあがってくるようデザインされている。

Related article

  • ファッショニスタ必携、ドイツ製ランドリーマシン
    ファッショニスタ必携、ドイツ製ランドリーマシン
  • 「エステバン」から、この春ついに「オー・ド・トワレ」が登場
    「エステバン」から、この春ついに「オー・ド・トワレ」が登場
  • スウェーデンデザインの巨匠、オーレ・エクセルとは?
    スウェーデンデザインの巨匠、オーレ・エクセルとは?
  • 25日から西武渋谷店でハイメ・アジョンの世界展
    25日から西武渋谷店でハイメ・アジョンの世界展
  • 「ババグーリ」の新作小物は早くも夏の香り
    「ババグーリ」の新作小物は早くも夏の香り
  • インテリア界のヒット商品が誕生?  「Play with your colors」展
    インテリア界のヒット商品が誕生? 「Play with your colors」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    この夏行くべきアートスポットは「犬島」
  • 2
    新しい建築、そして東京の都市を考える。ザハ・ハディド展
  • 3
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 4
    今週末見るべき映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加