ミナ ペルホネンとマルニ木工|時を経て変化を生む椅子

2015年 2月 10日 08:05 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆川 明氏がデザイナーをつとめるブランド、ミナ ペルホネン。そのファブリックを張ったマルニ木工の椅子が、「HIROSHIMAアームチェア」。2013年に新宿の伊勢丹で初めて発売されたときは、開店と同時に行列ができたほど熱い注目を浴びた。

HIROSHIMAアームチェア 153,000円(税抜)/ウォルナット材×ファブリック: dop -tambourine- インディゴ


そして作秋、ミナ ペルホネンの生地を張ることができるコレクションがマルニ木工より発売された。そこには、さらなる深みを持つ物語が含まれている。


dop(ドップ)と名づけられたファブリックは、椅子やソファの張地にできる生地。これは裏と表の両面を異なる色の糸で織り、使いこむことにより表の糸が擦り切れ、年月とともに裏の色が浮かびあがってくるようデザインされている。

Related article

  • 究極のナチュラルマテリアルは、かすみ草だった?
    究極のナチュラルマテリアルは、かすみ草だった?
  • イケアの新プロジェクト「収納問題、かたづけよう。」
    イケアの新プロジェクト「収納問題、かたづけよう。」
  • 持続可能なものづくりの哲学。DANESE+ROBOTS展
    持続可能なものづくりの哲学。DANESE+ROBOTS展
  • 明日から大阪で「DESIGNEAST 01」開催
    明日から大阪で「DESIGNEAST 01」開催
  • ハウスクリーニングプロダクト「マーチソン・ヒューム」日本上陸
    ハウスクリーニングプロダクト「マーチソン・ヒューム」日本上陸
  • ミラノサローネ2015|Vol.1 代表ブランドの展示を直球レポート
    ミラノサローネ2015|Vol.1 代表ブランドの展示を直球レポート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ニーシングの日本上陸30周年を記念する、限定リング登場
  • 2
    時を経た植物の美しさ。叢(くさむら)小田康平氏インタビュー
  • 3
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 4
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 5
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築
  • 6
    今週末見るべき映画「ストックホルムでワルツを」
  • 7
    若手建築家ユニット、大西麻貴+百田有希の新作
  • 8
    Think Open! ザ・ビートル カブリオレのクリエイターズスタイル
  • 9
    Interview:フルーツという、時を刻むオブジェクト。
  • 10
    吉岡徳仁氏受賞、20日からメゾン・エ・オブジェ2012

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加