フーディーズ御用達のキッチンツール|Guys in the Kitchen#01

2015年 2月 27日 08:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

男同士集まって飲む。そんな機会もかつては、外の居酒屋やレストランがその舞台だった。ところが最近は自宅でゆるりと…そんな男性が増えている。キッチンツールやキッチンに誰もがこだわりを持つ時代だ。こだわる、男のための最新キッチン情報を、キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀さんがナビし、5つの切り口でお届けする。1本目は、「フーディーズ御用達のキッチンツール」。

フランスの鋳物鍋は、今や高感度な人のキッチンには必ずあるアイテムとなったが、カラフルで女性的なイメージがあった。が、実はそれだけではない。

フランス製鋳物鍋の代表的なブランド、ル・クルーゼからはシックな黒の「ル・クルーゼ ブラック」や、再登場したインディゴブルーという色が登場。"がっつり飯"の食卓にもあうと好評だ。


ル・クルーゼという名前は「高熱でどろどろに溶かした鋳鉄を溶かするつぼ」を表すフランス語。1925年に鋳物の職人とホーロー細工職人が出会って生まれたブランドだ。

肉厚な鋳物ホーローが中で熱を循環させ、食材にむらなく熱がまわる。ローストチキンや塊肉のポットロースト、魚の塩釜焼きなど、豪快な料理も楽しめる。鍋の中の熱と蒸気が食材に味を叩き込む。例えて言うなら、そんな使い勝手かもしれない。

インディゴブルー &empty22㎝/33,000円

同色でストーンウェアの食器もあり、たっぷりよそえるどんぶりタイプのボウルも。テーブルコーディネートをこれ見よがしに装うのは、ちょっと気恥ずかしいからこそ、同じシリーズで食器をそろえておけば、気取らずさりげなく、食卓をそれっぽくできる

ライスボール L/3,800円

<関連サイト>
ル・クルーゼジャポン

Related article

  • ロナウドのボディラインを目指す、ATHLETIC BEAUTYな新ブランド誕生
    ロナウドのボディラインを目指す、ATHLETIC BEAUTYな新ブランド誕生
  • F1マシンのデザイン展「F1 疾走するデザイン」
    F1マシンのデザイン展「F1 疾走するデザイン」
  • 大阪西天満にYOD Galleryがオープン、北川一成個展
    大阪西天満にYOD Galleryがオープン、北川一成個展
  • プジョーRCZ、五感に響くデザイン至上主義
    プジョーRCZ、五感に響くデザイン至上主義
  • 春、新生活に買うべきミラーは?
    春、新生活に買うべきミラーは?
  • DESIGNTIDE TOKYO メイン会場構成プランが明らかに
    DESIGNTIDE TOKYO メイン会場構成プランが明らかに

Prev & Next

Ranking

  • 1
    この夏行くべきアートスポットは「犬島」
  • 2
    新しい建築、そして東京の都市を考える。ザハ・ハディド展
  • 3
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 4
    今週末見るべき映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加