フーディーズ御用達のキッチンツール|Guys in the Kitchen#01

2015年 2月 27日 08:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

男同士集まって飲む。そんな機会もかつては、外の居酒屋やレストランがその舞台だった。ところが最近は自宅でゆるりと…そんな男性が増えている。キッチンツールやキッチンに誰もがこだわりを持つ時代だ。こだわる、男のための最新キッチン情報を、キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀さんがナビし、5つの切り口でお届けする。1本目は、「フーディーズ御用達のキッチンツール」。

フランスの鋳物鍋は、今や高感度な人のキッチンには必ずあるアイテムとなったが、カラフルで女性的なイメージがあった。が、実はそれだけではない。

フランス製鋳物鍋の代表的なブランド、ル・クルーゼからはシックな黒の「ル・クルーゼ ブラック」や、再登場したインディゴブルーという色が登場。"がっつり飯"の食卓にもあうと好評だ。


ル・クルーゼという名前は「高熱でどろどろに溶かした鋳鉄を溶かするつぼ」を表すフランス語。1925年に鋳物の職人とホーロー細工職人が出会って生まれたブランドだ。

肉厚な鋳物ホーローが中で熱を循環させ、食材にむらなく熱がまわる。ローストチキンや塊肉のポットロースト、魚の塩釜焼きなど、豪快な料理も楽しめる。鍋の中の熱と蒸気が食材に味を叩き込む。例えて言うなら、そんな使い勝手かもしれない。

インディゴブルー &empty22㎝/33,000円

同色でストーンウェアの食器もあり、たっぷりよそえるどんぶりタイプのボウルも。テーブルコーディネートをこれ見よがしに装うのは、ちょっと気恥ずかしいからこそ、同じシリーズで食器をそろえておけば、気取らずさりげなく、食卓をそれっぽくできる

ライスボール L/3,800円

<関連サイト>
ル・クルーゼジャポン

Related article

  • 吉岡徳仁×カルテルの新作「見えないものたち」
    吉岡徳仁×カルテルの新作「見えないものたち」
  • ミラノサローネ開幕。吉岡徳仁がデザインする「宇宙のテーブル」とは?
    ミラノサローネ開幕。吉岡徳仁がデザインする「宇宙のテーブル」とは?
  • 伝統技術を現代の視点でリデザイン/伝統という未来展
    伝統技術を現代の視点でリデザイン/伝統という未来展
  • パリ・デザインウィークで釜浅商店がデビュー
    パリ・デザインウィークで釜浅商店がデビュー
  • 工業デザイナーの元祖? クリストファー・ドレッサー展
    工業デザイナーの元祖? クリストファー・ドレッサー展
  • ブルーボトルコーヒーでも使用、デジタルコーヒースケール「acaia peal」
    ブルーボトルコーヒーでも使用、デジタルコーヒースケール「acaia peal」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    時計の祭典「第20回 三越ワールドウオッチフェア~時の継承~」が開催
  • 2
    フォトギャラリー:I LOVE FILM by LOMOGRAPHY x GSS
  • 3
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 4
    フォトギャラリー:ミラノサローネで発表のヤマギワ新作照明
  • 5
    ミラノサローネ2010、トピックス総まとめ「イタリア編」
  • 6
    全く新しいアロマディフューザー「ECRIT」とは?
  • 7
    フォトギャラリー:Lexus L-finesse - crystallised wind
  • 8
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 9
    フォトギャラリー:プジョーの最新コンセプトモデル「SR1」
  • 10
    「デザインタイドトーキョー 2010」見どころを一挙公開!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加