インテリア・キッチンなら男も主役|Guys in the Kitchen#02

2015年 2月 27日 08:01 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

多忙な日々、正直言って、キッチンに毎日立つことは難しい。そう思う人も多いだろう。もちろんそれでいい。ならば週末や休日に気持ちよく過ごせるキッチンをつくることが大切だ。そこに立つ姿が絵になるキッチンなら、なおのこと。

さり気なく自己主張できるキッチンが、「+MODO(プラスモド)」だ。日本の住まいでもすっかりおなじみになったアイランドスタイルだが、それだけではない。ワークトップ(調理場所)の下を見てほしい。トレイのような「オープンドロワー」がある。ここに愛用の鍋や食器、ワイン用ツールなどを見せながらしまうことができる。


片手で軽く引き出せるオープンドロワーは、一見シンプルだが、頑丈なスライドレールによってスムーズに動く。ドイツの機能性もさりげなく仕込まれているのだ。

Related article

  • グラフィックデザイナーによる本のデザインを展示
    グラフィックデザイナーによる本のデザインを展示
  • ファッショニスタ必携、ドイツ製ランドリーマシン
    ファッショニスタ必携、ドイツ製ランドリーマシン
  • 「エステバン」から、この春ついに「オー・ド・トワレ」が登場
    「エステバン」から、この春ついに「オー・ド・トワレ」が登場
  • アマゾンが前途有望な商品を集めた「Amazon Exclusives」を開始
    アマゾンが前途有望な商品を集めた「Amazon Exclusives」を開始
  • ビブリオファイル Cruising 3月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 3月のおすすめ
  • スウェーデンデザインの巨匠、オーレ・エクセルとは?
    スウェーデンデザインの巨匠、オーレ・エクセルとは?

Prev & Next

Ranking

  • 1
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 2
    六本木ヒルズ・けやき坂通りに、イタリアン餃子の店
  • 3
    今週末見るべき映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」
  • 4
    この夏行くべきアートスポットは「犬島」
  • 5
    「ほぼ日」の3日間限定。7の食堂、20のショップが集うイベント in 六本木ヒルズ
  • 6
    新しい建築、そして東京の都市を考える。ザハ・ハディド展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加