キッチンに男が立つと。料理で変わる空間|Guys in the Kitchen#04

2015年 2月 27日 08:03 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真でみると美しいほどのキッチン。どんな人がここで料理をするのだろう…と現実とは遠い世界に思える。実際に料理をしてみると、キッチンの違った顔が見えてくる。そんな現場をレポートする。

東京・代官山のキッチンブランド「アムスタイル」。緻密で繊細なディテールを持つ仕立てに、ファンも多いクチュールメイドなキッチンだ。このショールームで特別イベントとして「男の料理会」が開かれた。舞台はこのクールなキッチン。男の料理…とはいえ、女性の参加も多かった。

アムスタイル代表の清水克一郎さんは、「細かいレシピや味付けを気にしないで、思いつくままに料理するのが楽しい」と提案する。「良い食材を素材のいいキッチンの上に並べておけば、まずそれだけで盛り上がる。正直、その場で思いついた料理をするだけでも十分です」。

角まですぱっと鋭角なキッチンなら、食材が美しく映える。当日は盛り付けデザイナーの飯野登起子さんと一緒に料理を進めた。

Related article

  • ミニマルな建築空間で味わうデザインキッチン|福岡に誕生
    ミニマルな建築空間で味わうデザインキッチン|福岡に誕生
  • 剣持勇デザインのスイートルーム、クリスマス限定プラン
    剣持勇デザインのスイートルーム、クリスマス限定プラン
  • レザーアイテム「m+」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(3)
    レザーアイテム「m+」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(3)
  • シャングリ・ラホテルでニコライ・バーグマンの作品展
    シャングリ・ラホテルでニコライ・バーグマンの作品展
  • 福井発 「おいしいキッチンプロジェクト」
    福井発 「おいしいキッチンプロジェクト」
  • 代官山にてポルシェにふける/ポルシェ、その伝説と衝動(4)
    代官山にてポルシェにふける/ポルシェ、その伝説と衝動(4)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    美しくておいしいキッチンのつくりかたとは?
  • 2
    あのクリエイターに今、ききたいこと。 倉本仁さん/プロダクトデザイナー
  • 3
    Interview:五十嵐久枝 「倉俣史朗を語る」
  • 4
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 5
    カリフォルニア・デザインが描いた20世紀のユートピア「カリフォルニア・デザイン 1930-1965 −モダン・リヴィングの起源−」
  • 6
    時代を超え愛される永遠のコレクション、トリニティ新作
  • 7
    アジサイを、ショーメが極上のジュエリーに
  • 8
    ロータス最新モデル「ロータス・エキシージ・カップ260」
  • 9
    「ハイアット リージェンシー 東京」の新スイートルーム
  • 10
    トゥーランドット 臥龍居/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(2)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加