キッチンに男が立つと。料理で変わる空間|Guys in the Kitchen#04

2015年 2月 27日 08:03 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

オープングリルやビルトインオーブンなど、前項で登場したような設備をキッチンに備えれば、あまり凝った料理は必要ない。


「気をつけたいのは、食材の彩り。ちょっと気をつけるだけで、いつもの食材が驚くほど豪華に見えますよ」(飯野さん)。たとえばイトヨリはもともと赤と黄のラインが美しい魚だが、タマネギとレモンの輪切りを背景にするだけで、より美しく見える。


ドイツ・ガゲナウのオーブンは庫内の中が見えて、料理する様子がまるで一つの絵のよう。


ドイツ・ミーレのオーブンは、日本でも普及率の高い人気ブランド。モダンなデザインとスマートな使い勝手がよい。

Related article

  • 全く新しいアロマディフューザー「ECRIT」とは?
    全く新しいアロマディフューザー「ECRIT」とは?
  • 婚約指輪をスリムに収納できるポップアップケース
    婚約指輪をスリムに収納できるポップアップケース
  • ミラノサローネ 隈 研吾スペシャルインタビュー
    ミラノサローネ 隈 研吾スペシャルインタビュー
  • 大阪で初開催の「リビング&デザイン」展、会場レポート
    大阪で初開催の「リビング&デザイン」展、会場レポート
  • エッジの魅力。英国センスが際立つ「ボードン バイカラー」のデザイン力
    エッジの魅力。英国センスが際立つ「ボードン バイカラー」のデザイン力
  • ますます選択肢が広がる、イームズシェルチェア
    ますます選択肢が広がる、イームズシェルチェア

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 2
    ザハによる世界初の試み、ニール・バレット青山店
  • 3
    ショコラとSANSYO(山椒)のセンセーション
  • 4
    「D-BROS」が2013年カレンダーを販売開始
  • 5
    光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
  • 6
    ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 7
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 8
    新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
  • 9
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 10
    フォトギャラリー:クリストとジャンヌ=クロード展が開幕

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加