ドイツ・ケルン国際家具見本市が示した、新しい暮らしのトレンドとは?

2015年 3月 6日 08:05 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ・ケルンで毎年1月に行われるimm 国際家具見本市は、毎年、一年の家具ビジネスの幕開けとなる見本市だ。


4月のイタリア・ミラノが試作モデルを中心とした最新コンセプトやデザインの発表の場とすれば、ケルンはそんな最新情報の中から、「現実の暮らしで定着する」家具を厳選する…そんな位置づけかもしれない。本気で商売をしたいバイヤーが世界中から集まり、今年は138ケ国から14万6000人が訪れた。

そんな同見本市のトレンド分析チームが発表した10のライフスタイルトレンドから、いくつかのトピックスをピックアップし、筆者が会場で見た家具と一緒に紹介してみよう。ちょっと意味不明の内容もあるが、頭を柔らかくして読んでほしい。

#01.ドイツ流の心地よさ
現地では「ゲミュートリッヒ」(ドイツ語で居心地の良さとか、親しみやすいという意味)という言葉を使っていたが、ミニマルでシャープなものやデコラティブに過ぎるものに変わって、ほっとするような、コージーで温かみある家具が増えている。

ヴィトラ(スイス)「マリポサソファ」

照明も穏やかなフォルムを持ち、グレアを抑えてやわらかな光が落ちるものが主流だ。

グビ(デンマーク)カラーランプ 手吹きガラスの球面が光を柔らかく落とす。アルミのシャープなシェードとのバランスもいい

Related article

  • イタリアならではのデザインで、配線をひとまとめ
    イタリアならではのデザインで、配線をひとまとめ
  • スーラの光、マティスの色に見る「新印象派」展
    スーラの光、マティスの色に見る「新印象派」展
  • ヨーロッパスタイルのインテリアを身近に、「スーク」
    ヨーロッパスタイルのインテリアを身近に、「スーク」
  • 総額一億円相当!ベネチアンモザイクの「SICIS」オープン
    総額一億円相当!ベネチアンモザイクの「SICIS」オープン
  • イデーから植木莞爾のソファとテーブル「ディヴァンコ」
    イデーから植木莞爾のソファとテーブル「ディヴァンコ」
  • 生誕100年記念、チャールズ・イームズの写真展
    生誕100年記念、チャールズ・イームズの写真展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ビジネスマンの節電対策!ニットシャツ一枚になる。
  • 2
    さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物【今週末見るべき映画】
  • 3
    美食と暖かなもてなしを味わいに訪れたい。1日1組、京丹後の離れの宿
  • 4
    ミッドセンチュリーモダンなハミルトン「ベンチュラ」限定復刻モデル
  • 5
    東京・有楽町に阪急MEN'S TOKYOがオープン
  • 6
    表参道ヒルズで篠山紀信写真展「KISHIN:BIJIN」
  • 7
    「セイコー ブライツ」ワールドタイムソーラー電波時計の新作
  • 8
    ライカ×ヴィム・ヴェンダースの必見ショートビデオ
  • 9
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 10
    今週末見るべき映画「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加