ドイツ・ケルン国際家具見本市が示した、新しい暮らしのトレンドとは?

2015年 3月 6日 08:05 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ・ケルンで毎年1月に行われるimm 国際家具見本市は、毎年、一年の家具ビジネスの幕開けとなる見本市だ。


4月のイタリア・ミラノが試作モデルを中心とした最新コンセプトやデザインの発表の場とすれば、ケルンはそんな最新情報の中から、「現実の暮らしで定着する」家具を厳選する…そんな位置づけかもしれない。本気で商売をしたいバイヤーが世界中から集まり、今年は138ケ国から14万6000人が訪れた。

そんな同見本市のトレンド分析チームが発表した10のライフスタイルトレンドから、いくつかのトピックスをピックアップし、筆者が会場で見た家具と一緒に紹介してみよう。ちょっと意味不明の内容もあるが、頭を柔らかくして読んでほしい。

#01.ドイツ流の心地よさ
現地では「ゲミュートリッヒ」(ドイツ語で居心地の良さとか、親しみやすいという意味)という言葉を使っていたが、ミニマルでシャープなものやデコラティブに過ぎるものに変わって、ほっとするような、コージーで温かみある家具が増えている。

ヴィトラ(スイス)「マリポサソファ」

照明も穏やかなフォルムを持ち、グレアを抑えてやわらかな光が落ちるものが主流だ。

グビ(デンマーク)カラーランプ 手吹きガラスの球面が光を柔らかく落とす。アルミのシャープなシェードとのバランスもいい

Related article

  • 伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
    伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
  • 「ペリエ ジュエ ベル エポック」の数量限定レザートランク
    「ペリエ ジュエ ベル エポック」の数量限定レザートランク
  • コンランショップ初のアウトレットがオープン、セール情報あり
    コンランショップ初のアウトレットがオープン、セール情報あり
  • アメリカの美の殿堂から、エジプトコレクションが初来日
    アメリカの美の殿堂から、エジプトコレクションが初来日
  • 紙袋のような磁器、小松誠の作品が一堂に
    紙袋のような磁器、小松誠の作品が一堂に
  • 長山智美のムームー日記SP「おバカモノセレクション」1
    長山智美のムームー日記SP「おバカモノセレクション」1

Prev & Next

Ranking

  • 1
    デザインプロダクト最新作-ドイツ「アンビエンテ」レポート【後編】 
  • 2
    センプレで「手を動かして知る」デザイン
  • 3
    深澤直人とジャスパー・モリソンの、極上椅子
  • 4
    古代から愛されてきた、注目のビューティフード「モリンガ」
  • 5
    ボルボが放つ新世代コンパクトSUV「V40 クロスカントリー T5 AWD」
  • 6
    デザインアワード受賞作品を先行販売。コクヨの限定商品が買える「コクヨハク」3日間限定オープン
  • 7
    今週末見るべき映画「白夜のタンゴ」
  • 8
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 9
    今週末見るべき映画「奇蹟がくれた数式」
  • 10
    旅する香港、最新食事情(1)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加