上海のデザインユニット・ネリー&フーの考える家と街

2015年 3月 17日 08:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月に行われたドイツ・ケルン国際家具見本市。毎年、1組のデザイナーが選ばれ、理想の家を再現する「ダス・ハウス(ドイツ語でザ・ハウスの意味)」。会場内@「ピュアヴィレッジ」内の企画だが、いつも本当にレベルが高い。今年は上海をベースに活動するデザインユニット、ネリー&フーが選ばれた。

左がリンドン・ネリー氏、右がロッサーナ・フー氏

テーマはメモリー・レーン(思い出の小道)。上海の街角で見るイメージだ。「外側から見ると、素っ気ないほどで、入りにくい思うでしょう。けれども中にはいると、リアルな生活が広がっている。これが私たちの考えるハウスです。上海の弄堂(のんたん)の路地から着想を得て、街角のリアルな空気感をこめています」。

コンパクトで細長い5つの部屋。不規則に並んだ窓からは生活の匂いがする。洗濯物が干され、子ども達が遊び、老人が集う、そんな様子を想像させる。


ネリー&フーの二人は若い頃、アメリカに行き、広がる大陸、すべてが大きいアメリカのサイズ感に驚いた。その体験から、入り組んだような上海の細かな街のつくりの魅力を、改めて知ることができた。その思いがこのダスハウスに込められている。

Related article

  • フォトギャラリー:ニコライ・バーグマンの世界
    フォトギャラリー:ニコライ・バーグマンの世界
  • メルセデス・ベンツ「SLシリーズ」7年ぶりに大幅改良
    メルセデス・ベンツ「SLシリーズ」7年ぶりに大幅改良
  • インド洋の楽園を味わいつくす、多彩なアクティビティ/モルディブ、極上という名のリゾート(3)
    インド洋の楽園を味わいつくす、多彩なアクティビティ/モルディブ、極上という名のリゾート(3)
  • テーマは「都市と自然」。札幌国際芸術祭レポート
    テーマは「都市と自然」。札幌国際芸術祭レポート
  • ミラノサローネ2015|Vol.2 エモーショナルな新作見つけた!
    ミラノサローネ2015|Vol.2 エモーショナルな新作見つけた!
  • ドイツのキッチン「ポーゲンポール」広尾にショールーム
    ドイツのキッチン「ポーゲンポール」広尾にショールーム

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)
  • 2
    ミニマルな建築空間で味わうデザインキッチン|福岡に誕生
  • 3
    たかが世界の終わり 【今週末見るべき映画】
  • 4
    極上の家具デザイン。最新作を旭川に訪ねて<前編>
  • 5
    ルイス・ポールセンからLEDのデザイン照明
  • 6
    家族の肖像 【今週末見るべき映画】
  • 7
    「星のや 竹富島」、6月に誕生
  • 8
    見どころ教えます、まもなく開催「デザインタイドトーキョー」
  • 9
    ナイスガイズ! 【今週末見るべき映画】
  • 10
    雨の日は会えない、晴れた日は君を想う 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加