上海のデザインユニット・ネリー&フーの考える家と街

2015年 3月 17日 08:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月に行われたドイツ・ケルン国際家具見本市。毎年、1組のデザイナーが選ばれ、理想の家を再現する「ダス・ハウス(ドイツ語でザ・ハウスの意味)」。会場内@「ピュアヴィレッジ」内の企画だが、いつも本当にレベルが高い。今年は上海をベースに活動するデザインユニット、ネリー&フーが選ばれた。

左がリンドン・ネリー氏、右がロッサーナ・フー氏

テーマはメモリー・レーン(思い出の小道)。上海の街角で見るイメージだ。「外側から見ると、素っ気ないほどで、入りにくい思うでしょう。けれども中にはいると、リアルな生活が広がっている。これが私たちの考えるハウスです。上海の弄堂(のんたん)の路地から着想を得て、街角のリアルな空気感をこめています」。

コンパクトで細長い5つの部屋。不規則に並んだ窓からは生活の匂いがする。洗濯物が干され、子ども達が遊び、老人が集う、そんな様子を想像させる。


ネリー&フーの二人は若い頃、アメリカに行き、広がる大陸、すべてが大きいアメリカのサイズ感に驚いた。その体験から、入り組んだような上海の細かな街のつくりの魅力を、改めて知ることができた。その思いがこのダスハウスに込められている。

Related article

  • “食文化の発信基地に暮らす”「NODE UEHARA」の提案
    “食文化の発信基地に暮らす”「NODE UEHARA」の提案
  • 「ザ・コンランショップ」のアイテムで上質なホテルライク生活
    「ザ・コンランショップ」のアイテムで上質なホテルライク生活
  • スタルク健在、ドイツで新作バスルーム製品を発表
    スタルク健在、ドイツで新作バスルーム製品を発表
  • 伊勢丹新宿店、新リビングフロアをさっそく分析
    伊勢丹新宿店、新リビングフロアをさっそく分析
  • 寝かせ玄米「結わえる」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(4)
    寝かせ玄米「結わえる」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(4)
  • ミラノサローネ2010プレビュー、パナソニック電工
    ミラノサローネ2010プレビュー、パナソニック電工

Prev & Next

Ranking

  • 1
    甦るアイコン、「山口小夜子 未来を着る人」
  • 2
    千駄ヶ谷の普通のお家が「イケア ハウス」に
  • 3
    ボンジュール、アン 【今週末見るべき映画】
  • 4
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 5
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
  • 6
    必要な分だけ沸かせる湯沸かし器「Miito」
  • 7
    CIBONE青山に「草間彌生携帯」限定ショップ
  • 8
    Interview:「エスタブリッシュド&サンズ」セバスチャン・ロング
  • 9
    吉岡徳仁氏受賞、20日からメゾン・エ・オブジェ2012
  • 10
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加