上海のデザインユニット・ネリー&フーの考える家と街

2015年 3月 17日 08:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月に行われたドイツ・ケルン国際家具見本市。毎年、1組のデザイナーが選ばれ、理想の家を再現する「ダス・ハウス(ドイツ語でザ・ハウスの意味)」。会場内@「ピュアヴィレッジ」内の企画だが、いつも本当にレベルが高い。今年は上海をベースに活動するデザインユニット、ネリー&フーが選ばれた。

左がリンドン・ネリー氏、右がロッサーナ・フー氏

テーマはメモリー・レーン(思い出の小道)。上海の街角で見るイメージだ。「外側から見ると、素っ気ないほどで、入りにくい思うでしょう。けれども中にはいると、リアルな生活が広がっている。これが私たちの考えるハウスです。上海の弄堂(のんたん)の路地から着想を得て、街角のリアルな空気感をこめています」。

コンパクトで細長い5つの部屋。不規則に並んだ窓からは生活の匂いがする。洗濯物が干され、子ども達が遊び、老人が集う、そんな様子を想像させる。


ネリー&フーの二人は若い頃、アメリカに行き、広がる大陸、すべてが大きいアメリカのサイズ感に驚いた。その体験から、入り組んだような上海の細かな街のつくりの魅力を、改めて知ることができた。その思いがこのダスハウスに込められている。

Related article

  • ポートランド発! DIYの精神から生まれたクラフトビールグラス
    ポートランド発! DIYの精神から生まれたクラフトビールグラス
  • ヴェルナー・パントンの「干草の山」とは?
    ヴェルナー・パントンの「干草の山」とは?
  • 間もなく発表、トップ・オブ・レクサス LS600h
    間もなく発表、トップ・オブ・レクサス LS600h
  • 日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)
    日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)
  • 柴田文江デザインの温もりを感じさせるプロダクト
    柴田文江デザインの温もりを感じさせるプロダクト
  • 「デザインタイドトーキョー2009」見どころ、教えます
    「デザインタイドトーキョー2009」見どころ、教えます

Prev & Next

Ranking

  • 1
    キャセイパシフィック航空で行く/モルディブ、極上という名のリゾート(5)
  • 2
    長崎・五島列島で美しく。椿オイルで至福のトリートメント
  • 3
    独ミーレのデザイン家電、掃除機に新モデル
  • 4
    ザハ・ハディドのソファ、B&B Italia新作
  • 5
    今週末見るべき映画「マリリン 7日間の恋」
  • 6
    イソップが描くマラケッシュの街、その香りを旅する
  • 7
    フォトギャラリー:マルチタッチの「iPod nano」
  • 8
    押さえておきたい、「ほんまもん」の京料理/2)京都人が選ぶ、京の隠れ家
  • 9
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
  • 10
    今週末見るべき映画「ヴィンセントが教えてくれたこと」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加