ミラノサローネ2015|Vol.2 エモーショナルな新作見つけた!

2015年 6月 4日 08:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーロッパのデザインを取材していると、よく聞く言葉が「エモーショナル」。陽気とかそういう単純な意味ではなく、作り手が何を感じたかが、込められている。また見る人、使う人の心を揺り動かす。そんな意味で使われる。今回はまさにエモーショナルな印象を持った新作を紹介する。

#2-01.グラスイタリア
ガラスの家具、とは日本ではあまりなじみはないが、イタリアはガラスの繊細な技術が発達した国。板ガラスをまるで空気のように扱ってしまうのがグラスイタリア。特に接合部の気配の消し方は、神業。

nendoの精緻でミニマルなデザインは、グラスイタリアとの相性が最高かも。ミラノ市内で展覧会も開いた彼らの作品で、一番きれいだと思ったのがこちら「レイヤーズ」。


カラーフィルムを板ガラスの間に挟み込んでいる。ガラスの重なり方で、色の濃淡が変わって見える。


パトリシア・ウルキオラの「シマー」は彼女らしい色づかい。写真は壁付けのシェルフ。


見る角度で色がかわるマルチクロマチックな表現を板ガラスで実現してしまう、その技術力に驚く。

Related article

  • 機能充実の次世代型スマートウォレット、『Silo』のMesh Card
    機能充実の次世代型スマートウォレット、『Silo』のMesh Card
  • 長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • ミラノサローネ、キッチンにルネッサンス時代が始まる?
    ミラノサローネ、キッチンにルネッサンス時代が始まる?
  • ミナ ペルホネンとマルニ木工|時を経て変化を生む椅子
    ミナ ペルホネンとマルニ木工|時を経て変化を生む椅子
  • 泊まれるエキシビション「LLOVE」がスタート
    泊まれるエキシビション「LLOVE」がスタート
  • 60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(1)
    60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(1)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 2
    「世紀末芸術」の旗手、フェルディナント・ホドラー展
  • 3
    ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
  • 4
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 5
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 6
    amadanaケータイ N705iがベールを脱いだ
  • 7
    キム・ジョーンズ来日、ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店 メンズフロアリニューアルの夜
  • 8
    今週末見るべき映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」
  • 9
    今週末見るべき映画「ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー」
  • 10
    黒と白の新・水栓美学、ドイツのグローエ社から

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加