よく見るあのカフェの椅子…125年前に生まれたモデルの最新系とは?

2015年 6月 30日 08:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でもすっかりカフェの屋外席が当たり前になった時代、よく見かける椅子というのがないだろうか。たとえばこの椅子、日本でもよく使われていて、見れば「ああ、これ」と思う人も少なくないだろう。これ、125年前に誕生し、フランスのカフェを風靡した定番の椅子だ。


フランス、フェルモブ社による「ビストロ」というモデルで、19世紀後半にローヌアルプ地方でアイアンワークの工場から始まった同社は、生産量の1/5がビストロチェアで、今や世界的なロングセラーになっているという。

「フランスにはエビアンやヴィシーといった温泉保養地があり、フランス人がバケーションを思い出すときは、路上のカフェでみんながこの椅子に座っている光景です(同社社長)」というほど国民的なデザインなのだ。

そんなフェルモブは毎年、「ビストロ」チェアなどの定番を大切にしながらも、新しいデザインや色の開発への意欲を忘れない。

コンランショップで知られるテレンス・コンラン卿とのコラボがこちら。


「キンバリー」はフフェルモブの伝統的なアイアンワークにヒントを得ながら、テーブルの角を丸めたり、椅子の足にはカーブをつけたり、21世紀的な人間工学をデザインに取り入れた。フォルムは英国人らしく、イングリッシュガーデンのチェアに由来している。

Related article

  • 吉岡徳仁×カルテルの新作「見えないものたち」
    吉岡徳仁×カルテルの新作「見えないものたち」
  • パリ・デザインウィークで釜浅商店がデビュー
    パリ・デザインウィークで釜浅商店がデビュー
  • 工業デザイナーの元祖? クリストファー・ドレッサー展
    工業デザイナーの元祖? クリストファー・ドレッサー展
  • 毎日暮らして飽きない、主食のような家具「Rice」が登場
    毎日暮らして飽きない、主食のような家具「Rice」が登場
  • TOTO出版20周年記念、杉本貴志、安藤忠雄らの特別書籍発売
    TOTO出版20周年記念、杉本貴志、安藤忠雄らの特別書籍発売
  • ダイソン「エアマルチプライアー」に新ラインナップ
    ダイソン「エアマルチプライアー」に新ラインナップ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    時計の祭典「第20回 三越ワールドウオッチフェア~時の継承~」が開催
  • 2
    フォトギャラリー:I LOVE FILM by LOMOGRAPHY x GSS
  • 3
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 4
    フォトギャラリー:ミラノサローネで発表のヤマギワ新作照明
  • 5
    ミラノサローネ2010、トピックス総まとめ「イタリア編」
  • 6
    全く新しいアロマディフューザー「ECRIT」とは?
  • 7
    フォトギャラリー:Lexus L-finesse - crystallised wind
  • 8
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 9
    フォトギャラリー:プジョーの最新コンセプトモデル「SR1」
  • 10
    「デザインタイドトーキョー 2010」見どころを一挙公開!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加