よく見るあのカフェの椅子…125年前に生まれたモデルの最新系とは?

2015年 6月 30日 08:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でもすっかりカフェの屋外席が当たり前になった時代、よく見かける椅子というのがないだろうか。たとえばこの椅子、日本でもよく使われていて、見れば「ああ、これ」と思う人も少なくないだろう。これ、125年前に誕生し、フランスのカフェを風靡した定番の椅子だ。


フランス、フェルモブ社による「ビストロ」というモデルで、19世紀後半にローヌアルプ地方でアイアンワークの工場から始まった同社は、生産量の1/5がビストロチェアで、今や世界的なロングセラーになっているという。

「フランスにはエビアンやヴィシーといった温泉保養地があり、フランス人がバケーションを思い出すときは、路上のカフェでみんながこの椅子に座っている光景です(同社社長)」というほど国民的なデザインなのだ。

そんなフェルモブは毎年、「ビストロ」チェアなどの定番を大切にしながらも、新しいデザインや色の開発への意欲を忘れない。

コンランショップで知られるテレンス・コンラン卿とのコラボがこちら。


「キンバリー」はフフェルモブの伝統的なアイアンワークにヒントを得ながら、テーブルの角を丸めたり、椅子の足にはカーブをつけたり、21世紀的な人間工学をデザインに取り入れた。フォルムは英国人らしく、イングリッシュガーデンのチェアに由来している。

Related article

  • 伊藤節+伊藤志信が手がけた新素材のベッド
    伊藤節+伊藤志信が手がけた新素材のベッド
  • 日本近代建築「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」展
    日本近代建築「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」展
  • 目からウロコの発見、クラスカで「みやげもん展」
    目からウロコの発見、クラスカで「みやげもん展」
  • ハウスインダストリーズによるイームズ「LTRT限定バージョン」
    ハウスインダストリーズによるイームズ「LTRT限定バージョン」
  • 東京デザイナーズウィーク2009、世界の才能と出会う
    東京デザイナーズウィーク2009、世界の才能と出会う
  • アレッシィが日本法人を設立、ジャスパー・モリソン新作
    アレッシィが日本法人を設立、ジャスパー・モリソン新作

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ショーメ × ソフィー・マルソー、官能のラブストーリー
  • 2
    ヨコトリ2014のディレクター発表。アーティストの森村泰昌氏
  • 3
    シリコンバレーだけじゃない、Newな「サンフランシスコ」
  • 4
    常盤新平―遠いアメリカ―展
  • 5
    24日から「ネイチャー・センス展」が開幕
  • 6
    緑溢れる、木の上のトリートメントヴィラ/モルディブ、極上という名のリゾート(4)
  • 7
    真冬をロマンティックに彩る、雪の結晶のジュエリー
  • 8
    銀座の真ん中に「銀座どうぶつ園 ほぼ原寸大 写真展」
  • 9
    篠山紀信展 写真力  THE PEOPLE by KISHIN
  • 10
    フォトギャラリー:新型EクラスとSLS AMGセーフティカー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加