よく見るあのカフェの椅子…125年前に生まれたモデルの最新系とは?

2015年 6月 30日 08:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でもすっかりカフェの屋外席が当たり前になった時代、よく見かける椅子というのがないだろうか。たとえばこの椅子、日本でもよく使われていて、見れば「ああ、これ」と思う人も少なくないだろう。これ、125年前に誕生し、フランスのカフェを風靡した定番の椅子だ。


フランス、フェルモブ社による「ビストロ」というモデルで、19世紀後半にローヌアルプ地方でアイアンワークの工場から始まった同社は、生産量の1/5がビストロチェアで、今や世界的なロングセラーになっているという。

「フランスにはエビアンやヴィシーといった温泉保養地があり、フランス人がバケーションを思い出すときは、路上のカフェでみんながこの椅子に座っている光景です(同社社長)」というほど国民的なデザインなのだ。

そんなフェルモブは毎年、「ビストロ」チェアなどの定番を大切にしながらも、新しいデザインや色の開発への意欲を忘れない。

コンランショップで知られるテレンス・コンラン卿とのコラボがこちら。


「キンバリー」はフフェルモブの伝統的なアイアンワークにヒントを得ながら、テーブルの角を丸めたり、椅子の足にはカーブをつけたり、21世紀的な人間工学をデザインに取り入れた。フォルムは英国人らしく、イングリッシュガーデンのチェアに由来している。

Related article

  • 新宿のOZONEで秋のイベント「DESIGN FOR YOUR LIFE 」
    新宿のOZONEで秋のイベント「DESIGN FOR YOUR LIFE 」
  • スウェーデン発、子どもの「暮らしをつくる」おもちゃ
    スウェーデン発、子どもの「暮らしをつくる」おもちゃ
  • オランダの人気デザイナー、ピート・ヘイン・イーク新作
    オランダの人気デザイナー、ピート・ヘイン・イーク新作
  • 建築家、ボジェック・シーペックを知る
    建築家、ボジェック・シーペックを知る
  • 大人のためのグラフィカルなモビール「FRAMES」
    大人のためのグラフィカルなモビール「FRAMES」
  • ベイクルーズが手がける家具店、J.S.Furniture
    ベイクルーズが手がける家具店、J.S.Furniture

Prev & Next

Ranking

  • 1
    伝統技巧とデザインの融合、飛騨春慶×日本デザインコミッティー
  • 2
    デザインプロダクト最新作-ドイツ「アンビエンテ」レポート【後編】 
  • 3
    エンドレス・ポエトリー 【今週末見るべき映画】
  • 4
    2014年のシュー・オブ・ザ・イヤー、J.S.T.F
  • 5
    東京ミッドタウンに「エルメスの家」、6日まで
  • 6
    思考をずらす笑いの視点、福田繁雄大回顧展
  • 7
    森美術館、2011年の企画展は?
  • 8
    夏の銀座でジャパンカルチャーを楽しむ 『銀座三越 アート&クリエーション』
  • 9
    著名シェフ総勢28名による「丸の内シェフズクラブ」が発足
  • 10
    夢の一歩を踏み出した、“シンマイ”ファッションデザイナーたち

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加