よく見るあのカフェの椅子…125年前に生まれたモデルの最新系とは?

2015年 6月 30日 08:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でもすっかりカフェの屋外席が当たり前になった時代、よく見かける椅子というのがないだろうか。たとえばこの椅子、日本でもよく使われていて、見れば「ああ、これ」と思う人も少なくないだろう。これ、125年前に誕生し、フランスのカフェを風靡した定番の椅子だ。


フランス、フェルモブ社による「ビストロ」というモデルで、19世紀後半にローヌアルプ地方でアイアンワークの工場から始まった同社は、生産量の1/5がビストロチェアで、今や世界的なロングセラーになっているという。

「フランスにはエビアンやヴィシーといった温泉保養地があり、フランス人がバケーションを思い出すときは、路上のカフェでみんながこの椅子に座っている光景です(同社社長)」というほど国民的なデザインなのだ。

そんなフェルモブは毎年、「ビストロ」チェアなどの定番を大切にしながらも、新しいデザインや色の開発への意欲を忘れない。

コンランショップで知られるテレンス・コンラン卿とのコラボがこちら。


「キンバリー」はフフェルモブの伝統的なアイアンワークにヒントを得ながら、テーブルの角を丸めたり、椅子の足にはカーブをつけたり、21世紀的な人間工学をデザインに取り入れた。フォルムは英国人らしく、イングリッシュガーデンのチェアに由来している。

Related article

  • 世界で見つけた最新・男のキッチンとは?|Guys in the Kitchen#05
    世界で見つけた最新・男のキッチンとは?|Guys in the Kitchen#05
  • Interview:ドシィレヴィン、世界のカオスをモダンデザインに
    Interview:ドシィレヴィン、世界のカオスをモダンデザインに
  • 森田恭通のカモフラージュ「ラ・シェーズ」がオークションに
    森田恭通のカモフラージュ「ラ・シェーズ」がオークションに
  • スープから最新プロジェクトまで「遠山正道の仕事」展
    スープから最新プロジェクトまで「遠山正道の仕事」展
  • ミラノサローネ2010、パトリシア・ウルキオラ新作
    ミラノサローネ2010、パトリシア・ウルキオラ新作
  • ミラノサローネ2011プレビュー、「パナソニック電工」
    ミラノサローネ2011プレビュー、「パナソニック電工」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    カルト的人気を集める五木田智央、美術館展開催
  • 2
    新鮮なグラフィックデザインで「壁を装う」
  • 3
    ロールス・ロイスがブランドムービー「スピリット・オブ・エクスタシー」を公開
  • 4
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 5
    フェミニンに生まれ変わったブルガリ・ブルガリ
  • 6
    「けはいに ふれる」クリスマスディスプレイ
  • 7
    震災で進化した仙台伝統工、玉虫塗プロダクト「TOUCH CLASSIC」
  • 8
    メルセデス-AMGから新しい歴史が紡がれる。「AMG GT」デビュー
  • 9
    フォトギャラリー:フライターグ「F76 LEO」「F77 BEN」
  • 10
    今週末見るべき映画「Cu-bop(キューバップ)」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加