よく見るあのカフェの椅子…125年前に生まれたモデルの最新系とは?

2015年 6月 30日 08:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でもすっかりカフェの屋外席が当たり前になった時代、よく見かける椅子というのがないだろうか。たとえばこの椅子、日本でもよく使われていて、見れば「ああ、これ」と思う人も少なくないだろう。これ、125年前に誕生し、フランスのカフェを風靡した定番の椅子だ。


フランス、フェルモブ社による「ビストロ」というモデルで、19世紀後半にローヌアルプ地方でアイアンワークの工場から始まった同社は、生産量の1/5がビストロチェアで、今や世界的なロングセラーになっているという。

「フランスにはエビアンやヴィシーといった温泉保養地があり、フランス人がバケーションを思い出すときは、路上のカフェでみんながこの椅子に座っている光景です(同社社長)」というほど国民的なデザインなのだ。

そんなフェルモブは毎年、「ビストロ」チェアなどの定番を大切にしながらも、新しいデザインや色の開発への意欲を忘れない。

コンランショップで知られるテレンス・コンラン卿とのコラボがこちら。


「キンバリー」はフフェルモブの伝統的なアイアンワークにヒントを得ながら、テーブルの角を丸めたり、椅子の足にはカーブをつけたり、21世紀的な人間工学をデザインに取り入れた。フォルムは英国人らしく、イングリッシュガーデンのチェアに由来している。

Related article

  • RFIDタグを付けた、アルテックのセカンドサイクル家具
    RFIDタグを付けた、アルテックのセカンドサイクル家具
  • カッシーナ・イクスシーから新作照明「チョコライト」
    カッシーナ・イクスシーから新作照明「チョコライト」
  • 和室に合う北欧デザイン家具「ブルーノ・マットソン」新作
    和室に合う北欧デザイン家具「ブルーノ・マットソン」新作
  • リビング・モティーフが選ぶ、冷たい飲み物にあわせたいユニークなアイテム
    リビング・モティーフが選ぶ、冷たい飲み物にあわせたいユニークなアイテム
  • ミラノサローネプレビュー、吉岡徳仁「MOROSO新作」
    ミラノサローネプレビュー、吉岡徳仁「MOROSO新作」
  • デザインされた、フェアトレードプロダクト
    デザインされた、フェアトレードプロダクト

Prev & Next

Ranking

  • 1
    婚約者の友人 【今週末見るべき映画】
  • 2
    この1冊で堪能する、「大人」のリアルなキッチンインテリア
  • 3
    バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
  • 4
    4/27より深澤直人ディレクション チョコレート展
  • 5
    カフェ・ソサエティ【今週末見るべき映画】
  • 6
    Vitra新作は「座るためのツール」Chairless
  • 7
    20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展
  • 8
    試乗レポート;MINI クロスオーバー
  • 9
    長山智美のムームー日記SP「香港・deTour」編
  • 10
    Patisserie Etienne(パティスリー・エチエンヌ)/女をあげる、sweetなスイーツ(5)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加