よく見るあのカフェの椅子…125年前に生まれたモデルの最新系とは?

2015年 6月 30日 08:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でもすっかりカフェの屋外席が当たり前になった時代、よく見かける椅子というのがないだろうか。たとえばこの椅子、日本でもよく使われていて、見れば「ああ、これ」と思う人も少なくないだろう。これ、125年前に誕生し、フランスのカフェを風靡した定番の椅子だ。


フランス、フェルモブ社による「ビストロ」というモデルで、19世紀後半にローヌアルプ地方でアイアンワークの工場から始まった同社は、生産量の1/5がビストロチェアで、今や世界的なロングセラーになっているという。

「フランスにはエビアンやヴィシーといった温泉保養地があり、フランス人がバケーションを思い出すときは、路上のカフェでみんながこの椅子に座っている光景です(同社社長)」というほど国民的なデザインなのだ。

そんなフェルモブは毎年、「ビストロ」チェアなどの定番を大切にしながらも、新しいデザインや色の開発への意欲を忘れない。

コンランショップで知られるテレンス・コンラン卿とのコラボがこちら。


「キンバリー」はフフェルモブの伝統的なアイアンワークにヒントを得ながら、テーブルの角を丸めたり、椅子の足にはカーブをつけたり、21世紀的な人間工学をデザインに取り入れた。フォルムは英国人らしく、イングリッシュガーデンのチェアに由来している。

Related article

  • 必見のスペイン大使館「I’m in love」レポート
    必見のスペイン大使館「I’m in love」レポート
  • 「MoMA Design Store」2010年S/Sコレクション
    「MoMA Design Store」2010年S/Sコレクション
  • 夏に涼しく美しい、新・日本の名作椅子「イリス」
    夏に涼しく美しい、新・日本の名作椅子「イリス」
  • ザ・コンランショップの「買いやすい」新アイテム
    ザ・コンランショップの「買いやすい」新アイテム
  • 偽装問題に揺れる今こそ「産地認証」の家具、ヒュケリ
    偽装問題に揺れる今こそ「産地認証」の家具、ヒュケリ
  • 大阪デザインの力が結集「リビング&デザイン」展
    大阪デザインの力が結集「リビング&デザイン」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 2
    福武ハウス 2010に気鋭の現代作家:瀬戸内国際芸術祭
  • 3
    「ロエベ」地中海のエッセンスを詰めたフレグランスが限定発売
  • 4
    香港に注目の新ホテル「ザ・アッパー・ハウス」
  • 5
    ヘネシー×フューチュラの数量限定アートボトルが発売
  • 6
    ノルウェーのニットブランド「アルネ&カルロス」
  • 7
    華麗なる「TOYOTA 2000GT」ボンドカー
  • 8
    吉岡徳仁の新プロジェクト「虹の教会」が韓国で5月に発表
  • 9
    エリオット・アーウィット 独占インタビュー
  • 10
    ハローキティとM・A・Cのビューティコラボ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加