銀座にBALS TOKYO GINZAがオープン

2007年 4月 19日 10:45 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月19日、インテリア、アパレル、レストランなどから構成される商業施設「銀座Velvia(ベルビア)」館が銀座並木通り沿いにオープンした。注目すべきは、中目黒に次ぐ東京2店舗目の出店となる「BALS TOKYO GINZA」。


 「From Tokyo」をコンセプトに世界中から優れたデザインを集めたインターナショナルデザインストアであり、同店の特徴である「ショップ・イン・ショップ」形態をさらに発展させた。デザイン家電でお馴染み「amadana」の直営店、革新的なスポーツバイクブランド「cannondale」やアートスペースを新設しているのが特徴だ。

 「BALS TOKYO GINZA」では、オープンに合わせて、銀座店のみの扱いとなる新製品を展開。日本での独占販売権を取得し、昨年12月からスタートしたイギリスのブランド「Established & Sons(エスタブリッシュ&サンズ)」のハイエンドライン「Future Systems(フューチャー・システムズ)」のベンチやソファーを販売する。

 流木にヒントを得た、流れるようなフォルムが印象的なベンチ。


【Future Systems/DRIFT、ポリエチレン、W2880×H870×420mm、¥1,680,000】


 広い店内には、コラボレーションデザイナー「Christophe Pillet(クリストフ・ピエ)」デザインのフルオーダーメイドのキッチンも初登場。


【¥2,000,000~7,000,000、サイズや設備機器の仕様によって価格が異なる。】


 新設されたアートスペースでは、イギリスのギャラリー「APART(アパート)」がセレクトしたコンテンポラリーアートの販売も行う予定だ。



【Helmet、¥50,000~200,000、ショーン・アレクサンダー他7名のアーティストが参加】

これは普段、キャンバスに絵画を描いているアーティストが立体的なヘルメットにアートを施した作品。作品とはいえ、中には実際に使用できるものもある。

Related article

  • 自立する姿が美しい、アートなキッチンが登場
    自立する姿が美しい、アートなキッチンが登場
  • 「デザインタイドトーキョー 2010」見どころを一挙公開!
    「デザインタイドトーキョー 2010」見どころを一挙公開!
  • 日本の老舗メーカーが放つ ヘッドフォン
    日本の老舗メーカーが放つ ヘッドフォン
  • エピス|その豊かな色彩に思わずみとれる、パリのストールブランド
    エピス|その豊かな色彩に思わずみとれる、パリのストールブランド
  • ファブリックに魅了される/インテリア・インスピレーション(1)
    ファブリックに魅了される/インテリア・インスピレーション(1)
  • この夏の「アウトドアリビング」を先取り
    この夏の「アウトドアリビング」を先取り

Prev & Next

Ranking

  • 1
    春、新生活に買うべきミラーは?
  • 2
    フォトギャラリー:空気の器 ワークショップ
  • 3
    20日まで、フセイン・チャラヤン初の大規模個展
  • 4
    夏の銀座でジャパンカルチャーを楽しむ 『銀座三越 アート&クリエーション』
  • 5
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(1)
  • 6
    1+1の贅沢。ジャガーF-TYPE Coupé
  • 7
    フィン・ユールの北欧家具とその作り手—特別展が名古屋で
  • 8
    エレクトロラックスが選んだ、未来のキッチン
  • 9
    素のままが美しい-メトロクスでアンジェロ・マンジャロッティの家具が復刻
  • 10
    暮らしをより豊かに、人生を変える一杯のコーヒー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加