『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

次世代のグリーンスタイル、limbgreenが商品化

2007年 6月 12日 13:18 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2005年のDesign Tideと昨年のインテリア&ライフスタイル展で発表された、インドアガーデン・ファニチャーの「limbgreen(リムグリーン)」が、いよいよ商品化されることになった。展示会は6月14日(木)まで。


 室内用の観葉植物というと、水やりや管理が非常に面倒、という印象が強い。limbgreenはその障壁となる「排水」に着目し、新しいインドアガーデン・ファニチャーを提案した。

 limbgreenは、インテリア&空間デザイナーの福田晶子さんとガーデンデザイナー塚田有一さんによるデザインユニット。2人の出会いはインテリアショップのIDEEだ。

 福田さんはインハウスのデザイナーとして家具や空間設計に携わり、塚田さんはガーデンデザインや緑のある空間を手がけ、現在はガーデンデザイナー+フラワーデザイナーの仕事以外に「温室」での企画や様々なグリーンの提案を行っている。limbgreenとして活動を始めたのは、2005年のDesign Tideの時だった。

「ショップやカフェなどのデザインをする際に、グリーンというのは不可欠な存在なのですが、日本のモダンなインテリアに合う鉢がなかった。海外のものやアンティークで探してあつらえていましたが、それだと機能が伴わない。そこで、植物のエキスパートである塚田さんに相談し、新しいインドアガーデン・ファニチャーを作ろう、という話になりました」(福田さん)

 また、塚田さんも日々植物を身近に感じ、デザインをしていく上で「管理しやすく、美しいデザインのインドアガーデン・ファニチャーがない」と感じていた。

「インドアグリーンを扱う上で一番ネックになるのが、排水の問題です。普通の鉢は、下にお皿が敷いてありますが、大きな観葉植物になると動かすだけで重労働。水やりは毎日の作業ですから、非常に大変な作業になります。それを、デザインで工夫することで簡単にし、ちょっとした仕掛けを作ることで“人と水と植物の関わり”を表現できるようなインドアガーデン・ファニチャーが欲しかった」(塚田さん)

Related article

  • ポール・ヘニングセンが語る貴重な映像
    ポール・ヘニングセンが語る貴重な映像
  • 男の生活空間をテーマに「イセタン メンズ レジデンス」が誕生
    男の生活空間をテーマに「イセタン メンズ レジデンス」が誕生
  • ミラノのステイショナリーブランドNAVAから深澤直人デザイン
    ミラノのステイショナリーブランドNAVAから深澤直人デザイン
  • イタリアのノッポさん? クレイアニメ作家・湯崎夫沙子の世界
    イタリアのノッポさん? クレイアニメ作家・湯崎夫沙子の世界
  • 街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
    街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
  • ムービー: ヘルツォーク&ド・ムーロン「VitraHaus」
    ムービー: ヘルツォーク&ド・ムーロン「VitraHaus」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ドゥ・ラ・メールからボディクリーム誕生
  • 2
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 3
    イタリア、パオラ・レンティが日本本格デビュー
  • 4
    原宿・明治通りに「ゴディバ ショコイスト原宿」オープン
  • 5
    バレエの絵画と言えばドガ。それはオペラ座で競い合う踊り子達
  • 6
    「セイコー ブライツ」ワールドタイムソーラー電波時計の新作
  • 7
    ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展
  • 8
    今週末見るべき映画「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」
  • 9
    まばゆい「光の彫刻」に酔い知れる
  • 10
    HOTEL CLASKAで「ヒント日 展 見えない視線」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加