東京デザイナーズウィーク レポート第三弾

2007年 11月 9日 20:25 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 盛況のうちに閉幕した、東京デザイナーズウィーク。今年は例年よりも祝日が少なく、雨天にも見舞われたが、昨年を1万人以上越える85,298人(速報値)という来場者数を記録したという。そのメインコンテンツともいえる、100% design tokyoのレポート第三弾。今度はデザイナーが出展する、ユニークなプロダクトに注目してみた。

 これはフランス出身の建築家、エマニュエル・ムホーが発表した「stick chair」。


 厚さ90mmの透明アクリル板に、細い丸棒9本が様々な角度から突き刺さった椅子である。ちょっと危うく、アンバランスに見えるところが狙いだ。実は絶妙なバランスを保っていて、体重100kgまで耐えられる。今後は床に展示されているような、カラフルな丸棒のバリエーションも考えているとか。それが実現したら、とても楽しい椅子になる。


 デザインを手がけた、エマニュエル・ムホー。彼女が子どもの頃に遊んだスティック状の玩具(1本1本を崩さないように取って遊ぶ)に着想を得て、この椅子は生まれたのだとか。

 こちらはフェルトの世界!? といっても手芸ではなく、デザイナーの安藤健浩が考案した「フェルト・ユニット」。


 型抜きしたパーツを上下左右につなぎ合わせていくことで、自由自在に、面状のプロダクトをつくり出すという「シート・ユニット」シリーズである。

 特にフェルトは柔らかな質感であるうえ、普通の布と違って後処理が要らず、エッジがシャープであることから、インテリアに向いた素材として着目しているのだとか。パーティション、ラグマット、クッションカバー、照明シェードと、いろいろなものに活用できる。

 パーツは2種類あり、ひとつは円形に2つの耳と2つの差し込み穴がついた、クマの顔のような「CUMA」。この差し込み穴に、別のパーツの耳を通して、つなぎ合わせていく。


 もうひとつは先端が円形になった十字形の「CROSS」。先端の円と中央にはそれぞれ丸い穴が空いていて、同じく別のパーツの先端をそこに通していく。こちらは透けた状態の面になる。

Related article

  • リートフェルトのプロダクトのミニ展覧会が開催中
    リートフェルトのプロダクトのミニ展覧会が開催中
  • 「一生もの」の子供用家具、タイム アンド スタイルから
    「一生もの」の子供用家具、タイム アンド スタイルから
  • 深澤直人×老舗家具メーカー、マルニ木工 木のイスとテーブル
    深澤直人×老舗家具メーカー、マルニ木工 木のイスとテーブル
  • iPadに「すべて見せます、秋の東京デザイン祭り。」配信開始
    iPadに「すべて見せます、秋の東京デザイン祭り。」配信開始
  • カッシーナ・イクスシーが2008新作家具を発表
    カッシーナ・イクスシーが2008新作家具を発表
  • ヨーロッパスタイルのインテリアを身近に、「スーク」
    ヨーロッパスタイルのインテリアを身近に、「スーク」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2010、現地レポート
  • 2
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
  • 3
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • 4
    Wホテル台北 開業1周年はバレンタインデー、ホットでセレブなステイを約束するキャンペーン
  • 5
    Rhizomatiks Architecture×Salyu 1000人だけが体験できる1夜限りのシークレットイベント 『日田の山と川と光と音』 平成30年10月27日(土)
  • 6
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 7
    葉山にデザインホテル、SCAPESがオープン
  • 8
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」
  • 9
    フォルクスワーゲン・ザ・ビートルの新バリエーション「ザ・ビートル カブリオレ」
  • 10
    ザ・コンランショップの「買いやすい」新アイテム

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加