アキッレ・カスティリオーニ 自由の探求としてのデザイン

2008年 1月 9日 11:30 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 イタリアの巨匠、アキッレ・カスティリオーニ。日本に知られている彼の代表作品というと、トラクターの座面を使ったスツール「メッツァードロ」や、照明器具「アルコ」などだろうか。これらを眺める限りは、彼は突飛なアイデアを生み出すデザイナーという風にしか映らない。

 しかし実のところ徹底した合理主義者であり、モダニストだった! そんな“カスティリオーニ(兄弟)流”のデザイン思想が詳しく書かれた本が『アキッレ・カスティリオーニ 自由の探求としてのデザイン』である。

 まず、表紙の写真を見て欲しい。紛れもなく、トイレットペーパーの芯である。


 1989年のアスペン国際デザイン会議の際に、アキッレは細長い帯状の用紙に自作の図面をすべて載せて、それを入れる容器としてトイレットペーパーの芯を利用したという。これを聴衆へのプレゼントとして配った。トイレットペーパーの芯は安価であるうえ、長い紙を折らずに収納できるという面で、非常に優れた「プロジェクト」だと評価したのだ(本書より要約)。まるで日本古来の絵巻物を彷彿とさせるが…。

【生前、アッキレが愛用していた机。製図台を水平にして使っていた 撮影:多木陽介】

 これに象徴されるように、物資が不足する戦後の時代に「安価で有用な物」をつくることを、アキッレは自らの使命としたようだ。デザインとは装飾的な付け足しのことではない。物のフォルムと機能は常に結びついていなければならない。人間生活のある場面と直結していてこそ、物の存在動機はある。

 つまり物のフォルムとは最初に考えるものではなく、より無駄のない、よりシンプルな方向へと熟考されたうえで生まれ得るものだった。とはいえ無骨であってはならない。そのフォルムが詩的であることも彼は忘れなかった(本書より要約)。

【作業室の様子。各プロジェクトの図面などが収められた箱で、壁は埋め尽くされている。 撮影:多木陽介】

 例えば照明器具に関しても、アキッレは器具本体よりも照明効果を何より重視した。つまり「何を、どのように、どれだけ見たいか」を、照明を考える際の基準とした。しごく当たり前のことのようだが、それを明解に整理したうえで、建築空間における人工照明を考えたデザイナーは意外と少ない。彼曰く「デザインとはなるべく控えめな、見えないくらいの存在であるべき」だという(本書より要約)。

【カスティリオーニスタジオの風景。斜め45度に置かれた大鏡によって、まるで奥に書斎があるように映るが、実は右手に折れた突き当たりにある 撮影:多木陽介】

Related article

  • 正しい森づくりを more treesの取り組み(2)
    正しい森づくりを more treesの取り組み(2)
  • 村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
    村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
  • 東京モーターショー、人とクルマをつなぐ“カワイイ”デザイン
    東京モーターショー、人とクルマをつなぐ“カワイイ”デザイン
  • 新鮮なグラフィックデザインで「壁を装う」
    新鮮なグラフィックデザインで「壁を装う」
  • ムービー:9日から「銀座目利き百貨街」
    ムービー:9日から「銀座目利き百貨街」
  • 北イタリアの職人技とソニーデザインの融合
    北イタリアの職人技とソニーデザインの融合

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 2
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 3
    写真というメディアの可能性を考える展覧会
  • 4
    『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
  • 5
    今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
  • 6
    アクシスギャラリーで中山英之「小さくて大きな家」展
  • 7
    Interview:孤高の鬼才 デザイナー・秋元一彦氏が語る『ROSA RUGA』の気高き世界
  • 8
    ミラノサローネ2010、挑戦を忘れなかったモローゾ
  • 9
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」
  • 10
    マイナス5℃の極寒世界、銀座に「アイスバー東京」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加