偽装問題に揺れる今こそ「産地認証」の家具、ヒュケリ

2008年 1月 28日 09:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 作り手がわかる製品。これは今の時代、何か商品を購入するときの大きなフックとなっている。作家ものの器、産地のわかる野菜、デザイナーの服など…

 家具デザイナーの小林雅之が企画、デザインした家具「ヒュケリ」は、家具デザイナーが誰であるかわかるだけでなく、その家具をつくった職人、ひいてはそのための木材が採れた森までわかる、「産地認証」の家具だ。

【イージーチェア:スギ ¥59,800、ヒノキ ¥62,500】

 たとえば椅子。脚の裏にはシールが貼ってある。これは木材の産地認証を行う「森林NPO植林針葉樹産地認証協議会」が認定した産地認証だ。

【ダイニングチェア:スギ ¥43,800、ヒノキ ¥46,300】
【ノックダウン式ダイニングテーブル:スギ ¥83,500、ヒノキ ¥91,000】


 小林雅之はこう言う。

「木材流通はかなりいい加減で、産地、木材名などは間違っていることが多々あります。似ている材種がたくさんあって玄人でも見分けにくいということもあり、現在、流通している材が○○産の○○材だと書いてあっても、それが、どこかの時点で換算されたり、紛れたりするケースがあります。また安い材は産地や木材名が書いてなく、総称でホワイトウッド材などと書いてあることも多いです。と言うことは、木製品を購入している人は、産地や木材名を知らず、そして、知らず知らずの間に、違法伐採材を買って、森林破壊に繋がっている可能性があるということです。そこでヒュケリシリーズでは使う木材の産地や材種を明確にしているのです。」

 昨年は百貨店で中国製の家具がイタリア製と表記されて販売されたことが報道された。あらゆる分野で「偽装」が問題になっている今こそ、こんな点が付加価値になる。

Related article

  • 寝かせ玄米「結わえる」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(4)
    寝かせ玄米「結わえる」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(4)
  • フォトギャラリー:ニコライ・バーグマンの世界
    フォトギャラリー:ニコライ・バーグマンの世界
  • TDC20周年記念「33冊のブックと、77枚の絵はがき展」
    TDC20周年記念「33冊のブックと、77枚の絵はがき展」
  • 小型モーターを採用、ダイソンのハンディクリーナー「DC31」
    小型モーターを採用、ダイソンのハンディクリーナー「DC31」
  • 17世紀から現代まで一望 「ラグジュアリー:ファッションの欲望」
    17世紀から現代まで一望 「ラグジュアリー:ファッションの欲望」
  • オランダの人気デザイナー、ピート・ヘイン・イーク新作
    オランダの人気デザイナー、ピート・ヘイン・イーク新作

Prev & Next

Ranking

  • 1
    背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展
  • 2
    サンフランシスコの超人気店「TARTINE BAKERY」、ついに日本上陸
  • 3
    今週末見るべき映画「花の生涯 梅蘭芳」
  • 4
    Interview:三保谷友彦 「倉俣史朗を語る」
  • 5
    ジャズ名盤講座第36回「United Artists+Solid State編」United Artistsの魅力を味わう名盤9選!Solid Stateの魅力を味わう9選!
  • 6
    9月8日(土)~9月29日(土)  井上雄輔「Containers in Tokyo」展 開催
  • 7
    マカロン/マッターホーン by Tokyo的 男の手土産
  • 8
    アウディTTクーペの限定モデル「S-line limited」
  • 9
    実は日本では20年ぶり。喜多俊之デザイン展
  • 10
    キング・ジョージ(代官山)/TOKYO、厳選サンドイッチ(1)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加