偽装問題に揺れる今こそ「産地認証」の家具、ヒュケリ

2008年 1月 28日 09:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 作り手がわかる製品。これは今の時代、何か商品を購入するときの大きなフックとなっている。作家ものの器、産地のわかる野菜、デザイナーの服など…

 家具デザイナーの小林雅之が企画、デザインした家具「ヒュケリ」は、家具デザイナーが誰であるかわかるだけでなく、その家具をつくった職人、ひいてはそのための木材が採れた森までわかる、「産地認証」の家具だ。

【イージーチェア:スギ ¥59,800、ヒノキ ¥62,500】

 たとえば椅子。脚の裏にはシールが貼ってある。これは木材の産地認証を行う「森林NPO植林針葉樹産地認証協議会」が認定した産地認証だ。

【ダイニングチェア:スギ ¥43,800、ヒノキ ¥46,300】
【ノックダウン式ダイニングテーブル:スギ ¥83,500、ヒノキ ¥91,000】


 小林雅之はこう言う。

「木材流通はかなりいい加減で、産地、木材名などは間違っていることが多々あります。似ている材種がたくさんあって玄人でも見分けにくいということもあり、現在、流通している材が○○産の○○材だと書いてあっても、それが、どこかの時点で換算されたり、紛れたりするケースがあります。また安い材は産地や木材名が書いてなく、総称でホワイトウッド材などと書いてあることも多いです。と言うことは、木製品を購入している人は、産地や木材名を知らず、そして、知らず知らずの間に、違法伐採材を買って、森林破壊に繋がっている可能性があるということです。そこでヒュケリシリーズでは使う木材の産地や材種を明確にしているのです。」

 昨年は百貨店で中国製の家具がイタリア製と表記されて販売されたことが報道された。あらゆる分野で「偽装」が問題になっている今こそ、こんな点が付加価値になる。

Related article

  • 日本初となる「TENDER Co. TRESTLE SHOP」が期間限定オープン!
    日本初となる「TENDER Co. TRESTLE SHOP」が期間限定オープン!
  • 木々の姿がテーブルに。銀器のクリストフルから新作家具
    木々の姿がテーブルに。銀器のクリストフルから新作家具
  • 男の生活空間をテーマに「イセタン メンズ レジデンス」が誕生
    男の生活空間をテーマに「イセタン メンズ レジデンス」が誕生
  • 岡本太郎の「サイコロ椅子」復刻販売
    岡本太郎の「サイコロ椅子」復刻販売
  • イタリア・ミノッティ、改装オープンで見せる「超くつろぎ系」家具
    イタリア・ミノッティ、改装オープンで見せる「超くつろぎ系」家具
  • デザインを考える場「デザインイースト」 レポート
    デザインを考える場「デザインイースト」 レポート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 3
    今週末見るべき映画「シリア・モナムール」
  • 4
    村上隆個展「MURAKAMI VERSAILLES」が開幕
  • 5
    東京ソラマチに「ビーアグッドネイバー コーヒーキオスク」がオープン
  • 6
    “森づくり”を支援する「TOUCH-WOOD写真展」開催!
  • 7
    トヨタの新型FRスポーツカー「86」、東京モーターショー
  • 8
    ポートランド発! DIYの精神から生まれたクラフトビールグラス
  • 9
    The Tastemakers & Co.が提案する 「古くてあたらしいこれからの日用品」
  • 10
    パリにみる、ファッションルックの競演(1)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加