深澤直人×老舗家具メーカー、マルニ木工 木のイスとテーブル

2008年 1月 30日 18:15 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 広島の老舗家具メーカー、マルニ木工が2008年の新作コレクションを発表した。今年で創業80年となるマルニ木工は節目の年に相応しく、「工芸の工業化」をモットーとして培ってきた、高度な技術を生かした家具づくりに改めて挑んだ。そこで白羽の矢が立ったのが、プロダクトデザイナーの深澤直人である。


【ダイニングチェア¥55,000、ダイニングアームチェア¥70,000、ダイニングテーブル¥130,000】 撮影/川部米応(以下全て)


 「デザイナーの要望や思いだけでなく、技術者の経験や知識を取り入れてこそ、本当にいいものづくりはできる。それは讃岐うどんのコシのようなもの。」
とは、製品開発に際して語った深澤の言葉だ。

 現在、家具のデザインを先導しているのは欧州かもしれないが、製造技術に関しては世界のどこよりも日本が優れているという。数々の欧州メーカーで家具を発表してきた深澤だが、「優秀な職人とともに、日本でしっかりとものづくりをしたい」という思いから、今回のプロジェクトに携わることになった。

 それにしても、発表された新作には驚かされる。深澤が挑んだのは「トラディッショナルシリーズ」と名づけた、定番商品の“リファイン(リデザイン)”だったのだ。ひとつは、1968年に日本の洋家具史上、最大のヒットになったという「ベルサイユシリーズ」。当時は月産2500脚という、輝かしい記録を持っていたダイニングチェアだ。


 特徴は何と言っても、この猫足! オリジナルよりもずいぶん単純化されたというが、今までの深澤直人の作品からは予想もつかないデザインである。

Related article

  • ハイメ・アジョンのヴィヴィッドな家具が発売
    ハイメ・アジョンのヴィヴィッドな家具が発売
  • デザインタイドトーキョー タイドマーケットレポート
    デザインタイドトーキョー タイドマーケットレポート
  • ピエール・エルメ×マタリ・クラッセ、夢の調理器具
    ピエール・エルメ×マタリ・クラッセ、夢の調理器具
  • 吉岡徳仁監修、カルティエ特別展「Story of・・・」レポート
    吉岡徳仁監修、カルティエ特別展「Story of・・・」レポート
  • 全部入り50万円も、元旦から販売開始アマダナ福袋2009
    全部入り50万円も、元旦から販売開始アマダナ福袋2009
  • ミラノサローネ2010プレビュー、キヤノン「NEOREAL」
    ミラノサローネ2010プレビュー、キヤノン「NEOREAL」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:新型iPad・Apple TV、日本でも公開
  • 2
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 3
    今週末見るべき映画「世紀の光」
  • 4
    クレジットカードを1枚にまとめられるカードが登場
  • 5
    フォトギャラリー:カメラのついた「iPod touch」
  • 6
    今週末見るべき映画「地下鉄のザジ」
  • 7
    里山十帖(新潟・大沢山温泉)/美味しい宿、美味しい旅(3)
  • 8
    実は日本では20年ぶり。喜多俊之デザイン展
  • 9
    「eating + design:デザインにできること2」展
  • 10
    人は日々変わり続ける「トランスフォーメーション」展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加