あのマッシュルームスツールを輩出、天童木工コンクール

2008年 3月 10日 00:47 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 家具デザインのコンペというと一般にはなじみが薄いかもしれないが、日本の家具メーカーが主催してのコンペは、いろいろなところで開催され、新しい才能を発掘する場になっている。

 日本の家具の産地力やメーカーの技術力を生かすものが多く、たとえば北海道・旭川の「国際家具デザインコンペティション旭川」は世界から応募があり、注目されているコンペの一つ。富山県高岡市のクラフトコンペなども有名だ。

 山形に拠点をおく家具メーカーの天童木工も、前回から40年ぶりに「天童木工 家具デザインコンクール」を開催している。同社の自慢はなんといっても成形合板の技術。薄くスライスした木材に接着剤を塗り重ねて型にはめて加圧。さまざまな曲線を生み出しながら、機能とデザインを両立した家具の誕生に貢献してきた技術だ。柳宗理などの名作家具も天童木工の技術なくてはありえなかった。


「ムライスツール」
 今年も「成形合板による新しい家具」をテーマに広く参加を募る。前回は1000点近い応募があったという。

 40年前の審査員は剣持勇、渡辺力、長大作、丹下健三といった錚々たる顔ぶれ。当時このコンペで選ばれたデザイン「ムライスツール」「マッシュルームスツール」などは、いまなお使い続けられてニッポンデザインの礎をつくった。


「マッシュルームスツール」
 2008年度の審査員は、木の家具や家作りでは圧倒的な人気の中村好文、仙台を拠点に活躍する阿部仁史、ベテランの横河健、平倉直子など建築家を中心とした人選だ。「住まい」という器の中で家具はどう空間や暮らしを結んでいくか。プロダクト単体としての完成度だけでなく、そんな視点も求められそうだ。

天童木工|家具デザインコンクール2008

取材/本間美紀

関連サービス
デザインプロダクトエピソード「マッシュルームスツール」

Related article

  • パリの街角vol.6『エドヴィナ・ド・シャレット with シンスケ』
    パリの街角vol.6『エドヴィナ・ド・シャレット with シンスケ』
  • 安藤忠雄と北欧の名匠が完成させたドリームチェアとは?
    安藤忠雄と北欧の名匠が完成させたドリームチェアとは?
  • 大竹伸朗の直島銭湯「Iラブ湯」が誕生
    大竹伸朗の直島銭湯「Iラブ湯」が誕生
  • 極上のインテリアスタイリング、軽井沢で見れます、買えます。
    極上のインテリアスタイリング、軽井沢で見れます、買えます。
  • フォトギャラリー:フィリップ・スタルクがデザインしたHDD
    フォトギャラリー:フィリップ・スタルクがデザインしたHDD
  • 長山智美のムームー日記SP「おバカモノセレクション」1
    長山智美のムームー日記SP「おバカモノセレクション」1

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「ハイアット リージェンシー 東京」の新スイートルーム
  • 2
    注目の若手インテリアデザイナー、小林幹也の展覧会
  • 3
    未来のiida「iida and ALESSI」コンセプトモデル
  • 4
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 5
    リサ・ラーソン独占インタビュー!伊勢丹新宿店「リサ・ラーソン展」が明日から開催
  • 6
    今週末見るべき映画「帰ってきたヒトラー」
  • 7
    Interview:女優キタキマユ|無限大に進化する美しき女優魂
  • 8
    注目!カイカイキキ期待の新人、obの初個展
  • 9
    ジャズ名盤講座第30回「Concord編」ビギナー向け14選!マスター向け14選!
  • 10
    フォトギャラリー:「TENORI-ON(テノリオン)」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加