この夏の「アウトドアリビング」を先取り

2008年 3月 25日 00:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 屋外家具というと、何を思い出すだろうか?カフェ風の軽い椅子や、チークでできたアジア風の家具。そんな定番品が頭をよぎるだろう。しかし、最近はそんなイメージが様変わりしている。

 屋外家具の輸入で長く実績があるニチエスの田中夏子氏によると「軽い印象の椅子だけでははなく、テラスや庭にどっしりとした大きなソファ風の家具を置くのが、今後トレンドになってくるでしょう。アウトドアリビングがキーワードです。そして屋外家具はつねに耐久性との戦いで新素材の誕生が、アウトドアファニチャーのデザインの転機になってきました。特殊素材が開発されて、さまざまなデザインと提案ができるようになったのです」と言う。

 そのニチエスがいま推しているブランドがドイツの「デドン」。アウトドア用ソファの開発では世界でも先駆けで、特殊なポリエチレン素材で編まれた本体に、屋外パラソル用の生地でつくった背や座のクッションは、水が透過し速乾性があるため、雨が降っても出しっ放しでいい。耐候性も相当なものだと言う。その代表作のひとつが下のアウトドア用リビング家具。

【イン、ヤン】
各¥714,000 Designer/ニコラス・トムキンス

 イン、ヤンと名付けられた大きな寝椅子はなんと幅が約2m。360度回転する。




【ゾーファ ラウンジチェア】
¥231,000~399,000 Designer/ハリー&カミラ

 またフレームでふんわりと浮いたようなラウンジチェアは、そのまま室内のリビングにも似合いそう。前出の田中氏によると、庭に面したリビングにおいて、天気のいい日は外に出してみたり、デュアルな使い方もできるという。

 これまで屋外の家具というとどこか大味で、インテリア映えするものが少なかったが、これからのアウトドアファニチャーは、高いレベルのデザインでインテリア家具に肉薄する。

【マイオリ サンレノラウンジャー】
¥93,450

 また新素材も枚挙にいとまがない。たとえばこのラウンジャー、質感はまるで木。実はポリエチレン樹脂の押し出し素材で、表面を特殊処理で木のようなテクスチャーに仕上げている。自然の中になじみ、かつ抜群の耐久性を誇るのだ。

Related article

  • 名作椅子の隠れ家、hhstyle.com/Limitedがオープン
    名作椅子の隠れ家、hhstyle.com/Limitedがオープン
  • シトロエン新型C5、“ザハ”的なるデザインとは
    シトロエン新型C5、“ザハ”的なるデザインとは
  • Interview:「エスタブリッシュド&サンズ」セバスチャン・ロング
    Interview:「エスタブリッシュド&サンズ」セバスチャン・ロング
  • 紙にまつわるプロダクトと活版印刷、パピエ・ラボ
    紙にまつわるプロダクトと活版印刷、パピエ・ラボ
  • 4/27より深澤直人ディレクション チョコレート展
    4/27より深澤直人ディレクション チョコレート展
  • ジョブズ、「奇跡の15年」に感謝を込めて
    ジョブズ、「奇跡の15年」に感謝を込めて

Prev & Next

Ranking

  • 1
    <領域>を行き来する映像空間—さわひらき個展 Under the Box, Beyond the Bounds
  • 2
    ミラノサローネ2010、トピックス総まとめ「世界編」
  • 3
    ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
  • 4
    パージ:大統領令 【今週末見るべき映画】
  • 5
    イ・ブル展「この不条理な世界に抵抗したい」
  • 6
    福武ハウス 2010に気鋭の現代作家:瀬戸内国際芸術祭
  • 7
    第17回東京フィルメックス(2016) 見どころは キム・ギドク監督最新作も
  • 8
    最終日12/24までメイン会場の入場料が半額に!「水と土の芸術祭2012」
  • 9
    長山智美のムームー日記SP「ワタクシ的良かったもの」
  • 10
    フォトギャラリー: 日本橋三越  DESIGNTIDE TOKYO 2012

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加