この夏の「アウトドアリビング」を先取り

2008年 3月 25日 00:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 屋外家具というと、何を思い出すだろうか?カフェ風の軽い椅子や、チークでできたアジア風の家具。そんな定番品が頭をよぎるだろう。しかし、最近はそんなイメージが様変わりしている。

 屋外家具の輸入で長く実績があるニチエスの田中夏子氏によると「軽い印象の椅子だけでははなく、テラスや庭にどっしりとした大きなソファ風の家具を置くのが、今後トレンドになってくるでしょう。アウトドアリビングがキーワードです。そして屋外家具はつねに耐久性との戦いで新素材の誕生が、アウトドアファニチャーのデザインの転機になってきました。特殊素材が開発されて、さまざまなデザインと提案ができるようになったのです」と言う。

 そのニチエスがいま推しているブランドがドイツの「デドン」。アウトドア用ソファの開発では世界でも先駆けで、特殊なポリエチレン素材で編まれた本体に、屋外パラソル用の生地でつくった背や座のクッションは、水が透過し速乾性があるため、雨が降っても出しっ放しでいい。耐候性も相当なものだと言う。その代表作のひとつが下のアウトドア用リビング家具。

【イン、ヤン】
各¥714,000 Designer/ニコラス・トムキンス

 イン、ヤンと名付けられた大きな寝椅子はなんと幅が約2m。360度回転する。




【ゾーファ ラウンジチェア】
¥231,000~399,000 Designer/ハリー&カミラ

 またフレームでふんわりと浮いたようなラウンジチェアは、そのまま室内のリビングにも似合いそう。前出の田中氏によると、庭に面したリビングにおいて、天気のいい日は外に出してみたり、デュアルな使い方もできるという。

 これまで屋外の家具というとどこか大味で、インテリア映えするものが少なかったが、これからのアウトドアファニチャーは、高いレベルのデザインでインテリア家具に肉薄する。

【マイオリ サンレノラウンジャー】
¥93,450

 また新素材も枚挙にいとまがない。たとえばこのラウンジャー、質感はまるで木。実はポリエチレン樹脂の押し出し素材で、表面を特殊処理で木のようなテクスチャーに仕上げている。自然の中になじみ、かつ抜群の耐久性を誇るのだ。

Related article

  • ポルシェデザイン、男のための2500万円キッチン
    ポルシェデザイン、男のための2500万円キッチン
  • 大阪の le pur から、「新月のキッチン」がデビュー
    大阪の le pur から、「新月のキッチン」がデビュー
  • 本日から開催、イタリアのブランド雑貨「セレッティ」の限定エキジビション
    本日から開催、イタリアのブランド雑貨「セレッティ」の限定エキジビション
  • NARUMIの新ショップ「DIECI GINZA」がオープン
    NARUMIの新ショップ「DIECI GINZA」がオープン
  • 「キッチンに住む」~暮らしを集約するデザインキッチン
    「キッチンに住む」~暮らしを集約するデザインキッチン
  • Interview:五十嵐久枝 「倉俣史朗を語る」
    Interview:五十嵐久枝 「倉俣史朗を語る」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 2
    フォトギャラリー:iPadのような、新しいMacBook Air
  • 3
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 4
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス」
  • 5
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ新型「SLシリーズ」
  • 6
    フォトギャラリー:アウディ R8 5.2 FSIクワトロ
  • 7
    フォトギャラリー:MINIジョン・クーパー・ワークス仕様
  • 8
    フォトギャラリー:新型BMW7シリーズ発表会
  • 9
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 10
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加