スウェーデンデザインの巨匠、オーレ・エクセルとは?

2008年 3月 27日 15:10 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1950~60年代にグラフィックデザイナーとして世界中にその名を轟かせた、スウェーデンを代表するデザイナーのオーレ・エクセル(Olle Eksel 1918-2007)をご存知だろうか。

 2つの目玉のロゴマークがとても印象的な「マゼッティ社」のチョコレートのパッケージ<ココアアイズ>は、比較的知られているかも知れない。マゼッティはスウェーデンのチョコレートメーカーだ(現在は、ファッツェルというメーカーに吸収)。


 広告のグラフィックデザイナーとして活躍していたエクセルが、マゼッティと出会ったのは1956年。同社が企業CIのコンペをした時のことだった。世界中からの応募作品の中から、見事エクセルの案が採用。その後、マゼッティ社のすべてのデザインプログラムを任されることになったのだ。

 この2つの目は「品質の監視」を意味しているのだという。非常に強い印象で、一度見たら忘れない<ココアアイズ>は、その後スウェーデン中に広まり、子どもから大人まで知られる存在となった。

 今回、新たにそのオーレ・エクセルのグッズが発売されることになった。マゼッティ社の広告のために制作したパッケージのイラストを用いたカップ&ソーサーだ。(¥3,990)


 上の写真は表側。もともとは、1958年に発売された詰め合わせチョコレートのパッケージに使われていたもので、瓶に描かれている「Kirch med rom」とはラム入りキルシュ。「Brum Curacao」とはブラウンキュラソーのこと。愛らしく、でも分かりやすいイラストで中身がリキュール入りチョコレートだということを伝えている。ソーサーに描かれているのは「Korsbar」さくらんぼの意。ウィットに富み、非常に明快なイラストだ。

Related article

  • デザインタッチ2008レポート、注目はオークション
    デザインタッチ2008レポート、注目はオークション
  • 24日から「ネイチャー・センス展」が開幕
    24日から「ネイチャー・センス展」が開幕
  • ジュエリーデザイナー マルコム・ゲール|反骨精神が織り成すエレガンス|Interview
    ジュエリーデザイナー マルコム・ゲール|反骨精神が織り成すエレガンス|Interview
  • RFIDタグを付けた、アルテックのセカンドサイクル家具
    RFIDタグを付けた、アルテックのセカンドサイクル家具
  • クリエーターたちが結集、「銀座グランドホテル」オープン
    クリエーターたちが結集、「銀座グランドホテル」オープン
  • ハイメ・アジョンが巨大なチェスボードを発表
    ハイメ・アジョンが巨大なチェスボードを発表

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「プジョー3008」、デザイナーが語る新型クロスオーバーの魅力
  • 2
    「料理をデザインする」ルキ・ヒューバーのシリコンアイテム
  • 3
    トップデザインの新拠点、トーヨーキッチンスタイル東京
  • 4
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 5
    キュートな猫モチーフが随所に散りばめられたポール&ジョーのメイクコレクション
  • 6
    オバマ大統領の左腕に光る、ダイバーズ時計とは?
  • 7
    安藤忠雄と北欧の名匠が完成させたドリームチェアとは?
  • 8
    今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」
  • 9
    grafの考えるグラフィックとは?「感じる箱展」大阪で開催
  • 10
    フォトギャラリー:トヨタ 新型「プリウス」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加