スウェーデンデザインの巨匠、オーレ・エクセルとは?

2008年 3月 27日 15:10 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1950~60年代にグラフィックデザイナーとして世界中にその名を轟かせた、スウェーデンを代表するデザイナーのオーレ・エクセル(Olle Eksel 1918-2007)をご存知だろうか。

 2つの目玉のロゴマークがとても印象的な「マゼッティ社」のチョコレートのパッケージ<ココアアイズ>は、比較的知られているかも知れない。マゼッティはスウェーデンのチョコレートメーカーだ(現在は、ファッツェルというメーカーに吸収)。


 広告のグラフィックデザイナーとして活躍していたエクセルが、マゼッティと出会ったのは1956年。同社が企業CIのコンペをした時のことだった。世界中からの応募作品の中から、見事エクセルの案が採用。その後、マゼッティ社のすべてのデザインプログラムを任されることになったのだ。

 この2つの目は「品質の監視」を意味しているのだという。非常に強い印象で、一度見たら忘れない<ココアアイズ>は、その後スウェーデン中に広まり、子どもから大人まで知られる存在となった。

 今回、新たにそのオーレ・エクセルのグッズが発売されることになった。マゼッティ社の広告のために制作したパッケージのイラストを用いたカップ&ソーサーだ。(¥3,990)


 上の写真は表側。もともとは、1958年に発売された詰め合わせチョコレートのパッケージに使われていたもので、瓶に描かれている「Kirch med rom」とはラム入りキルシュ。「Brum Curacao」とはブラウンキュラソーのこと。愛らしく、でも分かりやすいイラストで中身がリキュール入りチョコレートだということを伝えている。ソーサーに描かれているのは「Korsbar」さくらんぼの意。ウィットに富み、非常に明快なイラストだ。

Related article

  • アマダナ ケータイ第2弾、HASYMOオリジナルサウンド
    アマダナ ケータイ第2弾、HASYMOオリジナルサウンド
  • キッチンに男が立つと。料理で変わる空間|Guys in the Kitchen#04
    キッチンに男が立つと。料理で変わる空間|Guys in the Kitchen#04
  • 28日まで開催中、恵比寿映像祭レポート(1) 「歌をさがして」
    28日まで開催中、恵比寿映像祭レポート(1) 「歌をさがして」
  • フォトギャラリー:「吉岡徳仁デザインによる、CAMPER旗艦店」
    フォトギャラリー:「吉岡徳仁デザインによる、CAMPER旗艦店」
  • フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(4)
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(4)
  • 三宅一生 「REALITY LAB 再生・再創造」展が開幕
    三宅一生 「REALITY LAB 再生・再創造」展が開幕

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
  • 2
    シワが気になる成熟肌のための、クリニーク新生セラムファンデーション
  • 3
    今週末見るべき映画「ゴダール・ソシアリスム」
  • 4
    深澤直人×老舗家具メーカー、マルニ木工 木のイスとテーブル
  • 5
    夢の一歩を踏み出した、“シンマイ”ファッションデザイナーたち
  • 6
    日本初、シャネルのスキンケアトリートメントブース
  • 7
    イタリアンデザインの変革を。300万以下のジュリエッタ 限定車登場
  • 8
    掃除ロボット・ファルティマ030で大掃除は楽してキレイに
  • 9
    フォトギャラリー:吉岡徳仁デザイン「iida X-RAY」
  • 10
    暑い夏の夜は、ナイトプールで遊んで涼をとる

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加