スウェーデンデザインの巨匠、オーレ・エクセルとは?

2008年 3月 27日 15:10 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1950~60年代にグラフィックデザイナーとして世界中にその名を轟かせた、スウェーデンを代表するデザイナーのオーレ・エクセル(Olle Eksel 1918-2007)をご存知だろうか。

 2つの目玉のロゴマークがとても印象的な「マゼッティ社」のチョコレートのパッケージ<ココアアイズ>は、比較的知られているかも知れない。マゼッティはスウェーデンのチョコレートメーカーだ(現在は、ファッツェルというメーカーに吸収)。


 広告のグラフィックデザイナーとして活躍していたエクセルが、マゼッティと出会ったのは1956年。同社が企業CIのコンペをした時のことだった。世界中からの応募作品の中から、見事エクセルの案が採用。その後、マゼッティ社のすべてのデザインプログラムを任されることになったのだ。

 この2つの目は「品質の監視」を意味しているのだという。非常に強い印象で、一度見たら忘れない<ココアアイズ>は、その後スウェーデン中に広まり、子どもから大人まで知られる存在となった。

 今回、新たにそのオーレ・エクセルのグッズが発売されることになった。マゼッティ社の広告のために制作したパッケージのイラストを用いたカップ&ソーサーだ。(¥3,990)


 上の写真は表側。もともとは、1958年に発売された詰め合わせチョコレートのパッケージに使われていたもので、瓶に描かれている「Kirch med rom」とはラム入りキルシュ。「Brum Curacao」とはブラウンキュラソーのこと。愛らしく、でも分かりやすいイラストで中身がリキュール入りチョコレートだということを伝えている。ソーサーに描かれているのは「Korsbar」さくらんぼの意。ウィットに富み、非常に明快なイラストだ。

Related article

  • 12人の現代建築家がデザインした12のカップ&ソーサー展
    12人の現代建築家がデザインした12のカップ&ソーサー展
  • 森田恭通がデザインする「トラベルシリーズ 」が登場
    森田恭通がデザインする「トラベルシリーズ 」が登場
  • 料理好きから熱い注目、コンパクトなドイツ製高機能オーブン
    料理好きから熱い注目、コンパクトなドイツ製高機能オーブン
  • 大阪・名古屋・東京、3都市横断のフィン・ユール展
    大阪・名古屋・東京、3都市横断のフィン・ユール展
  • ファミリア×鹿児島 睦|『器から飛び出す図案展』、27日より開催
    ファミリア×鹿児島 睦|『器から飛び出す図案展』、27日より開催
  • ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント

Prev & Next

Ranking

  • 1
    最新デザイナーズキッチン、ユーロクチーナ2010
  • 2
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 3
    コカ·コーラ|世界中で愛されているボトルが100周年。その歴史と進化を体感できるイベントを開催!
  • 4
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 5
    「つながり」を考えるアート、森美術館で開催中
  • 6
    20周年を迎えてなお進化するカトリーヌ・メミ
  • 7
    フォトギャラリー:「MINI クーパー コンバーチブル」
  • 8
    Interview:メイクアップアーティストMINA・この世は美の奔流。インスピレーションは無限
  • 9
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(1)
  • 10
    美しい湘南の海を目前に望む「佐島倶楽部」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加