いよいよ迫るミラノサローネ、吉岡徳仁の出品作とは?

2008年 4月 8日 15:44 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ4月16日から21日、今年もミラノサローネ(ミラノ国際家具見本市)が開催される。活躍が期待される日本人デザイナーの中でも、代表的な吉岡徳仁は、5社のメーカーより新作家具を発表する。中でも注目したい作品が、モローゾより発表されるラウンジチェア「ブーケ」だ。


 昨年10月には、ニューヨークのモローゾショールームにて、吉岡は約3万枚のティッシュを使ったインスタレーションを発表した。



 ふわふわと柔らかで、シルクのような美しさを持つティッシュを密集させて重ね合わせることにより、まるで雪景色のような不思議な世界をつくり出した。

 ちなみに2007年のミラノサローネでは、300万本もの透明なストローを重ね合わせて、雲を思わせる壮大なインスタレーションを発表している。そうした細かい組織や透明な素材が重なり合うことで生み出される現象を、吉岡は積極的にデザインの要素とする。

Related article

  • 60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • カガリユウスケ「100年の壁」が開催中
    カガリユウスケ「100年の壁」が開催中
  • 山中俊治ディレクション「骨」展
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中
    不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中
  • レザーアイテム「m+」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(3)
    レザーアイテム「m+」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(3)
  • 自然の美しさをシルバーとゴールドで表現した繊細ジュエリー
    自然の美しさをシルバーとゴールドで表現した繊細ジュエリー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」
  • 2
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 3
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 4
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 5
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 6
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 7
    今週末見るべき映画「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」
  • 8
    今週末見るべき映画「ゴーストライター」
  • 9
    岩井俊雄×YAMAHAのTENORI-ONが発売
  • 10
    ホンダ、伝説のスポーツカー「NSX」の新型プロトモデルを発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加