ルイス・ポールセンから久々の新作「フリント」

2008年 4月 9日 11:48 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルイス・ポールセンと言えば世界的に有名なデンマークの照明ブランド。とはいえ、その新作は数年に一度しか発表されず、その数もしぼられている。数も頻度も、むやみやたらと新作を出すようなことをせず、応用が効き、汎用性のあるデザインをじっくりと時間をかけて慎重に検討する。それがルイス・ポールセンという会社だ。そしてその新作はデンマーク国民から、国民的デザインとして熱く迎えられるのだという。

 2008年ついに待望の新作が発表に。それが「フリント」だ。若手デザイナーのクリスチャン・フリントと共同開発し、彼の名前が商品名になっている。



 外側にシリンダー型、内側はコーン型とシェードが二重になっていて、樹脂のコードが織物のように巻かれている。この二重のシェードとコードの立体感で、見る角度で異なる視覚効果を生み出す。


 日本ではペンダント2種とフロアランプが発売になる。ペンダントは¥71,400と¥134,400。フロアランプは¥117,600。

 過去にも日本のデザイナー内山章一の「エニグマ」、ルイス・キャンベルの「コラージュ」が発表になったが、いずれもすぐに世界中で愛用されるようになったデザインで、一つのデザインからペンダント、フロアライト、色や大きさのバリエーションなど、さまざまな発展形が生まれるのが特徴。そんな流れを考えるとこの「フリント」もデビューと同時に名作の仲間入りを果たしたともいえる。

お問い合わせ:タルジェッティ ポールセン ジャパン tel.03-3586-5341

Related article

  • 男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(2)
    男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(2)
  • 「ものすごい空洞を発見する」デザインタイドトーキョーの会場
    「ものすごい空洞を発見する」デザインタイドトーキョーの会場
  • アマダナ、春の新製品リリースラッシュ
    アマダナ、春の新製品リリースラッシュ
  • 建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
    建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
  • デジタル時代のバング&オルフセン「BeoSound 8」
    デジタル時代のバング&オルフセン「BeoSound 8」
  • ミラノサローネ―イタリアブランド3社をクイックルック
    ミラノサローネ―イタリアブランド3社をクイックルック

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ニッポンデザインを牽引「渡辺力さんの仕事」
  • 3
    今週末見るべき映画「her/世界でひとつの彼女」
  • 4
    ファッションで見る、実写版映画『ルパン三世』衣装展
  • 5
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 6
    今週末見るべき映画「ゴダール・ソシアリスム」
  • 7
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    ポルシェ911ファン必見。「ポルシェカフェ 青山」がオープン
  • 9
    ランボルギーニ、「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」を日本初披露
  • 10
    今週末見るべき映画「エスケイプ・フロム・トゥモロー」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加