日本の近代建築は美しい、建築家・村野藤吾の展覧会

2008年 7月 31日 21:47 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本の近代建築はなんと美しかったのだろうか。改めてそんな思いにさせてくれる展覧会が開かれる。それが8月2日から東京・汐留の松下電工 汐留ミュージアムで開催される「村野藤吾・建築とインテリア ひとをつくる空間の美学」だ。


模型でスタディする村野藤吾(写真提供/MURANO Design)


 村野藤吾は近代日本を支えた建築家として活躍。1929年、38歳のときに自身の事務所を立ち上げた。当時はまた戦前。街にはまだ日本の古い家屋が残り、生活文化も日本の伝統が色濃い、古き良き時代だった。この時代を肌身で知る人の建築は、日本の風景になじみ、尖ったところがない。本展ではそんな村野藤吾の世界を、建築、インテリア、彼の内面世界の3方向から読み解く。


重要文化財・世界平和記念聖堂/1953年(撮影:多比良敏雄 1953-1955年頃)


 第一部は建築家としての村野藤吾。戦前の作品(心斎橋そごうなど)から、新高輪プリンスホテル、日本生命日々谷ビル、重要文化財になった世界平和記念聖堂と代表的な15作例を図面や模型などで紹介する。

Related article

  • アマダナ ケータイ第2弾、HASYMOオリジナルサウンド
    アマダナ ケータイ第2弾、HASYMOオリジナルサウンド
  • 優れた手業が一同に、2008 CCJ クラフト見本市
    優れた手業が一同に、2008 CCJ クラフト見本市
  • hhstyle.comで緑のチャリティーオークション開催
    hhstyle.comで緑のチャリティーオークション開催
  • インテリアトレンドが動き出す、ケルン・メッセ国際家具見本市
    インテリアトレンドが動き出す、ケルン・メッセ国際家具見本市
  • 限定300脚「イームズシェルチェア in Pink」が発売
    限定300脚「イームズシェルチェア in Pink」が発売
  • 北欧のセンスと高い空気清浄能力|ブルーエア
    北欧のセンスと高い空気清浄能力|ブルーエア

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
  • 2
    シワが気になる成熟肌のための、クリニーク新生セラムファンデーション
  • 3
    第17回東京フィルメックス(2016) 見どころは キム・ギドク監督最新作も
  • 4
    レスリー・キー初めての写真展、27日まで
  • 5
    「ホテルオークラ東京」 大人のスイートバレンタイン
  • 6
    オープニングセレモニー、渋谷から表参道へお引越し
  • 7
    今週末見るべき映画「コマンダンテ」
  • 8
    想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
  • 9
    日本屈指の職人が一堂に会した、注文しなくてもいいビスポーク展
  • 10
    第一線で活躍するフォトグラファーたちがロモで撮影

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加