「60VISION」の軌跡をまとめたドキュメント

2008年 9月 30日 11:18 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 デザイナーとしての視点を持ちながら、リサイクルショップ「D&DEPARTMENT」を経営するナガオカケンメイ氏。さまざまな事業に精力的に取り組んでいることで知られるが、中でも注目が高いのは「60VISION」だろう。その活動内容を綴った著書『60VISION ロクマルビジョン 企業の原点を売り続けるブランディング』が美術出版社より発売された。


 60VISIONとは日本の老舗企業のものづくりの原点を見直し、廃番となった商品を復刻・再販売することで、新たなブランドを築き、ロングセラーを生み出していく事業。その原点とは1960年代にある、とナガオカ氏は考える。1960年代は、言わずもがな日本の高度経済成長期。大量生産の時代に突入し、工業製品を製造するためのデザインの基礎が磨かれた。国民の生活を豊かにする、普遍的な素晴らしいデザインがたくさん生まれた時代なのだ。

 60VISIONのきっかけとなったのは、愛知県の家具メーカー「カリモク家具販売」の椅子。それまで病院や官公庁向けに販売されていたものを、D&DEPARTMENTのカフェやショップで扱いたいとナガオカ氏は考えたのだ。木枠に黒のレザー張りクッションという、ごく普遍的なデザインでありながら、その椅子に高い価値や可能性を見出したナガオカ氏の審美眼には脱帽する。

 その後、D&DEPARTMENTで順調に売り上げを伸ばし、若い世代の間で一躍脚光を浴びる椅子となった。10年前にはおよそ考えられなかった現象である。これは後に「Kチェア」という名前が付けられ、60VISIONの代表的商品となった。

 もちろん物事は順風満帆に進んだわけではない。Kチェアの取り扱いに始まり、60VISIONの構想、ブランド作り、旧体制との闘い、新しい販売方法など、さまざまな試みがレポートされている。現在、60VISION には老舗企業12社が参加する。

 本書はナガオカ氏の目線だけでなく、各企業への綿密な取材も収録されている。その内容はベンチャービジネスの成功法として参考になるばかりでなく、ノンフィクションとしても十分に読み応えがある。またナガオカ氏の粘り強い行動と熱い意志には、勇気づけられること間違いないだろう。

『60VISION ロクマルビジョン 企業の原点を売り続けるブランディング』
 著:ナガオカケンメイ 発行:美術出版社 価格:¥2,730

文/杉江あこ

ナガオカケンメイ トークショー開催 - デザイナーズニュース | デザインの現場

Related article

  • 関係性をつくりだす場所と時 「デザインイースト 04 場への愛」
    関係性をつくりだす場所と時 「デザインイースト 04 場への愛」
  • 丸の内で欧州発「響 12年」をスタイリッシュに味わう
    丸の内で欧州発「響 12年」をスタイリッシュに味わう
  • 懐かしの4大少年マンガ誌でできた本棚
    懐かしの4大少年マンガ誌でできた本棚
  • grafの考えるグラフィックとは?「感じる箱展」大阪で開催
    grafの考えるグラフィックとは?「感じる箱展」大阪で開催
  • フィンランド発、アルテックとマリメッコの展覧会
    フィンランド発、アルテックとマリメッコの展覧会
  • パナソニックから「マッサージする家具」が発売
    パナソニックから「マッサージする家具」が発売

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 2
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 3
    お供バッグは小さく、機能的が決め手/コーチ、洗練のメンズアイテム(4)
  • 4
    今週末見るべき映画「預言者」
  • 5
    今週末見るべき映画「地球でいちばん幸せな場所」
  • 6
    あのクリエイターに今、ききたいこと。坪井浩尚さん/プロダクトデザイナー
  • 7
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 8
    錦織圭、闘魂の赤を語る。タグ・ホイヤーの日本限定モデル”Air-K”。
  • 9
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 10
    【特別インタビュー】美容室assort KEN KOBAYASHI × MOROCCANOIL

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加