カッシーナ・イクスシーが2008新作家具を発表

2008年 10月 16日 18:30 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・南青山のカッシーナ・イクスシー青山本店で、10月10日から13日まで「Cassina New Products Exhibition 2008」が開催された。フィリップ・スタルクによる大型ソファをはじめ、ピエロ・リッソーニ、ロドルフォ・ドルドーニなど気鋭のデザイナーたちによる新作が発表された。今回発表された新作は全17アイテム。なかでも注目したい新作をピックアップしてレビューしよう。

 まず、今回一番の目玉がこちらのスタルクによる多目的ソファ「PRIVE (プリヴェ)」。スタルク自ら「昼間はおばあさんがお茶を飲み、夜はカップルが親密に楽しむ」と語っているように、昼と夜、置かれる空間やシーンによってまったく異なる表情を生む印象的なソファ。


241 PRIVE sofa Designed by PHILIPPE STARCK ビックアイランド(W2020×D2000×H560×SH390)


 ちなみに、このシリーズの製造にあたっては、ボタンをつける機械もあらたに開発されたとか。最終的にはスーパーカーをつくるような高度な技術を集結してようやく実現した、カッシーナの技術の真骨頂を感じさせるシリーズともいえる。


1人掛(W1350×D1090×H820×SH390)サイドランプ(W340×D670)


 こちらも同じくスタルクによる新作。“情熱”を意味する「PASSION(パシオン)」と名付けられたアームチェア。肉感的なボディにすらりとのびた脚。異なるアイデンティティを共存させたチャーミングな椅子だ。


246 PASSION armchair Designed by PHILIPPE STARCK

Related article

  • ピエール・エルメ・パリ待望のフレーバー「アンヴィ」と新作
    ピエール・エルメ・パリ待望のフレーバー「アンヴィ」と新作
  • 著名シェフ総勢28名による「丸の内シェフズクラブ」が発足
    著名シェフ総勢28名による「丸の内シェフズクラブ」が発足
  • フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • Interview:江戸幸・勅使河原隆|“両面目立て”の腕、銅おろし金職人
    Interview:江戸幸・勅使河原隆|“両面目立て”の腕、銅おろし金職人
  • フォトギャラリー:吉岡徳仁「Stellar」 in ロンドン
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「Stellar」 in ロンドン
  • フリッツ・ハンセンの廃番オフィスチェアが復活
    フリッツ・ハンセンの廃番オフィスチェアが復活

Prev & Next

Ranking

  • 1
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 2
    あたらしいサイネージを。「インタラクティブ・クリエーション・キャンプ」成果発表展
  • 3
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
  • 4
    130人の渋い男が百花繚乱|写真集『JAPANESE DANDY』  
  • 5
    今週末見るべき映画「ラスト・タンゴ」
  • 6
    ミドルサイズのプレミアムSUV「アウディ Q5」発売
  • 7
    街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
  • 8
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(2)/第一回ヘンタイ美術館
  • 9
    特別上映は、中村登とフランスのジャン・グレミヨン―第14回東京フィルメックス
  • 10
    舞台「プルートゥ PLUTO」レビュー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加