クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」

2008年 10月 22日 22:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・池袋にある自由学園明日館講堂にて行われた、クリエイター主催による合同展示会「For Stockists Exhibition」。第一回目から比べると、倍以上に出展者が増えたという盛況ぶりである。今年は30組以上のクリエイターやメーカー、輸入雑貨店などが新商品を発表した。

 会場は、全国からバイヤーやプレス関係者が集まり(残念ながら一般客の入場はなし)、よくある業界団体の大規模な展示会にはない、独特な雰囲気の、しかしものすごい熱気に包まれた。気になったプロダクトを紹介しよう。

 中目黒にあるセレクト書店ユトレヒトのブースだ。少し見えにくいが、ピストバイクのフレームである。何故古書店が自転車のフレームを作ったのだろう…


 「EX LIBRIS(エクスリブリス)」という名のプロジェクトである。エクスリブリスとは、蔵書票の意。そう、この自転車フレームは、よく見ると分かるが、古いコミックを、特殊な技術でコラージュして加工しているのだ。これは、アーティスト土田忠昭の技術によって実現した。まったく視点の異なる方向での古紙再生である。(¥105,000)

 Bob Foundationによるペーパーブランド・Number62による、古書を用いた封筒とグリーティングカードのセット(¥315)。美しい本のページにシルクスクリーンで印刷を施し、手紙として機能できるのだ。



 コラージュアーティストの西舘朋央によるアクセサリー(¥18,000~)。すでに本かどうかも分からない形になっているが、ジュエリーゆえに鉱物図鑑の紙を使うというこだわりようである。



 すべての商品には「蔵書票」が添付され、そのプロダクトがどういった本から成り立っているかが分かるようになっている。その時点で、単なるモノにストーリーが付与されるというわけだ。逆も然りで、自分の思い入れのある本を持ち込んで、オリジナルの自転車フレームを作るなんてことも可能である。


 決して大量生産はできないだろうが、古書を断裁してトイレットペーパーにリサイクルするよりも、はるかに夢がある。本好きにはたまらないプロジェクトである。

Related article

  • タナカカツキによる、前人未踏のブルーレイ映像
    タナカカツキによる、前人未踏のブルーレイ映像
  • クリスマスにユーモラスなギフトを、アッシュコンセプト新作
    クリスマスにユーモラスなギフトを、アッシュコンセプト新作
  • 話題の東京ミッドタウン、注目したい空間と店舗
    話題の東京ミッドタウン、注目したい空間と店舗
  • フリッツ・ハンセンの新作チェアとキリムの展覧会
    フリッツ・ハンセンの新作チェアとキリムの展覧会
  • まずは王道ブランドから/ミラノデザインウィーク2014。極上のデザインを探しに(2)
    まずは王道ブランドから/ミラノデザインウィーク2014。極上のデザインを探しに(2)
  • デジタルライカの最高峰「ライカ M9 チタン」日本上陸
    デジタルライカの最高峰「ライカ M9 チタン」日本上陸

Prev & Next

Ranking

  • 1
    春の訪れを告げる、ロクシタン「ワイルドチェリーツリー」
  • 2
    ジャズ名盤講座第36回「United Artists+Solid State編」United Artistsの魅力を味わう名盤9選!Solid Stateの魅力を味わう9選!
  • 3
    今週末開催|みんなで描くまちの未来「Future Catalysts PLATZ vol.1」
  • 4
    ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開
  • 5
    フォトギャラリー:BMW 最新コンセプト
  • 6
    ポルシェがル・マンにかえった日/ポルシェ、その伝説と衝動(5)
  • 7
    ルイーズ・キャンベルとロイヤル コペンのコラボ食器
  • 8
    クラフトビールの新しい楽しみ方、スプリングバレーブルワリー
  • 9
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 10
    必要な分だけ沸かせる湯沸かし器「Miito」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加