クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」

2008年 10月 22日 22:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・池袋にある自由学園明日館講堂にて行われた、クリエイター主催による合同展示会「For Stockists Exhibition」。第一回目から比べると、倍以上に出展者が増えたという盛況ぶりである。今年は30組以上のクリエイターやメーカー、輸入雑貨店などが新商品を発表した。

 会場は、全国からバイヤーやプレス関係者が集まり(残念ながら一般客の入場はなし)、よくある業界団体の大規模な展示会にはない、独特な雰囲気の、しかしものすごい熱気に包まれた。気になったプロダクトを紹介しよう。

 中目黒にあるセレクト書店ユトレヒトのブースだ。少し見えにくいが、ピストバイクのフレームである。何故古書店が自転車のフレームを作ったのだろう…


 「EX LIBRIS(エクスリブリス)」という名のプロジェクトである。エクスリブリスとは、蔵書票の意。そう、この自転車フレームは、よく見ると分かるが、古いコミックを、特殊な技術でコラージュして加工しているのだ。これは、アーティスト土田忠昭の技術によって実現した。まったく視点の異なる方向での古紙再生である。(¥105,000)

 Bob Foundationによるペーパーブランド・Number62による、古書を用いた封筒とグリーティングカードのセット(¥315)。美しい本のページにシルクスクリーンで印刷を施し、手紙として機能できるのだ。



 コラージュアーティストの西舘朋央によるアクセサリー(¥18,000~)。すでに本かどうかも分からない形になっているが、ジュエリーゆえに鉱物図鑑の紙を使うというこだわりようである。



 すべての商品には「蔵書票」が添付され、そのプロダクトがどういった本から成り立っているかが分かるようになっている。その時点で、単なるモノにストーリーが付与されるというわけだ。逆も然りで、自分の思い入れのある本を持ち込んで、オリジナルの自転車フレームを作るなんてことも可能である。


 決して大量生産はできないだろうが、古書を断裁してトイレットペーパーにリサイクルするよりも、はるかに夢がある。本好きにはたまらないプロジェクトである。

Related article

  • 10月20日(土)、21日(日)に開催する『きつき大茶会』をクリエイティブユニット graf がプロデュース
    10月20日(土)、21日(日)に開催する『きつき大茶会』をクリエイティブユニット graf がプロデュース
  • 桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭
    桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭
  • 長山智美のムームー日記SP 香港編「Romance」展を独占公開!
    長山智美のムームー日記SP 香港編「Romance」展を独占公開!
  • 光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
    光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
  • 渡辺力氏の100歳記念「リキ モビール」
    渡辺力氏の100歳記念「リキ モビール」
  • 日常の価値観をゆるがす、西野 達のアート
    日常の価値観をゆるがす、西野 達のアート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    2018年9月22日(土)~23日(日)『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』開催
  • 2
    今週末見るべき映画「エル・ブリの秘密」
  • 3
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 4
    浅葉克己ディレクション「祈りの痕跡。」展
  • 5
    今週末見るべき映画「いつか眠りにつく前に」
  • 6
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
  • 7
    日本初お目見えのKIDSラインを携え、「KENZO BOX SHOP」が今年もGYREに登場
  • 8
    一瞬の情景を切り取る。 高性能コンパクトデジタルカメラ、ライカX2が登場
  • 9
    長山智美のムームー日記SP「おバカモノセレクション」1
  • 10
    正しい森づくりを more treesの取り組み(2)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加