クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」

2008年 10月 22日 22:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・池袋にある自由学園明日館講堂にて行われた、クリエイター主催による合同展示会「For Stockists Exhibition」。第一回目から比べると、倍以上に出展者が増えたという盛況ぶりである。今年は30組以上のクリエイターやメーカー、輸入雑貨店などが新商品を発表した。

 会場は、全国からバイヤーやプレス関係者が集まり(残念ながら一般客の入場はなし)、よくある業界団体の大規模な展示会にはない、独特な雰囲気の、しかしものすごい熱気に包まれた。気になったプロダクトを紹介しよう。

 中目黒にあるセレクト書店ユトレヒトのブースだ。少し見えにくいが、ピストバイクのフレームである。何故古書店が自転車のフレームを作ったのだろう…


 「EX LIBRIS(エクスリブリス)」という名のプロジェクトである。エクスリブリスとは、蔵書票の意。そう、この自転車フレームは、よく見ると分かるが、古いコミックを、特殊な技術でコラージュして加工しているのだ。これは、アーティスト土田忠昭の技術によって実現した。まったく視点の異なる方向での古紙再生である。(¥105,000)

 Bob Foundationによるペーパーブランド・Number62による、古書を用いた封筒とグリーティングカードのセット(¥315)。美しい本のページにシルクスクリーンで印刷を施し、手紙として機能できるのだ。



 コラージュアーティストの西舘朋央によるアクセサリー(¥18,000~)。すでに本かどうかも分からない形になっているが、ジュエリーゆえに鉱物図鑑の紙を使うというこだわりようである。



 すべての商品には「蔵書票」が添付され、そのプロダクトがどういった本から成り立っているかが分かるようになっている。その時点で、単なるモノにストーリーが付与されるというわけだ。逆も然りで、自分の思い入れのある本を持ち込んで、オリジナルの自転車フレームを作るなんてことも可能である。


 決して大量生産はできないだろうが、古書を断裁してトイレットペーパーにリサイクルするよりも、はるかに夢がある。本好きにはたまらないプロジェクトである。

Related article

  • オランダの人気デザイナー、ピート・ヘイン・イーク新作
    オランダの人気デザイナー、ピート・ヘイン・イーク新作
  • 「メゾン マルタン マルジェラ」インテリアデザインの新コンセプト
    「メゾン マルタン マルジェラ」インテリアデザインの新コンセプト
  • インタビュー:ピーター・マリゴールド「ポスト・フォッシル」
    インタビュー:ピーター・マリゴールド「ポスト・フォッシル」
  • 東京芸術大学で「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
    東京芸術大学で「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
  • 60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(1)
    60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(1)
  • ミラノサローネ2010プレビュー、ブルレック兄弟
    ミラノサローネ2010プレビュー、ブルレック兄弟

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
  • 2
    都市における新しい宿泊のカタチ「9h:ナインアワーズ展」
  • 3
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 4
    【レポート】第二回ヘンタイ美術館、「やりすぎバロック」編
  • 5
    今週末見るべき映画Part 1 「セデック・バレ」
  • 6
    今週末見るべき映画「ファンタスティック Mr.FOX」
  • 7
    カルティエLOVEシークレットライブから、動画
  • 8
    アマダナがポケットビデオカメラ「SAL」を発売
  • 9
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 10
    メディア・アートの歴史から今を読み解く「オープン・スペース」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加