『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

デザインタイドトーキョー タイドマーケットレポート

2008年 10月 31日 13:20 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年で4年目を迎えるデザインタイドトーキョー。今回はメイン会場を東京・六本木の東京ミッドタウン・ホールに移して開催中だ。中でも、会場一番奥の「タイドマーケット」にスポットを当てて紹介しよう。

 この「タイドマーケット」は、デザイナー自らが手がける作品を出店するマーケットで、メイン会場のミュージアムショップとして、一昨年から始まった企画だ。3年目を迎える今年は、厳選された11ブランドが出店している。全体を通して感じたキーワードは「ボタニカル」と「日常の温かみ」。

 「ボタニカル」の最右翼は、その名も「NEOGREEN」だ。植物と鉢のバランス、風景を第一に考えながら盆栽的手法で創られた“グリーンポット”が所狭しと並べられている。一番人気は、下の「ドングリ発芽観察ポット」。表面のドングリは観賞用だが、鉢の中に冷蔵処理したドングリ(マテバシイの種)が埋まっていて、水やりをすれば春には葉が出てくるという、夢のあるプロダクトだ。


左から、ドングリ発芽観察ポット(¥1,050)、アカマツ発芽観察ポット(¥1,050)

 さらに「ボタニカル」がキーワードとなるのは、「bonboog(ボンブーグ)」。SALCO(デザイナー/吉井智子)が手がける、ステーショナリーを中心とした雑貨ブランドだが、今回の出店は、まるで花屋の店先のよう! よく見ると、それらの植物に見えたものは、紙軸のボールペンのトップ部分に造花が付いているものだということがわかる。


各種ボタニカル・ペン(¥1,000~1,200/花や葉の種類によって値段が異なる。)。

 ボタニカルな絵柄が印象的だったのは「amabro」の絵皿。日本人が四季を大切にするように、デザインやアートを生活の一部として取り入れてほしいという想いから、さまざまなプロダクトを提案している。


「soil」 S/¥4,935 L/¥8,925

Related article

  • クリスマスにユーモラスなギフトを、アッシュコンセプト新作
    クリスマスにユーモラスなギフトを、アッシュコンセプト新作
  • オランダのデザイナー展「トレジャー・ハント:心を捉えるものは何?」
    オランダのデザイナー展「トレジャー・ハント:心を捉えるものは何?」
  • シャンパーニュメゾンとクリストフルの華麗なコラボ
    シャンパーニュメゾンとクリストフルの華麗なコラボ
  • 北欧ブランドに新しい波/ミラノデザインウィーク2014。極上のデザインを探しに(5)
    北欧ブランドに新しい波/ミラノデザインウィーク2014。極上のデザインを探しに(5)
  • 伝統技術を現代の視点でリデザイン/伝統という未来展
    伝統技術を現代の視点でリデザイン/伝統という未来展
  • ミラノサローネで発表のヤマギワ新作照明が東京に
    ミラノサローネで発表のヤマギワ新作照明が東京に

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 2
    若手書家の最新個展、華雪ノ展示『雨日』が開催中
  • 3
    ミラノサローネ2010、トピックス総まとめ「世界編」
  • 4
    今年最も行くべきエキシビション「the new market」
  • 5
    クルーズ新世紀(1)~船長インタビュー|ダイヤモンド・プリンセスの楽しみ方
  • 6
    今週末見るべき映画「雪の轍(わだち)」
  • 7
    建築家ピーター・マリノに聞く、エルメネジルド ゼニア 新宿店
  • 8
    4週間で肌質を変える美容液、アモーレパシフィック
  • 9
    お家で作る、大人のためのアイスキャンディー
  • 10
    プジョーがブランド創業200周年、記念モデルも

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加