ノールのラグジュアリーなテキスタイル

2008年 12月 5日 17:20 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファションとインテリア。この10年でぐっと密接に関係し始めた世界である。アルマーニやフェンディといったブランドがインテリアのラインを持つだけではなく、ファッションデザイナーが家具のデザインやインテリアテキスタイルのパターンを提供するというケースが増えている。

 そんな中、1938年に創業されたアメリカの家具ブランド・ノール社のテキスタイル部門が、ニューヨークの若手ファッションデザイナー「プロエンザ スクーラー」の手がけたテキスタイルを6種、発表する。


 ノール社はバウハウスの影響を受けながら、ハリー・ベルトイア、マルセル・ブロイヤーなど錚々たる顔ぶれがデザインを提供して、アメリカミッドモダンのデザインを担うメーカーに成長した。現在もモダンデザイン家具のトップメーカーの地位を守っている。今回、生地のコレクションを発表するのは、同社の生地部門のノールテキスタイル社が今年から展開する、新ブランド「ノールラックス」。

 一方で「プロエンザ スクーラー」は2003年にニューヨークコレクションにデビューしたばかりのファッション界の新星。日本でも注目が高まっている。

 インテリアのテキスタイルは「座る」という行動に即した耐久性が求められる。生地の糸の太さや織り方など、ファッションの繊細な生地とは違った条件がある。ファッションのセンスを生かしながら、インテリアの生地を開発するには、素材を越えた才能とセンスが求められる。

 ノール社のクリエイティブディレクターと「プロエンザ スクーラー」の二人はこの厳しい条件をクリア、パターンの大小の組み合わせ、色合い、素材感のコンビネーションを研究し、豊かな質感のドラマチックな生地を完成したという。

 Mepal(下写真)は今回のアイコン的なシリーズ。リネンとシルクによる生地で、ダークネイビー、ブラックをベースに、クールホワイト、ロイヤルパープル、エメラルドグリ—ンへ展開。

Related article

  • ミラノサローネ2015|Vol.1 代表ブランドの展示を直球レポート
    ミラノサローネ2015|Vol.1 代表ブランドの展示を直球レポート
  • 世界の新着・新作がヤマギワLIVINA本館に集結
    世界の新着・新作がヤマギワLIVINA本館に集結
  • フォトギャラリー:「アウディR8」ホワイトボディ・モデル
    フォトギャラリー:「アウディR8」ホワイトボディ・モデル
  • スウェーデン発、子どもの「暮らしをつくる」おもちゃ
    スウェーデン発、子どもの「暮らしをつくる」おもちゃ
  • 深まる秋、あらゆるシーンの洗練された装いに、「ランズエンド」
    深まる秋、あらゆるシーンの洗練された装いに、「ランズエンド」
  • フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(2)
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(2)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    デロンギのエスプレッソマシンがつなぐ、コーヒーのある豊かな生活
  • 2
    27日、一夜限りの「六本木アートナイト」開催
  • 3
    一見の価値あり!「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」
  • 4
    バッグの黄金比がここに。チセイというフィレンツェ発レーベル
  • 5
    アーティスト8組による“刺しゅう”の展覧会@東京都庭園美術館
  • 6
    多様な世界を等価に映し出す「アンドレアス・グルスキー展」
  • 7
    「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【前編】
  • 8
    スカイツリー内、伝統工芸ツリーの秘密。デザイナー橋本夕紀夫インタビュー
  • 9
    ノルウェーのニットブランド「アルネ&カルロス」
  • 10
    史上最もパワフルなCクラス

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加