行灯を重ねたような「和のシャンデリア」

2009年 1月 12日 00:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 現代生活の空間にシャンデリア。そんなインテリアが流行し出して、久しい。小ぶりで手頃なものから、ちょっとリュクスなものまで、照明のデザインを積極的に楽しむ人が増えた。

 そんな中、和の照明というと、いまだに「イサムノグチ風」のものが多い中、和のシャンデリアともいえる照明「カサネアンドン」が登場した。


¥294,000

 江戸時代からの行灯製作の技術を生かし、繊細な木組みに土佐の手すぎ和紙を貼って、ふんわりと積み木を重ねたような立体感が、シャンデリアのもつ多層的なイメージと重なる。


 印象的でボリューミーなのに、実際は意外とフラット(縦727mm×横967mm×厚み160mm)。広く浅めで天井面に光を押し広げるようなフォルムだ。灯りがついていない時も、空間のアクセントとなるデザインだ。

Related article

  • イタレッセからシャンパーニュを味わうための完璧なグラス
    イタレッセからシャンパーニュを味わうための完璧なグラス
  • 今年もインテリアの新作はドイツ・ケルンから
    今年もインテリアの新作はドイツ・ケルンから
  • 東京デザイナーズウィーク レポート第三弾
    東京デザイナーズウィーク レポート第三弾
  • フライターグ「リミテッド・アート・エディション・シリーズ」
    フライターグ「リミテッド・アート・エディション・シリーズ」
  • 東京モーターショー、人とクルマをつなぐ“カワイイ”デザイン
    東京モーターショー、人とクルマをつなぐ“カワイイ”デザイン
  • フォトギャラリー:「アウディR8」ホワイトボディ・モデル
    フォトギャラリー:「アウディR8」ホワイトボディ・モデル

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    限定100台、ランボルギーニ「アヴェンタドール・50 アニヴェルサリオ」
  • 3
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 4
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 5
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 6
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 7
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力
  • 8
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 9
    真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
  • 10
    濱田庄司の生誕120年記念展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加