目からウロコの発見、クラスカで「みやげもん展」

2009年 2月 24日 21:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・目黒のホテル、CLASKA(クラスカ)で、面白い展示が始まったと聞いて、さっそく見に行ってきた。その名も「みやげもん展」。雑誌ブルータスの巻末に掲載されていたその連載は、筆者の川端省吾が全国各地を練り歩き、その地方のみやげもんを手にし、サイドストーリーを語るというもの。

 単なる「かわいい~」という雑貨的な視点ではなく(もちろん見た目もセンスと愛嬌のあるものばかりがセレクトされてはいるが)、地方にまつわる歴史や言い伝えがユーモアあふれる口調で語られている点が興味深く、毎回楽しみにしていたものだ。

 今回の展示では、60回ほどの連載でたまったみやげもんに、さらにこの展覧会のために探したみやげもんを集めて、計100体(なんと数えるのだろうか)以上のみやげもんが、CLASKAギャラリー&ショップDO(ドー)に集結した。いくつか紹介しよう。

 こちらは、亀戸天満宮の鷽(うそ)。展示のシートにこう書いてあった。


 「日頃、知らず知らずのうちについてしまう“嘘”を、天神様が“誠”に替えてくれる神事『鷽替え』。“鷽(うそ)”とはスズメ目の鳥で、“嘘”とかけて、この鳥を象った木彫りを参拝者同士で交換し合います。」

 まさに「へぇ~」である。 天神様なんて何気なく行く場所だし、こういう木彫り像はきっと目にしているだろうが、このようなストーリーを改めて聞かされると、なんだか楽しい気分になってくる。

 写真の奥に写っているカーリーヘアの木彫りも、同じく鷽。太宰府天満宮のものだそうだ。

 こちらのこけしは、かのチャールズ&レイ・イームズの自邸(イームズハウス)のコレクションにもなっているという逸品。


 さらに、ブルーノ・タウトもこのこけしを買いに来たという。巨匠たちのおめがねにかなった意匠の美しさは、ぜひとも見て欲しい。ちなみにこのこけしは会場で購入も可能だ(¥3,675)。

Related article

  • 桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭
    桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭
  • 長山智美のムームー日記SP 香港編「Romance」展を独占公開!
    長山智美のムームー日記SP 香港編「Romance」展を独占公開!
  • 光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
    光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
  • 渡辺力氏の100歳記念「リキ モビール」
    渡辺力氏の100歳記念「リキ モビール」
  • 日常の価値観をゆるがす、西野 達のアート
    日常の価値観をゆるがす、西野 達のアート
  • ハイメ・アジョンが創る、
    ハイメ・アジョンが創る、"バスルームの精神性を取り戻す"洗面空間

Prev & Next

Ranking

  • 1
    2018年9月22日(土)~23日(日)『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』開催
  • 2
    今週末見るべき映画「エル・ブリの秘密」
  • 3
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 4
    浅葉克己ディレクション「祈りの痕跡。」展
  • 5
    今週末見るべき映画「いつか眠りにつく前に」
  • 6
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
  • 7
    日本初お目見えのKIDSラインを携え、「KENZO BOX SHOP」が今年もGYREに登場
  • 8
    一瞬の情景を切り取る。 高性能コンパクトデジタルカメラ、ライカX2が登場
  • 9
    長山智美のムームー日記SP「おバカモノセレクション」1
  • 10
    正しい森づくりを more treesの取り組み(2)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加