目からウロコの発見、クラスカで「みやげもん展」

2009年 2月 24日 21:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・目黒のホテル、CLASKA(クラスカ)で、面白い展示が始まったと聞いて、さっそく見に行ってきた。その名も「みやげもん展」。雑誌ブルータスの巻末に掲載されていたその連載は、筆者の川端省吾が全国各地を練り歩き、その地方のみやげもんを手にし、サイドストーリーを語るというもの。

 単なる「かわいい~」という雑貨的な視点ではなく(もちろん見た目もセンスと愛嬌のあるものばかりがセレクトされてはいるが)、地方にまつわる歴史や言い伝えがユーモアあふれる口調で語られている点が興味深く、毎回楽しみにしていたものだ。

 今回の展示では、60回ほどの連載でたまったみやげもんに、さらにこの展覧会のために探したみやげもんを集めて、計100体(なんと数えるのだろうか)以上のみやげもんが、CLASKAギャラリー&ショップDO(ドー)に集結した。いくつか紹介しよう。

 こちらは、亀戸天満宮の鷽(うそ)。展示のシートにこう書いてあった。


 「日頃、知らず知らずのうちについてしまう“嘘”を、天神様が“誠”に替えてくれる神事『鷽替え』。“鷽(うそ)”とはスズメ目の鳥で、“嘘”とかけて、この鳥を象った木彫りを参拝者同士で交換し合います。」

 まさに「へぇ~」である。 天神様なんて何気なく行く場所だし、こういう木彫り像はきっと目にしているだろうが、このようなストーリーを改めて聞かされると、なんだか楽しい気分になってくる。

 写真の奥に写っているカーリーヘアの木彫りも、同じく鷽。太宰府天満宮のものだそうだ。

 こちらのこけしは、かのチャールズ&レイ・イームズの自邸(イームズハウス)のコレクションにもなっているという逸品。


 さらに、ブルーノ・タウトもこのこけしを買いに来たという。巨匠たちのおめがねにかなった意匠の美しさは、ぜひとも見て欲しい。ちなみにこのこけしは会場で購入も可能だ(¥3,675)。

Related article

  • 大人可愛い、テーブル&キッチンウェア/ヨーロッパの美しい生活道具、最前線(1)
    大人可愛い、テーブル&キッチンウェア/ヨーロッパの美しい生活道具、最前線(1)
  • ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ
  • 渡辺力氏の100歳記念「リキ モビール」
    渡辺力氏の100歳記念「リキ モビール」
  • Beats by dr.dreが新生『studio』を発売
    Beats by dr.dreが新生『studio』を発売
  • ヤコブ・イェンセンデザインのヘッドセット
    ヤコブ・イェンセンデザインのヘッドセット
  • コンクリートをまとった香水「ロードゥ イッセイ プールオム」限定
    コンクリートをまとった香水「ロードゥ イッセイ プールオム」限定

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
  • 2
    大阪で初開催の「リビング&デザイン」展、会場レポート
  • 3
    ドイツのキッチン「ポーゲンポール」広尾にショールーム
  • 4
    テクノロジーが進化させる、おもちゃの世界/2014、最新テクノロジー(3)
  • 5
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 6
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(1)/第一回ヘンタイ美術館
  • 7
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 8
    フォトギャラリー:フェラーリ・フェスティバル2009(3)
  • 9
    今週末見るべき映画「ムード・インディゴ~うたかたの日々~」
  • 10
    ゲンズブールも愛した、レノマの新たなコレクション

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加