リビング・モティーフ「fresco 融けあう吹きガラスの色彩」

2009年 10月 7日 00:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・六本木のAXISビルにあるインテリアショップ「LIVING MOTIF」にて、「fresco ~融けあう吹きガラスの色彩~」が開催されている。20年以上に渡るガラス工芸技術の実績を持つ作家、辻野剛の個人工房から立ち上げられたブランド「fresco」の作品が一堂にそろい、展示販売が行われている。


 「空気を醸し、光を見せ、存在を意識させる。でも、静かに空間の中でその役割を果たす。ガラスはそんな存在であればいい」。ガラスを通じた人と人との関わりをもっとも大切に考えながら、暮らしの中で活用できるガラス作品を制作するという辻野。

 手仕事から生まれた、その独特の佇まいと繊細な色彩を持つ吹きガラスは、誰もが目を奪われるほどの魅力を放つ。例えば吹きガラスの成形技法を音に例え、内側から外側へ音が響いていくような「音の痕跡」を表情に取り入れた「hibiki(ヒビキ)」。

Related article

  • インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 寝かせ玄米「結わえる」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(4)
    寝かせ玄米「結わえる」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(4)
  • 夢の一歩を踏み出した、“シンマイ”ファッションデザイナーたち
    夢の一歩を踏み出した、“シンマイ”ファッションデザイナーたち
  • 次世代のグリーンスタイル、limbgreenが商品化
    次世代のグリーンスタイル、limbgreenが商品化
  • 不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中
    不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中
  •  ビブリオファイル Cruising 7月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 7月のおすすめ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    深夜までおいしい蕎麦が味わえる店「銀座 真田」
  • 3
    ブルガリ「ソロテンポ」に日本限定エントリーモデル
  • 4
    NY発、デザインコンシャスなコスメ「マリン&ゴッツ」
  • 5
    アレッシイ、2011年春夏コレクション
  • 6
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 7
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 8
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 9
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 10
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加