限られた住空間に寛ぎを、安積伸の「Banquette」

2009年 12月 1日 10:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロダクトデザイナー安積伸。ロンドンを拠点に家具からテーブルウエア、空間まで、特にジャンルは絞らずなんでもデザインする。なぜかと尋ねると「日常の疑問をすべて解決したいから」と。要は欲張りなのである。今回、発表したのは「Banquette」というシリーズ。

「ヒントになったのは、日本の『こたつ文化』なんです。冬になると家族全員がこたつの周りに集まって、鍋を囲んだり、みんなでテレビを見たり、時にはパソコンを使ったり…、といった具合になんでもその周辺ですましてしまう。その感覚です」と安積氏。

 リビングセットとダイニングセット。広さに余裕のある家だったら、もちろん両方置くのが望ましいのだと思うが、そうはいかない。そこで安積氏は、「リビングとダイニングを一緒にしてしまえ」と、ソファメーカーEsticのformaxブランドより、2つを組み合わせた「Banquette」という新しいスタイルを提案した。Banquetteとは、長椅子やベンチのようなものを指し、「宴会・祝宴」を意味するbanquetは、この語から派生した言葉。

 「Banquette」は、チェアとソファを両極に置いて、その距離感で3つのシリーズに分かれている。感覚がソファに近い順から、Bramley(ブラムリー)、Cox(コックス)、Gala(ガラ)。


 Bramleyは全体がファブリックで包み込まれており、いちばんソファの印象に近い。しかし、座ってみると座面は意外にも堅くしっかりしており、沈み込む感じはしない。座面の奥行きは深いので、ソファのようにどっかりと腰掛けることもできるし、ごろりと寝ころぶこともできる。


 Coxは中間タイプで、背に成形合板が入っており、チェアの印象に近くなる。Galaはいちばんダイニングに近いタイプ。しかし、座面の低さや深くとられた奥行きは、ゆったりとした印象を与える。

Related article

  • smegからFIATチンクエチェント型の冷蔵庫が登場
    smegからFIATチンクエチェント型の冷蔵庫が登場
  • リコー GR DIGITAL IIがiFデザイン賞を受賞
    リコー GR DIGITAL IIがiFデザイン賞を受賞
  • センプレで「手を動かして知る」デザイン
    センプレで「手を動かして知る」デザイン
  • 光のコンペイトウ、田中千尋「ライトクチュール」展
    光のコンペイトウ、田中千尋「ライトクチュール」展
  • テオ・ヤンセンが作る未来の生命、ビーチ・アニマルを見よ
    テオ・ヤンセンが作る未来の生命、ビーチ・アニマルを見よ
  • 佐藤可士和デザインのフレグランス、TOKYO BY KENZO
    佐藤可士和デザインのフレグランス、TOKYO BY KENZO

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 2
    ザハによる世界初の試み、ニール・バレット青山店
  • 3
    ショコラとSANSYO(山椒)のセンセーション
  • 4
    「D-BROS」が2013年カレンダーを販売開始
  • 5
    光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
  • 6
    この1冊で堪能する、「大人」のリアルなキッチンインテリア
  • 7
    ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 9
    新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
  • 10
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加