1699年創業の酒屋を形見一郎がモダンなバーに

2010年 1月 8日 00:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1699年に創業した東京の酒屋「橋和屋」。東京の池尻大橋、246号沿いにあり、戦火をくぐり抜けた瓦屋根の建物だった。その跡地に橋和屋が生まれ変わるかのようにオープンしたのが「Bar12」だ。


 テーマは「大人、男らしさ、遊び」。無垢材を多用した空間はオープン仕立てなのに、すでに何十年もの時が過ぎたかのように重厚。インテリアデザインを形見一郎氏が担当。照明に山口晋司氏、家具は佐々木一也氏が担当している。

 まず入ってすぐのエントランスアートに驚く。ぐにゃりと休んでいるかのような、木製の椅子が壁からぶら下がっている。これは日本在住のフランス人アーティスト、アンテ・ボジュノヴィック氏によるもの。「椅子だって休んでいる、あなたもさあリラックスして」というメッセージが込められているという。

Related article

  • ソウルで吉岡徳仁個展「Tokujin Yoshioka_SPECTRUM」
    ソウルで吉岡徳仁個展「Tokujin Yoshioka_SPECTRUM」
  • 長山智美のムームー日記SP「Salone ワタクシ的良かったもの」2
    長山智美のムームー日記SP「Salone ワタクシ的良かったもの」2
  • マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
    マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
  • 柴田文江デザインの温もりを感じさせるプロダクト
    柴田文江デザインの温もりを感じさせるプロダクト
  • 森田恭通がデザインする「トラベルシリーズ 」が登場
    森田恭通がデザインする「トラベルシリーズ 」が登場
  • フォトギャラリー:「±0 2009年秋の新製品」
    フォトギャラリー:「±0 2009年秋の新製品」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    エンドレス・ポエトリー 【今週末見るべき映画】
  • 2
    デザインタイド トーキョー現地速報レポート #3 TIDE Marketでお買い物
  • 3
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • 4
    ガーデニングからキッチンまで、オクソーの新作
  • 5
    建築家デイヴィッド・チッパーフィールドによるアレッシィ新作
  • 6
    アートバーゼル42 現地レポート
  • 7
    今週末見るべき映画「ハゲタカ」
  • 8
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 9
    今週末見るべき映画「カンパニー・メン」
  • 10
    雨の日は会えない、晴れた日は君を想う 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加