『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

名建築家の意外なアイテムも 「アーキテクトメイド」展

2010年 4月 9日 22:50 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 デンマークのアーキテクトメイド社は、1950年代から1960年にかけての北欧ミッドセンチュリー時代の小物を復刻製造する会社。

 ポール・ケアホルムやフィン・ユールなど、名建築家の作品も復刻。家具などで知られる彼らだが、こんな小物もデザインしていたの?というアイテムがそろう。日本でも有名デザインショップで多く取り扱われている。


 そんな同社の全作品と過去のヴィンテージ作品、そして当時の珍しいポスターを集めた展覧会が4月10日から開かれる。会場は東京・半蔵門の「ロゴバ デザイン・オン・ライフ 東京」。大規模なイベントは日本では初めてだ。

 たとえばこのシンプルなトレイ。フィン・ユールの1956年の作品だ。家具や建築であれだけの名作を残しながら、こんな小さなトレイをつくっていたというのが面白い。

ウッドトレイ

Related article

  • 東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
    東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
  • おなじみの渋谷駅が安藤建築に(2)
    おなじみの渋谷駅が安藤建築に(2)
  • ミラノサローネ2013<前編> 今年のポイントを聞く
    ミラノサローネ2013<前編> 今年のポイントを聞く
  • “これからの帽子”を提案。「KAMILAVKA(カミラフカ)」オープン
    “これからの帽子”を提案。「KAMILAVKA(カミラフカ)」オープン
  • ツヴィリング。世界最高峰の包丁は、ドイツと日本のハイブリッド
    ツヴィリング。世界最高峰の包丁は、ドイツと日本のハイブリッド
  • 日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)
    日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ボジョレーヌーヴォー解禁、新旬ワインと食の響宴
  • 3
    Marvelous Max Mara Tokyo 2013開催!
  • 4
    数値制御切削機を用いた木製筆記具、MACINARI(マキナリ)
  • 5
    伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
  • 6
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 7
    フランスで人気のチーズBEST6
  • 8
    マンダリン オリエンタル 香港に隠された、エクスクルーシブな空間
  • 9
    メルボルンの街並み/オーストラリアを旅する(2)
  • 10
    コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(前篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加