ミラノサローネ2010、パナソニック電工の「全体快適システム」

2010年 5月 18日 21:30 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 黒をベースにした空間に、ナチュラルブラウンのスリットが立ち並ぶ。照明やトイレやキッチン。一体ここは何を見せているのだろうか、と足を止めるひとも多かったに違いない。


 実はここ、パナソニック電工の展示会場「(standard)3(スタンダード3乗)−smart」。ミラノサローネではすっかり展示の常連となったパナソニック電工だが、今年は「モノを見せるのではなく、次世代のシステムを見せる」と新しい試みに挑んだ。テーマは「全体快適」。



 専業制の強い欧州の企業と違い、パナソニック電工のように住宅建材、家具や住宅設備、制御システム、電材と、一つのメーカーが幅広く商品や技術を持てることは世界的にも珍しい。さらにこれらをシステムでつなぐ技術も進化している。


 総合力をどう表現するかが、ミラノ出展における同社の深いテーマだった。これまで照明やキッチン、バスなど、製品カテゴリーで見せていたその哲学を今年は思い切って逆の発想に転じた。イタリア人デザイナー、マルティノ・ベルギンツ氏(下写真)が手がけた空間は「現代の洞窟」。ここに同社の10製品が散りばめるように展示されている。


 まず会場は、同社のエコ建材「ケナボード」で構成。CO2を吸収し、成長の早い植物ケナフで作られた構造用壁下地材だ。この荒々しい表情を空間デザインに生かしたのが、ベルギンツ氏のアイデア。吸湿性もすぐれたこのボードが空間の心地よさにも一役買うという。

Related article

  • ミラノサローネ2010プレビュー、スワロフスキー×吉岡徳仁
    ミラノサローネ2010プレビュー、スワロフスキー×吉岡徳仁
  • 名作、イームズファイバーグラスシェルチェア再発売
    名作、イームズファイバーグラスシェルチェア再発売
  • ミラノサローネ2010、カリモクの挑戦
    ミラノサローネ2010、カリモクの挑戦
  • 男のキッチンはビルトイン家電で決まる|Guys in the Kitchen#03
    男のキッチンはビルトイン家電で決まる|Guys in the Kitchen#03
  • 新たなるカルチャー発信拠点「TABLOID」
    新たなるカルチャー発信拠点「TABLOID」
  • ファミリア×鹿児島 睦|『器から飛び出す図案展』、27日より開催
    ファミリア×鹿児島 睦|『器から飛び出す図案展』、27日より開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
  • 2
    シワが気になる成熟肌のための、クリニーク新生セラムファンデーション
  • 3
    第17回東京フィルメックス(2016) 見どころは キム・ギドク監督最新作も
  • 4
    レスリー・キー初めての写真展、27日まで
  • 5
    「ホテルオークラ東京」 大人のスイートバレンタイン
  • 6
    オープニングセレモニー、渋谷から表参道へお引越し
  • 7
    今週末見るべき映画「コマンダンテ」
  • 8
    日本屈指の職人が一堂に会した、注文しなくてもいいビスポーク展
  • 9
    想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
  • 10
    第一線で活躍するフォトグラファーたちがロモで撮影

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加