ミラノサローネ2010、新デザイナーの起用 フレデリシア

2010年 5月 27日 00:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 デンマークのフレデリシア社といえば、巨匠ボーエ・モーエンセンの家具で世界的に知られる家具工房だ。その後は、ナンナ・ディッツェルなどのモダンなチェアなど、北欧モダンを牽引してきたメーカーでもある。

 そのフレデリシア社が今年のミラノサローネの会場では、新デザイナー起用に意欲的な姿勢を見せた。登場したのはアルフレッド・ハベリと安積伸。そして寄寓にも二人の新作には日本語の名前がつけられている。



 アルフレッド・ハベリ氏の新作は「AKI」。その名のとおり、日本語の秋から名づけられている。


 通常、いすは4本の足を持つが、これは90度の角度で組み合わせた板状の3本足で構成されている。


 「一見不安定に見えて、実はとても安定している。このひねりが僕のデザイン。また木材の使い方のセンスには多くのデンマークデザインの影響を受けていて、そのオマージュにもなっている」(アルフレッド・ハベリ氏)

 バックの中心には背骨のような板材がつらぬき、その両側をはりぐるむ。フレデリシア社の技術がなければ実現できないデザインで、布張りも革張りも可能だ。

Related article

  • 素材と向き合う職人が生んだ「寄せアクリルの箱」
    素材と向き合う職人が生んだ「寄せアクリルの箱」
  • パリにみる、ファッションルックの競演(3)
    パリにみる、ファッションルックの競演(3)
  • ロンドンから上陸、「生活と芸術 ― アーツ&クラフツ展」開催中
    ロンドンから上陸、「生活と芸術 ― アーツ&クラフツ展」開催中
  • 2本の紐で編み上げられた、革新的なスニーカー『UNEEK』
    2本の紐で編み上げられた、革新的なスニーカー『UNEEK』
  • 村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
    村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
  • マジス東京ショールームが青山でラウンチ
    マジス東京ショールームが青山でラウンチ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    限定100台、ランボルギーニ「アヴェンタドール・50 アニヴェルサリオ」
  • 3
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 4
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 5
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 6
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 7
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力
  • 8
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 9
    真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
  • 10
    濱田庄司の生誕120年記念展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加