光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」

2010年 11月 11日 22:00 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 天井から落ちる泡のようなガラスの照明。厚みのあるガラスの球の中に灯る輝き。そんなアーティスティックな照明が日本に到着した。初お目見えとなるブランド「ボッチ」だ。2005年にカナダのバンクーバーで誕生した、まだ若いブランドだ。発売はスタジオ ノイ。


 世界的にもフランクフルトの「ライト&ビルディング」(建築照明の見本市)、ミラノサローネ期間中に展示を行い、味わいのある光に足を止めた来場者も多かった。ボッチのデザイナーであり、クリエイティブディレクターでもあるオマー・アーベル氏が来日。製造秘話を聞くことができた。

オマー・アーベル氏

Related article

  • アルゼンチンのマルチクリエーター集団「Tramando」
    アルゼンチンのマルチクリエーター集団「Tramando」
  • 普遍と不変の違いとは
    普遍と不変の違いとは
  • 節電時代の救世主? 美しい扇風機「GreenFan2」
    節電時代の救世主? 美しい扇風機「GreenFan2」
  • 「TOKUJIN YOSHIOKA_Crystallize」展~吉岡徳仁氏に聞く
    「TOKUJIN YOSHIOKA_Crystallize」展~吉岡徳仁氏に聞く
  • アレッシィ新作が発表、ピエール・エルメとのコラボ
    アレッシィ新作が発表、ピエール・エルメとのコラボ
  • ニューヨーク発、ファブリックケアのための洗剤「ザ・ランドレス」
    ニューヨーク発、ファブリックケアのための洗剤「ザ・ランドレス」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 2
    ミラノサローネプレビュー、東芝「LED照明でアート」
  • 3
    今週末見るべき映画「ビッグ・アイズ」
  • 4
    希有な体験を生み出す光の空間|吉岡徳仁 ガラスの茶室-光庵
  • 5
    フランス、オーバドゥのサマーコレクション
  • 6
    表参道『GYRE』の魅力的な飲食店
  • 7
    瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭
  • 8
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 9
    東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
  • 10
    ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加