今年を締めくくるインテリア見本市にニッポンデザインを見た

2010年 11月 29日 19:45 Category : Interior

このエントリーをはてなブックマークに追加

 秋の東京デザインウィークから始まった、デザインのイベント。11月24日から26日には、東京ビッグサイトにてIFFT/インテリア ライフスタイル リビングが開催された。


 かつての東京国際家具見本市を母体とするフェアだけあって、日本の国産家具の充実ぶりは、国内の見本市でも最大規模。出展者数は314社、来場者数は約2万人。

 海外のデザイナーが活躍する10月のデザインイベントとの大きな違いは、美しい日本のデザイン、純国産家具、産地の特色、日本の技術を生かした商品が多いこと。当然スターデザイナーも小泉誠氏や村沢一晃氏といった産地直結型のデザイナーから、川上元美氏など、大御所まで顔を揃える。

 会場は「JQ」(ジャパンクオリティ)と称した国産家具のゾーン、モダン家具やデザイン雑貨のそろう「COOL」。そして特別企画のカフェ&バールスタイルをメインに展開された。見どころはやはり国産家具だ。

Related article

  • 素材と向き合う職人が生んだ「寄せアクリルの箱」
    素材と向き合う職人が生んだ「寄せアクリルの箱」
  • パリにみる、ファッションルックの競演(3)
    パリにみる、ファッションルックの競演(3)
  • ロンドンから上陸、「生活と芸術 ― アーツ&クラフツ展」開催中
    ロンドンから上陸、「生活と芸術 ― アーツ&クラフツ展」開催中
  • 2本の紐で編み上げられた、革新的なスニーカー『UNEEK』
    2本の紐で編み上げられた、革新的なスニーカー『UNEEK』
  • 村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
    村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
  • マジス東京ショールームが青山でラウンチ
    マジス東京ショールームが青山でラウンチ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    限定100台、ランボルギーニ「アヴェンタドール・50 アニヴェルサリオ」
  • 3
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 4
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 5
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 6
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 7
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力
  • 8
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 9
    真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
  • 10
    濱田庄司の生誕120年記念展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加