ロモに広角の新機種「LOMO LC-Wide」

2011年 5月 24日 14:33 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロモジャパンは19日、ロモグラフィーを代表するコンパクトカメラ、LOMO LC-Aのワイド版「LOMO LC-Wide」を発売した。最大の特徴は、超広角なレンズ、17mm Minigon 1 Lens(F4.5)を搭載した点。このレンズは、被写体に約40cmまで接近が可能で、広角レンズの弱点である「四隅の歪み」も少ない。しかし、ヴィヴィッドな発色や、写真の四隅が暗くなる、独特の「周辺光量落ち」の味わいは健在だ。

LOMO LC-Wide

 また、フォーマットも、超広角な通常のL判撮影フォーマット(フルフレームフォーマット)、真四角フォーマット(スクエアフォーマット)、ハーフフレームフォーマット(36枚撮りフィルムで最大72枚撮影可能)を使い分けることが可能だ。使用できるフィルムは、標準135(35mm)フィルム(カラーネガ、スライド、白黒)、価格は38,850円。

L判撮影フォーマット(36x24mm、フルフレームフォーマット)

Related article

  • アーヴィング・ペンと三宅一生の美しき視覚的対話
    アーヴィング・ペンと三宅一生の美しき視覚的対話
  • ケータイで芸術は可能なのか?ケータイ写真展
    ケータイで芸術は可能なのか?ケータイ写真展
  • 冷戦時代のストリートが主戦場、写真家・北島敬三展
    冷戦時代のストリートが主戦場、写真家・北島敬三展
  • フォトギャラリー:リコー GR DIGITALIII
    フォトギャラリー:リコー GR DIGITALIII
  • 世界で4店舗目の直営店「ライカ二子玉川店」オープン
    世界で4店舗目の直営店「ライカ二子玉川店」オープン
  • クリスマスに欲しい! ライカ最新3機種
    クリスマスに欲しい! ライカ最新3機種

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    今週末見るべき映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」
  • 3
    デザインプロダクト最新作-ドイツ「アンビエンテ」レポート【後編】 
  • 4
    ロータス・エリーゼの限定車「エリーゼ・クラブレーサー」
  • 5
    伊勢丹新宿店、新リビングフロアをさっそく分析
  • 6
    センプレで「手を動かして知る」デザイン
  • 7
    深澤直人とジャスパー・モリソンの、極上椅子
  • 8
    古代から愛されてきた、注目のビューティフード「モリンガ」
  • 9
    ボルボが放つ新世代コンパクトSUV「V40 クロスカントリー T5 AWD」
  • 10
    ショーメ × ソフィー・マルソー、官能のラブストーリー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加