『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

イベント・アート・食・歴史・文化を結ぶヨコハマまち歩き

2011年 10月 7日 10:45 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

 横浜ならではの「まち」の魅力・楽しさを発信するまち歩きサポートキャンペーン「OPEN YOKOHAMA 2011-イベント・アート・食・歴史・文化を結ぶヨコハマまち歩き-」が今年も開催中だ。

 現在10・11月に開催される約200ものイベント情報を網羅したガイドマップを市内9ヵ所のインフォメーションデスク等で配布しているが、同時期に開催中の「ヨコハマトリエンナーレ 2011」と合わせて、既に楽しんでいる方も多いかもしれない。「OPEN YOKOHAMA 2011」期間中は週末を中心にさまざまなイベントが目白押し。この秋にオススメのイベントをピックアップ!

 まずご紹介したいのは、本日7日(金)から9日(土)にかけて行われる「スマートイルミネーション横浜」。これは、最新のエネルギー技術と都市観光とアートの融合を目指すアートプロジェクト。震災後、さらに注目される省エネ技術を活用しながら、国際的に活躍する7組のアーティストを中心に、これまで見たことのないような新しい夜景を各所に創りだす試みだ。

 目玉となるのは、藤本隆行氏+Rhizomatiks(真鍋大度氏、石橋素氏)3名のアーティストがコラボレーションする「The Organic Nucleus/有機中芯的「象の鼻」」。象の鼻テラスの内部と屋上に設置したLED照明で、テラス全体が輝くランドマークとなる、ダイナミックな演出が見ものだ。

高橋匡太《ひかりの実》(C)Kyota Takahashi

 さらに、アーティスト・髙橋匡太氏による「ひかりの実」プロジェクト(上写真)も要チェック。「ひかりの実」とは、丸い実が描かれた果物栽培用の紙袋でLED電球の光を包み、それを樹木に取り付けて「ひかりの樹」をつくりあげるという試み。髙橋匡太氏が指導してくれる「ひかりの実」ワークショップ(場所:象の鼻テラス/日時:10月8日 18:00〜 ※17:45 受付開始/参加費:500円)もあるので、興味のある方はぜひ参加してみよう。

スマートイルミネーション横浜 省エネ技術とアートでつくる「もう一つの横浜夜景」
10月7日(金)〜9日(日)18:00〜23:00 ※雨天決行(場所により一部変更の可能性有)
会場:象の鼻テラス、象の鼻パーク、山下公園(水の階段、世界の広場 ほか)、横浜人形の家ミュージアムショップ、横浜マリンタワー、元町ショッピングストリート、日本大通り(ZAIM ほか)、横浜海岸教会、シルクセンター国際貿易観光会館、神奈川県庁本庁舎、横浜税関、横浜市開港記念会館、スターバックス コーヒー 横浜元町店、スターバックス コーヒー 横浜公園店

Related article

  • 28日まで「鈴木康広展 まばたきにご注意ください」
    28日まで「鈴木康広展 まばたきにご注意ください」
  • 北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • やさしい風を持ち運ぶ バルミューダから「GreenFan mIni」が登場
    やさしい風を持ち運ぶ バルミューダから「GreenFan mIni」が登場
  • インタビュー:ピーター・マリゴールド「ポスト・フォッシル」
    インタビュー:ピーター・マリゴールド「ポスト・フォッシル」
  • 三宅一生の新たな挑戦、「REALITY LAB 再生・再創造」展
    三宅一生の新たな挑戦、「REALITY LAB 再生・再創造」展
  • クリエイターズカンファレンス「PUBLIC/IMAGE.METHOD」
    クリエイターズカンファレンス「PUBLIC/IMAGE.METHOD」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ボジョレーヌーヴォー解禁、新旬ワインと食の響宴
  • 3
    Marvelous Max Mara Tokyo 2013開催!
  • 4
    数値制御切削機を用いた木製筆記具、MACINARI(マキナリ)
  • 5
    伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
  • 6
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 7
    フランスで人気のチーズBEST6
  • 8
    マンダリン オリエンタル 香港に隠された、エクスクルーシブな空間
  • 9
    メルボルンの街並み/オーストラリアを旅する(2)
  • 10
    コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(前篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加