「僕たちは、何のために働くのか」―元スターバックスCEOが教える働く理由

2012年 10月 31日 12:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日々の業務に追われ、毎日を過ごしているけれど、「これでいいのだろうか」なんて思いが頭をよぎったことがないだろうか。

 『ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由』(アスコム)で問いかけているのは、「人はなぜ働くのか」「人は何のために働くのか」という根源的なテーマ。著者は、英国自然派化粧品ブランド「ザ・ボディショップ」を運営するイオンフォレストの代表取締役社長、「スターバックスコーヒージャパン」のCEOを務めてきた岩田松雄さん。

 『ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由』は、岩田さんがミッション(使命)を強く意識するようになったザ・ボディショップ、スタバ時代での経験談を交えながら、読者に「何のために働くのか」を自発的に考え、「自分のミッション」を構築するヒントを与えてくれる一冊だ。「会社員をしていると、”社内事情”や上司の意見、クライアントの好みばかりを意識しているうちに、自分の仕事に価値や誇りを見出せなくなってしまうことがありますよね。俺って何のために働いているんだろう……と。若い頃に抱いていた”志”がいつしか失われてしまう。そういう方たちに読んでもらえるとうれしいですね」と版元のアスコム編集長の黒川精一さん。大きなミッションは、人々の期待を大きく超えて、深い感動を呼び、社会を好転させる。本書では、ザ・ボディショップやスタバの企業ミッションを紹介しながらも、ミッションは会社レベルのみならず、個人レベルで持つことも必要と問うている。

「なぜスターバックスは長居する客を追い出さないのか」
スタバに対する客のクレームで一番多いのは、「せっかく来たのに混んでいて座れない」といったものなのだという。ところが、スタバでは、基本的に、長居して仕事や勉強などの“作業”をしている人たちを追い出さない。
それはスタバが、「おいしいコーヒーと居心地のよい環境を提供することを通じて、『人々の心に活力と栄養を与える』こと」をミッションに掲げているため。ザ・ボディショップのミッションは「社会と環境の変革を追及し、事業を行うこと」。どちらも自社の商品を売ることを第一にしていない。

本書いわく、「学生でも、ビジネスパーソンでも、スターバックスに来たお客様が、リラックスできたり(活力を得る)、賢くなったり(栄養をとる)すれば、それでいい。それは確実に世の中のためになっていることだから」というスタンスなのだ。そういった顧客の多くが熱いファンとなり、このスタンスに共感する人も増え、結果として、長期的に十分なリターンも得られるようになるのだという。実際、岩田さんのスタバ就任時の2010年度には、過去最高となる1016億円の売上高を達成している。

「大きな愛を持って、大きく期待を超えていく」
「お客様を満足させるとか、ニーズを満たすとか、そんな目標では、人々を感動させることができません。大きな愛を持って、大きく期待を超えていかなければなりません」と本書。岩田さんが実際に「期待をはるかに超えた」感動体験として紹介されているエピソードたちは度肝を抜かれるレベル。「MKタクシー」の運転手さんの先回りしたおもてなし精神や、老舗旅館「加賀屋」の仲居さんが走り出してまでお見送りするシーンは「ここまでするなんて!」と笑ってしまうほど。また、岩田さんがスタバCEO時代に、プライベートで店舗を訪れたときの店員の絶妙な距離感の対応などもグッとくる。

Related article

  • ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
  • 本というプロダクトを堪能する、原研哉展が吉祥寺で
    本というプロダクトを堪能する、原研哉展が吉祥寺で
  • ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ
  • Daytonaが創刊20周年、所さんと歩んだ楽しい歴史
    Daytonaが創刊20周年、所さんと歩んだ楽しい歴史
  • ビブリオファイル Cruising 4月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 4月のおすすめ
  • 「ミシュランガイド」京都・大阪版が発売開始。7軒が3つ星に
    「ミシュランガイド」京都・大阪版が発売開始。7軒が3つ星に

Prev & Next

Ranking

  • 1
    刀剣における日本の伝統美を映し出す職人技 日本橋三越本店で河内國平個展「光=映=日本刀」
  • 2
    ムーンライト 【今週末見るべき映画】
  • 3
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
  • 4
    今週末見るべき映画「ミックマック」
  • 5
    柴田文江デザイン「ZUTTO」に新色
  • 6
    フィンランドを代表する、サンテリ・トゥオリ日本初個展
  • 7
    ル・コルビュジエが愛したランプ、復刻される
  • 8
    京都の新しい過ごし方。「京都 一加」で着物を誂える京都の旅を。
  • 9
    食堂おさか/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(3)
  • 10
    和室に合う北欧デザイン家具「ブルーノ・マットソン」新作

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加