米国No.1のエネルギーバー「CLIF BAR」ついに日本初上陸!

2013年 2月 19日 08:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国のエネルギーバー市場でNo.1のシェアを誇る「CLIF BAR(クリフバー)」。米国ではスーパーマーケットやカフェ、スポーツショップなどいたるところで出会うことができるこのエネルギーバーがついに日本初上陸。2月14日(木)より発売が開始された。

「CLIF BAR」が誕生した背景にはユニークなストーリーがある。1990年、パン職人であり、競技スポーツ選手でもあるゲイリー・エリクソンが、カリフォルニア州で約280キロのサイクリングに出かけた際、長距離のライドの最中に栄養補給をするため入手したエネルギーバーがどれも甘くてスティッキー(べとべと)なものばかりであることについに嫌気がさし、その思いは自身が空腹が極限に達した時にマックスに。手に入らないのであれば自分でなんとかおいしく栄養補給できるエネルギーバーを作るしかない!と開発を思い立ったのだそう。

 その後はパン職人の腕を活かし試行錯誤を重ねた末に、押しオーツ麦やフルーツ、ナッツなど、可能な限り有機にこだわった自然素材を独自のレシピで組み合わせたエネルギーバーを開発。炭水化物、タンパク質、食物繊維をバランス良く含むだけでなく、1本のエネルギーバーでも長時間の運動を持続するエネルギーを筋肉に補給することができる「CLIF BAR」が誕生した。市場で売り出したところ、アスリートたちなどの間でじわじわと反響が広がり、発売から約20年で市場シェアNo.1の売上を達成。運動競技やワークアウトなどに積極的に取り組むアクティブな米国人たちのライフスタイルにおいて、いまや欠かせないアイテムにもなっている。

Related article

  • フランス・ボルドー最新レポート(1)「新しいボルドー」
    フランス・ボルドー最新レポート(1)「新しいボルドー」
  • POLAから新設計ヘアマスク、イデアスタイル
    POLAから新設計ヘアマスク、イデアスタイル
  • 都市における新しい宿泊のカタチ「9h:ナインアワーズ展」
    都市における新しい宿泊のカタチ「9h:ナインアワーズ展」
  • 「メイド・イン・カッシーナ」展、6月7日まで開催中
    「メイド・イン・カッシーナ」展、6月7日まで開催中
  • ミラノサローネ 隈 研吾スペシャルインタビュー
    ミラノサローネ 隈 研吾スペシャルインタビュー
  • ソウルで吉岡徳仁個展「Tokujin Yoshioka_SPECTRUM」
    ソウルで吉岡徳仁個展「Tokujin Yoshioka_SPECTRUM」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    エンドレス・ポエトリー 【今週末見るべき映画】
  • 2
    伝統と革新のマスターブレンダー、コリン・スコット氏|Interview
  • 3
    空冷水平対向6気筒の伝説/ポルシェ、その伝説と衝動(1)
  • 4
    今週末見るべき映画「永遠のヨギー ヨガをめぐる奇跡の旅」
  • 5
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 6
    現代アート作品が誕生する瞬間に立ちあう。サイモン・フジワラ「The Problem of the Rock」
  • 7
    棚田康司展 日本古来の木彫技法「一木造り」
  • 8
    カンヌ・レポート4:カンヌとフランス映画、そして並行部門「監督週間」と「批評家週間」
  • 9
    日本橋三越本店でこの秋を彩る
  • 10
    「ジャン=ポール・エヴァン」から、年末年始彩る新作が続々

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加