日本橋大伝馬町に新たなカフェレストラン、「Rensa」オープン

2013年 6月 21日 17:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

 400年以上の歴史を持つ江戸最古の町の一つ、日本橋大伝馬町。かつて着物のショールームとして使われていた築50年のビルの一階がリノベートされ、カフェレストランとして生まれ変わった。名前は「Rensa(レンサ)」。

 この新しいカフェレストランは’「たべること」はつながること’がコンセプト。人が育てたいきものを、人が収穫し、人が運び、人が料理を考え、人が調理をし、人が配膳し、そして食べる人の元へ届けられる。このような一連のプロセスが、人が食べ物を口にするまでに存在する。そうしたつながり、すなわち連鎖(Rensa)を大切にしたいという理由からこのようなコンセプトが生まれたのだ。

 そのコンセプトを体現するため、素材にこだわり、料理にも工夫を加えているという。そのためレンサでは、日本各地のこだわり産地米、自社農園や提携農家で収穫した新鮮な野菜をふんだんに用いた料理、原材料や製法などに特徴のあるお酒が楽しめる。フードディレクターには南風食堂で知られる三原寛子を迎えた。

 また空間づくりにも工夫がなされている。かつては江戸の町人文化を牽引する一大交易・商業地帯であった日本橋大伝馬町という立地、リノベーションならではの建物の雰囲気、店内の温かみのあるインテリア全てがレンサの世界観を物語っている。クリエイティブディレクションは東泉一郎が担当した。

Related article

  • ペリエ ジュエのポップアップバーが期間限定でオープン
    ペリエ ジュエのポップアップバーが期間限定でオープン
  • ベルギービールウィークエンド、今年は7都市で開催
    ベルギービールウィークエンド、今年は7都市で開催
  • トロワグロ1周年を記念してミッシェル・トロワグロ氏が来日
    トロワグロ1周年を記念してミッシェル・トロワグロ氏が来日
  • 毎年6月第1木曜日は、アペリティフの日
    毎年6月第1木曜日は、アペリティフの日
  • 自由が丘に誕生した大人のための食堂「BLUE BOOKS cafe 自由が丘」
    自由が丘に誕生した大人のための食堂「BLUE BOOKS cafe 自由が丘」
  • ジャン=ポール・エヴァンで「アペロ」を楽しむ
    ジャン=ポール・エヴァンで「アペロ」を楽しむ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「アルファ ロメオ・ジュリエッタ」が日本初公開
  • 2
    サロン・デュ・ショコラ 2015|おすすめショコラ
  • 3
    福武ハウス 2010に気鋭の現代作家:瀬戸内国際芸術祭
  • 4
    トゥーランドット 臥龍居/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(2)
  • 5
    ジャズ名盤講座第3回「ブルーノートPart3(4100~4423番)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 6
    紙製品の新ブランド「No.62」
  • 7
    今週末見るべき映画「郊遊<ピクニック>」
  • 8
    難解にみえて、着手を選ばない服―エムズ ブラック
  • 9
    世界の「いれもの」が大集合! コンランの「CASE STUDY」
  • 10
    渋谷に岡本太郎の遺伝子を継ぐアートが集結!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加