食堂おさか/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(3)

2014年 3月 10日 10:32 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

店内には、先に触れた本枯節のことを説明する紙が貼ってある。そこには“しっかり日本のごはん!”という力強い言葉とともに、“時間のあるときはぜひご家庭でも出汁を作ってみてください”とのひと言も書かれていた。鰹節で出汁を取る家庭は年々、減っているともいわれる現状を、やっぱり、しーちゃんは憂えているのだ。

家庭的な雰囲気で居心地の良い店内。深夜営業もしているため、仕事を終えた飲食店関係者の熱い支持も得ている。

「店を始めたときから、ずっと心掛けてきたのは家に帰ったとき、ホッとした気持ちで食べられる、ちゃんとしたごはん。なるべく、こだわり過ぎず、けど、ちょっと気を遣ったごはんを提供する。それは、これからも続けていきたい」。

えぼ鯛定食¥1,220。定食には手作りの豆腐、やまやの明太子のほか、その日の小鉢も付く。定食にはそのほか、あじ干物¥1,170、さんまみりん干し¥1,170、金目鯛¥1,350などもあり、早朝5時から7時までは、品数を絞ってリーズナブルに提供する朝定食¥870〜もある。

酢もつ¥520、鶏の照焼¥630。実はお酒も大好きなしーちゃん。そのためか、作る肴は酒の進む味。こうしたつまみで一杯やる常連が少なくないというのもうなずける。

Related article

  • パリの人気店が銀座に!「レストラン ドミニク・ブシェ」ついにオープン
    パリの人気店が銀座に!「レストラン ドミニク・ブシェ」ついにオープン
  • 若者の地元離れを防ぐ!四万十でプロジェクトチームが始動
    若者の地元離れを防ぐ!四万十でプロジェクトチームが始動
  • 特別なシャンパーニュと料理を堪能できるリュクスな一夜
    特別なシャンパーニュと料理を堪能できるリュクスな一夜
  • ウィンターギフトの新提案、「クリスマスハンパー」とは?
    ウィンターギフトの新提案、「クリスマスハンパー」とは?
  • 新潟・越後妻有アートトリエンナーレの「泊まれる」作品たち(新潟・十日町)/日本を巡る、アートな旅(2)
    新潟・越後妻有アートトリエンナーレの「泊まれる」作品たち(新潟・十日町)/日本を巡る、アートな旅(2)
  • ツイードのアトリエ、ルサージュ/シャネルとツイード、その世界(4)
    ツイードのアトリエ、ルサージュ/シャネルとツイード、その世界(4)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    時を経た植物の美しさ。叢(くさむら)小田康平氏インタビュー
  • 2
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 3
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 4
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築
  • 5
    今週末見るべき映画「ストックホルムでワルツを」
  • 6
    Think Open! ザ・ビートル カブリオレのクリエイターズスタイル
  • 7
    吉岡徳仁氏受賞、20日からメゾン・エ・オブジェ2012
  • 8
    Zoff amadanaと初のコラボレーション『Zoff ×amadana PCメガネ』
  • 9
    円と直線が生み出す本質。固定観念に挑み続ける表現者、高橋理子
  • 10
    ノーベル賞受賞成分EGFを上回る、FGF-1配合美容液

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加