吉柳/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(4)

2014年 3月 10日 10:31 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しい日々のなかで軽んじられることも多い朝食。しかし、そんな朝食に意義を見出し、早い時間から頑なに営業を続けるレストランや食堂がある。そこには、朝食に対する料理人や店主、女将の思いやりが詰まっている。都内で珠玉の朝食を提供する5軒を厳選。1日の大切な活力を生む朝食を、今日もきちんといただきましょう。

#04.24時間営業を貫く、居酒屋のチームワークが育んだモーニングカレー/吉柳

24時間、店を閉めることなく営業する。大手チェーンなら、よくある話かもしれない。しかし、恵比寿『吉柳』は個人のオーナーが営む居酒屋。界隈に勤めるクリエイターにとって、この店はよく知られた存在で、いつでもやっているという安心感から、はしご酒の終着点となることも。スタッフのひとりで早朝から店に入る、愛称 “親方”さんが言う。

「もう外は明るいのに、飲んでる人で座敷がいっぱいってことも結構、あります(笑)」。

ビルの2階にあって、不思議と落ち着く店内。隠れ家のような雰囲気も愛される理由のひとつ。

吉柳はオーナーが始めた屋台が起源。20年ほど前、現在の場所に店を構え、今では複数のスタッフが交代しながら24時間、回している。モーニングメニューの提供は朝6時から11時。全品、高くても500円までという破格の値段で提供しており、それ目当てにやってくる出勤前のサラリーマンの姿も。その後は夕方5時までがランチタイムとなり、以降は徐々に呑み屋へとシフトしていく。

朝食を摂る人も含めて終日、最もオーダーの多い名物が何と、カレー。夜なら例えば、「グリーンカレー」など、味もスタイルも異なるカレーを複数、用意している。朝、提供されるモーニングカレーは「スパイスチキン」で500円。

モーニングカレーより、スパイスチキン¥500。名の通り、スパイスが複雑に香ってしっかりと辛い、奥の深い味わい。モーニングメニューのカレーライスには平皿のスパイスチキン、丼の親方カレーという2種があり、どちらも¥500。ともに、お冷や代わりのアールグレイがついてくる。

Related article

  • 1粒3,000円、限定100個の黒トリュフ入りショコラ
    1粒3,000円、限定100個の黒トリュフ入りショコラ
  • スパークリングワイン入り、大人のパンケーキを「スラッピーケークス」で
    スパークリングワイン入り、大人のパンケーキを「スラッピーケークス」で
  • 2013年夏。究極贅沢な“ドン ペリニヨン”のかき氷
    2013年夏。究極贅沢な“ドン ペリニヨン”のかき氷
  • 雲の上のラムを味わう。「サカパ モヒート ラウンジ」開催
    雲の上のラムを味わう。「サカパ モヒート ラウンジ」開催
  • Interview:クリスチャン・カンプリニ|誰かの喜びを作りだす喜び
    Interview:クリスチャン・カンプリニ|誰かの喜びを作りだす喜び
  • ADF+TSUJI 2007年度プログラム開始
    ADF+TSUJI 2007年度プログラム開始

Prev & Next

Ranking

  • 1
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 2
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 3
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 4
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 5
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 6
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 7
    iPad、販売台数200万台を突破
  • 8
    レイバンの名作が、ミッドセンチュリー色にパワーアップ
  • 9
    アルフレッド ダンヒル 銀座本店がオープン
  • 10
    アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネが日本国内に

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加