見えてきた現実と理想/コーヒーにこだわる(2)

2014年 5月 26日 07:59 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝、目覚めて一杯、出勤して一杯、打ち合わせでまたもう一杯。今や日常生活から切り離せない存在となっているコーヒー。そんなコーヒーに魅せられ、本物のコーヒーを追求し続ける人物がいる。コーヒーハンターの異名を持つ、川島良彰氏だ。“本当”を多くの人は知らないと断言する、川島氏と彼が率いるミカフェートの取り組みに迫った。

#2.見えてきた現実と理想

現在、ミカフェートが取引する生産国/地域は、グァテマラ、エル・サルバドル、パナマ、コロンビア、ペルー、ジャマイカ、タンザニア、ハワイ。昨年は年間133日も海外にいた川島氏だが、あまりにも生産地のことが知られていない日本のコーヒー業界の実状に危機感を抱いている。

「日本のコーヒーって、例えば、スペシャリティコーヒーの店に行くと、ある国の何とか地方の、何とか農園のコーヒーって形で売られていますが、その農園で収穫される、すべてのコーヒーが美味しいわけではないんです。ものスゴく美味しいものもあれば、マズいものもある。コーヒーは農作物。同じ農園の中でも、当然いろんな品質のコーヒーができてくる。それは陽当たりや風当たり、降雨量でも変わるし、土壌によっても変わってくる」。


自分が辿り着いた良い農園のコーヒーの中でも一級、二級のコーヒーがある。その事実を伝えようと川島氏が生み出したブランドが『グラン クリュ カフェ』と『プルミエクリュ カフェ』。命名は特級畑と一級畑でランク付けするブルゴーニュのワインにならっている。

Grand Cru Cafe(グラン クリュ カフェ)

Premier Cru Cafe(プルミエ クリュ カフェ)

「グラン クリュ カフェとして扱われるコーヒーは全体の0.3%ぐらいで、プルミエクリュでも、大体、2%ぐらい。良いコーヒーって、そんなに穫れないものなんですよ」。

良い豆ができただけで良いコーヒーになる、話はそう簡単ではなく、栽培以上に大切なのはプレパレーションだという。これを徹底することで、最高のコーヒーは生まれるのだ。

Related article

  • 代官山にてポルシェにふける/ポルシェ、その伝説と衝動(4)
    代官山にてポルシェにふける/ポルシェ、その伝説と衝動(4)
  • ベネッセハウス(香川・直島)/日本を巡る、アートな旅(1)
    ベネッセハウス(香川・直島)/日本を巡る、アートな旅(1)
  • IZAMESHI|おいしい長期保存食で、日常もアウトドアも楽しむ
    IZAMESHI|おいしい長期保存食で、日常もアウトドアも楽しむ
  • smegからFIATチンクエチェント型の冷蔵庫が登場
    smegからFIATチンクエチェント型の冷蔵庫が登場
  • 天童木工の名作チェアに座って、ヴァイオリンの生演奏を
    天童木工の名作チェアに座って、ヴァイオリンの生演奏を
  • ツイードのアトリエ、ルサージュ/シャネルとツイード、その世界(4)
    ツイードのアトリエ、ルサージュ/シャネルとツイード、その世界(4)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    伊勢丹新宿店、新リビングフロアをさっそく分析
  • 2
    2019年1月5日(土)~3月28日(木)「ソフィ カルー限局性激痛」原美術館コレクションより
  • 3
    「ル・コフレ・ドゥ・クーフゥ」 ひねりの効いたクリスマスケーキ
  • 4
    どんな天気でも中身を守ってくれる財布「bellroy」
  • 5
    伝統技巧とデザインの融合、飛騨春慶×日本デザインコミッティー
  • 6
    アカデミー賞8部門受賞「スラムドッグ$ミリオネア」
  • 7
    ヌード!ヌード!ヌード!篠山紀信がビルジャック
  • 8
    パス・ザ・バトンで、商品の裏側を知る―「NEWSED」のショップが限定オープン
  • 9
    瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭
  • 10
    キッチンに男が立つと。料理で変わる空間|Guys in the Kitchen#04

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加