見えてきた現実と理想/コーヒーにこだわる(2)

2014年 5月 26日 07:59 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝、目覚めて一杯、出勤して一杯、打ち合わせでまたもう一杯。今や日常生活から切り離せない存在となっているコーヒー。そんなコーヒーに魅せられ、本物のコーヒーを追求し続ける人物がいる。コーヒーハンターの異名を持つ、川島良彰氏だ。“本当”を多くの人は知らないと断言する、川島氏と彼が率いるミカフェートの取り組みに迫った。

#2.見えてきた現実と理想

現在、ミカフェートが取引する生産国/地域は、グァテマラ、エル・サルバドル、パナマ、コロンビア、ペルー、ジャマイカ、タンザニア、ハワイ。昨年は年間133日も海外にいた川島氏だが、あまりにも生産地のことが知られていない日本のコーヒー業界の実状に危機感を抱いている。

「日本のコーヒーって、例えば、スペシャリティコーヒーの店に行くと、ある国の何とか地方の、何とか農園のコーヒーって形で売られていますが、その農園で収穫される、すべてのコーヒーが美味しいわけではないんです。ものスゴく美味しいものもあれば、マズいものもある。コーヒーは農作物。同じ農園の中でも、当然いろんな品質のコーヒーができてくる。それは陽当たりや風当たり、降雨量でも変わるし、土壌によっても変わってくる」。


自分が辿り着いた良い農園のコーヒーの中でも一級、二級のコーヒーがある。その事実を伝えようと川島氏が生み出したブランドが『グラン クリュ カフェ』と『プルミエクリュ カフェ』。命名は特級畑と一級畑でランク付けするブルゴーニュのワインにならっている。

Grand Cru Cafe(グラン クリュ カフェ)

Premier Cru Cafe(プルミエ クリュ カフェ)

「グラン クリュ カフェとして扱われるコーヒーは全体の0.3%ぐらいで、プルミエクリュでも、大体、2%ぐらい。良いコーヒーって、そんなに穫れないものなんですよ」。

良い豆ができただけで良いコーヒーになる、話はそう簡単ではなく、栽培以上に大切なのはプレパレーションだという。これを徹底することで、最高のコーヒーは生まれるのだ。

Related article

  • 表参道「ストップオーバー・トーキョー」でひと休み
    表参道「ストップオーバー・トーキョー」でひと休み
  • アラミス ラボ シリーズ|メンズコスメ、真夏のビューティ指南(1)
    アラミス ラボ シリーズ|メンズコスメ、真夏のビューティ指南(1)
  • 高層階からの絶景もご馳走! 大阪の新食空間
    高層階からの絶景もご馳走! 大阪の新食空間
  • DIESEL LIVING、初のテーブルウェアが登場
    DIESEL LIVING、初のテーブルウェアが登場
  • 人生における必要なこと、充実した旅|キャセイパシフィック航空|モルディブ
    人生における必要なこと、充実した旅|キャセイパシフィック航空|モルディブ
  • リビング・モティーフが選ぶ「ポータブルライト」
    リビング・モティーフが選ぶ「ポータブルライト」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:iPadのような、新しいMacBook Air
  • 2
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 3
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 4
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス」
  • 5
    フォトギャラリー:アウディ R8 5.2 FSIクワトロ
  • 6
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 7
    ミラノサローネ2009 現地レポート(3) トップブランド新作
  • 8
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ新型「SLシリーズ」
  • 9
    フォトギャラリー:MINIジョン・クーパー・ワークス仕様
  • 10
    フォトギャラリー:フェラーリ「599XX」日本初公開

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加