カンヌ・レポート2:「ある視点」。カンヌ映画祭コンペティション以外の部門について

2014年 5月 20日 12:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回カンヌ映画祭のコンペ部門について、今年のラインナップと映画祭の会長ジル・ジャコブ氏との縁や、厳選されたセレクション、コンペに選ばれるだけで映画人にとっては名誉であることについて触れた。
※関連記事:「カンヌ国際映画祭開幕。『カンヌ』とはいったい何なのか」

カンヌにはコンペ以外の部門もあって、まず注目されるのは1978年にジャコブが創設した「ある視点」部門だ。ここには、新人監督による作品やキャリアある作家の野心的な作品が並ぶ。非コンペながらもコンペとは別の審査員が組織され、部門賞も授与される。黒沢清監督の『トウキョウソナタ』は2008年の受賞作だ。

©FDC/L. Fauquembergue

そのほか、日本でも公開された作品では、2011年はキム・ギドクの『アリラン』、昨年はリティ・パニュの『消えた画 クメール・ルージュの真実』(7月5日公開)などどれも独創的なタイトルばかりだ。

今年はキャリア5作目となる「MOMMY」でコンペ最年少監督(25歳)として選出されたグザヴィエ・ドランは、2010年に第2作の『胸騒ぎの恋人』で、2012年は次作『わたしはロランス』と2作続けてある視点部門で上映され一躍注目を浴びた経緯がある(よって今年コンペで受賞するかと注目するメディアも多い)。

また『ブンミおじさんの森』で2010年にパルム・ドール賞を受賞したタイのアピチャッポン・ウィーラセタクンも、この部門を経てコンペに進んだ。少し遡れば、北野武にとり初めてカンヌは93年の『ソナチネ』。上映されたのは、この「ある視点」部門であった。デビュー作がいきなりコンペでしかもパルム・ドール賞受賞という『セックスと嘘とビデオテープ』(スティーブン・ソダーバーグ)のような前例がなくはないが、この部門から、のちにコンペに進む次世代を担う才能が現れることは間違いない。

Related article

  • パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • Minimal|“Bean to Bar Chocolate”の魅力を発信する新ブランド
    Minimal|“Bean to Bar Chocolate”の魅力を発信する新ブランド
  • 村上隆、14年ぶりの大規模個展が森美術館で開催
    村上隆、14年ぶりの大規模個展が森美術館で開催
  • GoogleがVRヘッドセット「Cardboard」を発表
    GoogleがVRヘッドセット「Cardboard」を発表
  • 今週末見るべき映画「誰よりも狙われた男」
    今週末見るべき映画「誰よりも狙われた男」
  • 9日から鴻池朋子展「隱れマウンテン 逆登り」
    9日から鴻池朋子展「隱れマウンテン 逆登り」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    気分はヨーロッパのキッチン? 日立の新しい大型冷蔵庫
  • 2
    “華”のある男靴、ルイ・ヴィトンの新作
  • 3
    ミラノサローネ、キッチンにルネッサンス時代が始まる?
  • 4
    250周年を迎えたバカラより、涼しげな日本限定グラスを
  • 5
    ビブリオファイル Cruising 5月のおすすめ
  • 6
    エスティ ローダーの先端エイジング「シワ対策モイスチャライザー」
  • 7
    【動画】シャネル2014年 春夏プレタポルテコレクション
  • 8
    建築家・辰野金吾の建物を再生した「DEAN & DELUCA京都」
  • 9
    自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」
  • 10
    Interview:五十嵐久枝 「倉俣史朗を語る」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加