『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

カンヌ・レポート3:河瀬直美監督凱旋、シネフォンダシオンの平柳敦子監督受賞

2014年 5月 23日 10:10 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

続く5月21日、22日は、シネフォンダシヨン部門に連日日本人女性が登場。2本の日本映画の上映がフェスティバル・パレスの5階の上映館ブニュエルで行われた。平柳敦子監督の『Oh Lucy!』は、ニューヨーク大学(NYU)ティッシュ・アジア校の制作で、東京の会社に勤めるセツコ(桃井かおり)を追ったドラマだ。物語では、年増のOLの主人公がひょんなことから英会話学校に通い、自分の変化を自覚していく様が描かれる。


上映の翌日、平柳敦子監督とプロデューサーの曽我満寿美さんに話をうかがった。

21日の上映では、桃井や他のキャストとの会話が場内の笑いを誘っていた。日本人の習慣と「海外からみた日本人」の双方を知る平柳ならではの会話を織り込んだシナリオは新鮮。爆笑の反応に「とても意外だったが、作品を受け止めてくれていることには感動した」と語る。

そして作品の制作について、「桃井さんは、リハーサルなしの本番一発勝負でやりたい、との意向だったので、それを尊重し同じ学生のスタッフがどう受け止めて撮影するか、大変な現場だった」と振り返る。ただし、シンガポールの学友たちが務めた撮影クルーは「桃井かおりという大女優に臆することなく普通に接してくれた」。

その撮影、屋内のシーンは全て大学があるシンガポールで行い、秋葉原やお茶の水といったロケーション撮影は日本で3日間にわたり行なわれた。

学生映画に桃井かおり、という異例にも映るキャスティングについては、参加したショートショートフィルムフェスティバルで出会った映画関係者から「シナリオ次第で出演作を選ぶ役者さんと聞いているから、送ってみたら?」と薦められ、「新人だし『当たって砕けろ』と勢い込んでロサンゼルスまで会いに行き、出演を受けてもらった。前の作品やシナリオも気に入ってもらった。構想のはじめに桃井さんをイメージして、かつて学生時代の実習でやった『自分の身近にいる人』のアイディアをヒントに、一人の知り合いを念頭におき、自分自身の体験なども盛り込みながらセツコの人物像に膨らませた」と振り返る。

平柳敦子監督

今回のカンヌへの参加については何も最初から狙った訳ではなく、映画大学の学生なら誰もがそうするように、ルーティンとして卒業制作をカンヌ映画祭のシネフォンダシヨンに送ったという。ただカンヌ映画祭から招待状を受け取った時には興奮してプロデューサーの曽我にスカイプで伝えたという。桃井もカンヌ・シネフォンダシヨン選出を喜び、今回は映画祭に同行している。

今回カンヌで上映された『Oh Lucy!』は22分の短篇だが、現在はこの『Oh Lucy!』の長篇版を準備中の平柳。ほかにも「自分は、輪の中心にいる人より、隅っこにいるような影がある人物に惹かれる。自分の居場所を求める人間に関心があると気づいたので、今後もそうしたキャラクターの映画を作っていきたい」と語る。近い将来、完成するであろう長篇映画も期待したい。

尚、この『Oh Lucy!』は来月ショートショートフィルムフェスティバルで上映されるので、日本の反応も楽しみだ。読者の方々には是非チェックしていただきたい。

Related article

  • カンヌ・レポート4:カンヌとフランス映画、そして並行部門「監督週間」と「批評家週間」
    カンヌ・レポート4:カンヌとフランス映画、そして並行部門「監督週間」と「批評家週間」
  • 生方ななえ、『レクサス ショートフィルム& トークイベント 』に登壇
    生方ななえ、『レクサス ショートフィルム& トークイベント 』に登壇
  • 今週末見るべき映画「2つ目の窓」
    今週末見るべき映画「2つ目の窓」
  • Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
    Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
  • 静岡で「シズオカ×カンヌウィーク2012 ~野外と映画とフランスの3日間~」が開催
    静岡で「シズオカ×カンヌウィーク2012 ~野外と映画とフランスの3日間~」が開催
  • カンヌ・レポート5:カンヌ映画祭閉幕
    カンヌ・レポート5:カンヌ映画祭閉幕

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ドゥ・ラ・メールからボディクリーム誕生
  • 2
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 3
    イタリア、パオラ・レンティが日本本格デビュー
  • 4
    原宿・明治通りに「ゴディバ ショコイスト原宿」オープン
  • 5
    バレエの絵画と言えばドガ。それはオペラ座で競い合う踊り子達
  • 6
    「セイコー ブライツ」ワールドタイムソーラー電波時計の新作
  • 7
    ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展
  • 8
    今週末見るべき映画「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」
  • 9
    まばゆい「光の彫刻」に酔い知れる
  • 10
    HOTEL CLASKAで「ヒント日 展 見えない視線」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加