カンヌ・レポート4:カンヌとフランス映画、そして並行部門「監督週間」と「批評家週間」

2014年 5月 28日 13:00 Category : News

このエントリーをはてなブックマークに追加

「コンペティションのフランス映画は、カンヌがこれまでのセレクションに忠実なので、常連監督たちの新作ばかりが並んでいる。でも、並行部門が新しい才能を紹介して、足りない部分を補っていると思います」。

これまで初回と2回目のレポートでカンヌ映画祭の概要について触れたが、実はカンヌを知るにはまだ6割くらいしか説明できていない。コンペとその他の部門を紹介したが、2000年代に入ってから始まった「カンヌクラシック」では、古典作品の修復版などを上映しており、日本からも一昨年は木下惠介の『楢山節考』のデジタルリマスター版が上映された。今年も大島渚の『青春残酷物語』が選ばれ4Kという高精細のフォーマットで上映されたのをはじめ、今年は22本がプログラムされている。

最初に引用したのは今回お話をうかがった、アンスティチュ・フランセ日本の文化プログラムで映画コーディネーターをされている坂本安美さんの言葉。坂本さんは、アンスティチュ・フランセ東京(旧東京日仏学院)の映画プログラムのコーディネーターを長年務めており(最近は日本各地のアンスティチュを担当)、日本で未公開の作品も含めてフランス映画の最前線を知る人物だ。坂本さんの指摘する並行部門とは、これまでに紹介したカンヌ映画祭本体と並行して、主催母体が別で会場も異なる「批評家週間」(Semaine de la Critique)と「監督週間」(Quinzaine des Realisateurs)の2つを指す。彼女は今回「批評家週間」の短篇作品のソニー・CineAlta・ディスカバリー・プライズの審査員としてカンヌ入りし、10作品の短篇を審査する大役を務めたばかりだ。

アンスティチュ・フランセ日本の文化プログラムで映画コーディネーターの坂本安美さん

批評家週間はフランスの批評家協会が1962年に創設した部門で、映画祭のメイン会場のパレ・ド・フェスティバルから歩いて10分くらい離れたところにあるエスパス・ミラマールという会場で上映されている。

批評家週間のポスター

坂本さんが審査された短篇の他にも長篇も上映される。対象は新人2作目までの監督作で10作品が選ばれ、これまでに『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥのデビュー作『アモーレス・ペロス』などを紹介している。坂本さんは、『美しき棘』の監督レベッカ・ズロトフスキ審査委員長とともに計5名で審査にあたった。今回は同部門のアーティスティック・ディレクターを務める映画雑誌カイエ・デュ・シネマ前編集長のシャルル・テッソン氏や、映画監督のミア・ハンセン・ラブ(『あの夏の子供たち』)の推薦で今回審査員を引き受けたという坂本さん。他の審査員のいずれも鑑識眼のあるメンバーだったそうで、「審査の議論は楽しく運んだ」と言い、こう付け加えた。 「カンヌに来ると思うのは、とてもオープンに作品について意見を交わしあえること。それがとても楽しい。反対意見を言っても険悪にならず、『私はここが良かった』と言い合える雰囲気がある。日本ではなかなかそうはいかないのですが」。

坂本さんの審査対象以外に、長篇ではウクライナの監督のデビュー作「TRIBE」が話題になり、最終的に3つの賞を総なめにした。

Related article

  • カンヌ・レポート2:「ある視点」。カンヌ映画祭コンペティション以外の部門について
    カンヌ・レポート2:「ある視点」。カンヌ映画祭コンペティション以外の部門について
  • カンヌ国際映画祭開幕。「カンヌ」とはいったい何なのか
    カンヌ国際映画祭開幕。「カンヌ」とはいったい何なのか
  • 今週末見るべき映画「殯の森」
    今週末見るべき映画「殯の森」
  • カンヌ・レポート5:カンヌ映画祭閉幕
    カンヌ・レポート5:カンヌ映画祭閉幕
  • 生方ななえ、『レクサス ショートフィルム& トークイベント 』に登壇
    生方ななえ、『レクサス ショートフィルム& トークイベント 』に登壇
  • 静岡で「シズオカ×カンヌウィーク2012 ~野外と映画とフランスの3日間~」が開催
    静岡で「シズオカ×カンヌウィーク2012 ~野外と映画とフランスの3日間~」が開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画 「ビル・カニンガム&ニューヨーク」
  • 2
    フォトギャラリー:ロレックスのアート・プログラム、ロンドンレポート
  • 3
    オバマ大統領の左腕に光る、ダイバーズ時計とは?
  • 4
    伊勢丹新宿店で夢のコラボ企画はじまる、8日まで
  • 5
    フォトギャラリー:「アウディA5 スポーツバック」発表会
  • 6
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 7
    リチャード・ロジャースを一気見、作品集が発売に
  • 8
    デザインタイド  トーキョー「TIDE TABLE 出演者とテーマ」
  • 9
    カルティエがtwitterでSIHH速報
  • 10
    フォトギャラリー:新型フェアレディZ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加